FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 3

     ←DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 2 →DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 4
    ウエスタン小説、第3話。
    あぶり出し。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     局長から無茶な注文をされたものの、それでもジョン司令はその通りに答えてくれた。
    「あんたのご注文通り、500人。基地にいる全員を大急ぎで動員させた。おかげでまだコック姿のヤツまでいる始末だよ」
    「ありがとう、ジョン。ではすぐ出発だ。準備してくれ」
    「へいへい、仰せの通りに!」
     ジョン司令が憮然とした顔で、大股で歩き去ったところで、局長とリロイは目配せした。
    「で、エミルたちは?」
    「仰せの通りに、だね」
    「うむ」

     まだ憮然とした様子ながらも、ジョン司令はきっちり、全軍に号令を発してくれた。
    「……と言うわけで、諸君らは直ちにサンドニシウス島へ向かい、そこに本拠地を構えていると目される秘密組織を包囲、および拿捕せよ! 以上だ! 各員、即時行動されたし!」
    「了解!」
     ジョン司令がこぼしていた通り、兵士たちの中には直前まで調理や営繕工事など、軍務以外の作業をしていたらしい者や、まだ私服姿に小銃一挺を抱えただけの者までいる。揃って憮然とした表情を浮かべつつ、彼らはぞろぞろと船や舟艇に向かって行進して行った。
     と――その中の一人が、しれっとその列を離れる。
    「おい、どうした?」
    「腹いてえ。ちょっと済ませて来る」
    「おう」
     いぶかしむ同僚たちにそれらしい言い訳をし、彼は基地内へと引き返す。そのまま電話室に向かい、電話をかけようとしたが――。
    「ん、んん? なんだ? ウンともスンとも言わねえ。……壊れてんのか?」
     がちゃん、がちゃんと受話器を上げ下げしても、まったくつながる気配が無く、彼は困った顔をした。
    「おい、まずいって……。早く伝えねえと」「どうなるって?」
     電話室の外から、女の声が飛んで来る。
    「うっ……!?」
    「聞かせてちょうだい? あんたがこんなタイミングで電話しなきゃ、一体、誰がどうなるのかしら?」
    「そ……それは」
     彼が両手を挙げたところで、別の男の声が掛けられる。
    「そのまま電話室を出ろ。ゆっくりとだ。振り向くんじゃないぜ」
    「あ、ああ」
     彼が電話室を出たところで、赤毛の男が彼のこめかみに小銃を突き付けた。
    「ネックレス見せろ」
    「……わ、分かった」
     相手の言わんとすることを察したらしく、彼は首に下げていた、猫目三角形のネックレスを取り出した。

     内通者を見付け出して拘束し、エミルたちは局長たちがいる部屋に戻って来た。
    「いたわよ」
    「ありがとう。間違い無くいるだろうと思っていたが、やはりか」
    「そりゃ、サンドニシウス島から一番近い軍事基地となれば、ここだからね。仮に当局が動き出した場合、十中八九この基地が関わることになるだろう。なのにここにスパイを仕掛けてないって言うんじゃ、話にならないさ」
     安心した様子の局長とリロイを見て、アデルもほっとした顔をする。
    「じゃあ後は……」
    「うむ。もうこれで組織は、自分たちに危機が迫っていることを知る術を、ほとんど完全に失ったわけだ。残る術はただ一つ、州軍が自分たちのすぐそばまで多数迫っているのを、実際に目にする以外に無い。
     いよいよ、決着の時と言うわけだ。そろそろ我々も船に向かうとしよう」
    「了解です!」
     待機していた他の局員たちと共に、局長とリロイは部屋を後にした。
     が――。
    「アデル。……それから、あんたも」
     局長たちに気付かれないようにしているかのように、エミルはアデルとロバートの服の裾をぐい、と引く。
    「なんだ?」
    「どしたんスか?」
    「局長はもう問題無しだって言ったけど、……あたしの勘が告げてる。チェックメイトにはあと一手、足りないって」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 2】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 2】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 4】へ