FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第6部

    琥珀暁・女神伝 6

     ←琥珀暁・女神伝 5 →琥珀暁・女神伝 7
    神様たちの話、第360話。
    1000年越しの弔い。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     夢の中で受けた饕餮からの依頼は、エリザが予想していたよりずっと早く、達成することができた。夢を見てから2ヶ月後、ひょんなことから発見できたからである。
    「お、女将さぁ~ん!」
     ぞっとした顔を並べるシェリコとエルモに呼ばれ、エリザは面食らう。
    「何やのん? 二人して、えらい顔しよって」
    「し、島の奥で、えらいもん見付けてしまいまして」
    「そ、そ、そうなんスよ」
     それを聞いて、エリザはピンと来る。
    「何や? 頭蓋骨でも見付けたんか?」
    「そ、そう、ソレなんスよ! 多分人のヤツっス」
    「でも、普通やないんですよ。辺り一面、何て言うたらええか、その……」
    「ちょと見に行こか。案内頼むで」
    「あ、案内……スか」
    「わ、分かりました……」
     揃って肩を落とす兄弟の後ろに付き、エリザはその、骨がある場所へと向かった。
    「おーぉ」
     現場を見て、エリザもうめく。
    「こら怖いな、確かに」
     島の中心と思われる場所に、その頭蓋骨は半分ほど埋まっていた。だが地面は大きくえぐれており、その周囲6~7メートルは、およそ砂や土とは思えない、真っ青な色に染まっている。
    「触って平気、……とはちょと思えへんなぁ、コレ」
     エリザは途中通った森の中に戻り、枝を拾って来る。
    「よっこいしょー、っと。……うわぁ」
     枝を青い地面に刺した途端、枝はぶすぶすと煙を上げ、ぼろぼろに崩れてしまった。
    「結構な強酸やな。ほんなら、中和したら何とかなるかも分からんな」
    「どうすんスか?」
    「ソコら辺の木と海藻集めて燃やし。ほんででけた灰と真水混ぜて撒いてみよか」
     エリザに命じられた通り、シェリコ兄弟とゼラナ姉妹は周囲の木を伐り、浜辺に打ち上げられていた海藻を採って、一緒に燃やして灰を得た。
    「コレでええのん、ばーちゃん?」
    「ん、ありがとさん」
     エリザは灰を含んだ水を撒き、もう一度枝を刺して土の様子を探る。
    「さっきよりは反応薄くなったけども、……まだ煙、うっすら噴いとるな。こら全部中和するのんに二、三日かかりそうやな」
    「女将さん、なんでそんなにあの骨にこだわるんスか?」
     シェリコに尋ねられ、エリザは肩をすくめて返した。
    「野ざらしは可哀想やろ? どんだけ経っとるか分からんけども」
     結局、土が無害な程度に中和されるまでに、4日を要したが――それでもどうにかやり遂げ、エリザは饕餮のものらしい頭蓋骨を拾うことができた。
    「なるほどなぁ。あんな土ん中やったら鳥も獣も寄って来られへんわな。そら1000年放置されるワケやで」
    「1000年?」
     横にいたエルモに尋ねられたが、エリザは笑ってごまかす。
    「そんくらいやろなって。……さ、ほな丁寧にお墓作ったろか。もうひと頑張り頼むで」
    「へーい」

     その日の晩の内に、エリザの夢に饕餮が現れた。
    《頼みを聞き届けていただき、誠に感謝の極みである。ありがとう、エリザさん》
    「そらどーも。……で、報酬はどうやってもろたらええんでしょ」
     尋ねたエリザに、饕餮は懐から一枚の、金と紫に光る板を取り出す。
    《この『目録』をあなたにお譲りする。あなたの心の中に置いておく》
    「はあ……? まあ、もろたっちゅうコトでええんですな」
    《これで私もようやく、心残りが無くなった。もう現世には未練無しだ。……いや、……最期に、一つだけ。と言っても、これはエリザさんに何かしてもらうような必要は、無いかとは思うが》
    「何ですのん? 今更遠慮せんでもええでしょ」
    《うむ……まあ……そうだな》
     饕餮は困った顔をしつつも、口を開いた。
    《師匠はまだ生きている、……と思う。恐らくは私を討った直後、力尽きてどこかの島に漂着したと思われるが、私が自分自身の頭骨の存在を感じていたように、この世界においてもまだ、師匠がどこかで生き残っていることを感じている。だがもし見付けたとしても、彼のことは放っておいてもらいたい。その内、目覚めるだろうから。師匠はそう言うお人だ。
     ただ、それが明日のことか、あるいは50年後、100年後、それとももっと後のことになるかは、私にも見当が付かないが》
    「分かりました。ほな探索は切り上げときましょ。誰も来おへんかったら見付かるコトも無いでしょうし」
    《よろしく頼む。……ではさらばだ、エリザさん》
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・女神伝 5】へ
    • 【琥珀暁・女神伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・女神伝 5】へ
    • 【琥珀暁・女神伝 7】へ