FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・女神伝 5

     ←琥珀暁・女神伝 4 →琥珀暁・女神伝 6
    神様たちの話、第359話。
    克大火の弟子;全てを飲み込む者。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    《麒麟が私に――『コレは緊急の緊急、もうコレやるしかない最終段階って時にだけ、どっちかいっこだけ使うように』と警告した上で――教えた術は2つあった。一つは魔獣の術。己の体を一時、獣同様に換えるもので、私が使えば獰猛な熊のように変身できた。
     そしてもう一つは、魔力を爆発的に増加させる強化術だ。MPPと言って、エリザさんはお分かりだろうか》
    「分かりまへんなぁ」
    《あー……と、となると説明が難しいな。どう言ったものか、……ともかく、魔力を一時的に、通常の数十倍、いや、数百倍に高めることができるのだ》
    「ほんでアンタは、アカン言われてたにもかかわらず、両方いっぺんに使てしもた、と」
    《左様。私の腕では同時に2つ展開して、制御することはできなかったのだ。そしてその結果が……》
     話している間に、回想の中の饕餮の体は真っ二つに避け、その中から熊のようなバケモノが姿を現した。だがその姿もまもなく膨れ上がって原型を留めなくなり、そこから先は虎のような、象のような、しかしやはり、どこかに熊の要素も残っているような――数多の猛獣を混ぜ固めたような、形容しようの無いバケモノへと変貌した。
    「……愚か者め……」
     大火は顔をしかめさせ、その場から姿を消した。

     その後の映像は、数多の修羅場をくぐった経験豊富なエリザでも、絶句するようなものばかりだった。
     完全な怪物と化した饕餮は、確かに所期の目的通り、迫っていたバケモノを、一瞬の内に消し飛ばした。だが攻撃の余波はバケモノたちだけではなく、島自体をも吹き飛ばした。その時点で饕餮の自我は消え去ってしまったらしく、彼はそのまま、空高く飛び上がった。
    「……なっ……なんだ……お前は……!?」
     と、彼の視界に真っ白なローブを着た女――克難訓が映る。それを目にした途端、饕餮は彼女めがけて一直線に飛び込んで行った。
    「く……来るな……来るなーッ! 『バールマルム』! 『ネメシスバルド』! 『アポカリプス』!」
     どうやら難訓は魔術を立て続けに放ったようだが、饕餮の体中に現れた目が3つ、4つ潰れた程度で、ほとんどダメージらしいダメージは受けていない。
    「ひ……ひいいいいいいいっ!」
     あっと言う間に難訓は饕餮の中に飲み込まれ、数秒後、細切れになって背中から排出された。
    「……っ……あ……ぅ……」
     顔面半分と胸から上だけになった彼女も、瞬間移動術で姿を消す。だがそれに気付いた様子は、饕餮には無かった。何故ならその時、彼は別のものに目を向けていたからである。
     饕餮は目に映ったもの――一際大きな陸地に向かって、またも一直線に飛んで行った。

     饕餮はその大地を、破壊し尽くした。たった一日で、北方大陸と同じくらいの大きさであったその大陸は、いくつかの島々を残して海に沈んでいった。



    《……そして私は、次の標的を探すべくさまよっている間に、完全武装した師匠と相見えた。いやまったく、師匠は流石の人であった。私が不完全な形で発動した魔力強化術を短時間で改良し、実用に耐え得るものに調整したのだ。その強化術を用いた師匠は、まさに一騎当千、いや、当万、当十万とも……》「ほんでトウテツさん」
     冗長的になり始めた話をさえぎり、エリザは先を促した。
    「結局そのお強いお師匠さんが、トウテツさんを討ったワケですな?」
    《左様。師匠は私の体を可能な限り細切れにし、数百キロ四方にバラ撒いた。当然、その中にあった私の『元の』頭も、どこかに飛んで行ってしまった》
    「1000年も前やったら、とっくに土に還ってしもてるんとちゃいます?」
     そう返すエリザに、饕餮はかぶりを振る。
    《私には分かる。まだこの南の海のどこかの島に、私の頭骨が残っていると。
     無論、今更見付けたところでどうなるものでもないし、もう1000年、2000年も放っておけば、流石に消えて無くなるかも知れん。だがあると感じる以上、せめてきちんと葬ってほしいと、そう思うのは自然ではないだろうか》
    「まあ、分からんではないですな」
     エリザはいつの間にか手にしていた煙管を口にくわえ、ふーっと一息吐き出す。
    「お話、よお分かりました。どっちにせよ、この辺りは探索しようと思とったところですし、ついでで良ければ探しますで」
    《おおっ、ありがたい!》
    「ですけども」
     顔をほころばせた饕餮に、エリザは煙管の先を向ける。
    「タダで人を使おうっちゅうワケやありませんよね? こっちも酷暑と潮風の中、汗かき汗かき髪と尻尾をゴワッゴワにして捜索するんですから、何かしら見返りはもらわへんと、割に合いませんわ」
    《承知している。エリザさんは魔術に相当お詳しいようだから、それに因んだ品を用意しよう》
    「『用意』て言われても、ソレを幽霊のアンタから、どう受け取ればええんです?」
    《無論、配慮はする。信じてほしい》
    「ま、ええですわ。ソレで手ぇ打ちましょ」
    《よろしく頼む。頭骨を見付けたらどうか丁寧に埋葬し、その上に墓を建ててほしい》
    「はいはい」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・女神伝 4】へ
    • 【琥珀暁・女神伝 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・女神伝 4】へ
    • 【琥珀暁・女神伝 6】へ