FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 5

     ←DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 4 →DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 6
    ウエスタン小説、第5話。
    港にて。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     時刻はまもなく朝の6時になろうとしていたが、まだ、東の稜線に光は差していない。その寂れた港はまだ暗く、人の姿は無い。と――沖の方から一隻の船が、ポン、ポンと排気音を上げながら近付いて来た。
    「着きました」
     まもなく船は桟橋に着き、小山のような男が一人、どすんと降り立った。
    「お手をどうぞ、閣下」
    「うむ」
     続いて下卑た顔の老人が、男に手を引かれて船を降りる。
    「トリスタン、追手の姿は……?」
    「一隻もありません。ご安心を」
    「そうか」
     老人は持っていた杖をとん、とんと突き、周囲を探る様子を見せる。
    「岸はどっちだ?」
    「こちらです」
    「暗くて敵わん。夜明けはまだなのか?」
    「じきに差すかと」
    「そうか」
     と、船からさらに二人、姿を現す。
    「お腹空いたねぇ。早いとこ朝飯にしようよ、兄さん」
    「ここから程近いところに町があります。少しばかり大目に出せば、早朝でも作ってくれるでしょうな」
    「うむ。よろしく頼むぞ、リゴーニ」
     老人に杖でトン、と肩を叩かれ、リゴーニと呼ばれたそのでっぷり太った男は、ニコニコしながらうなずく。
    「ええ、お任せを」
    「……しかし」
     老人は元からしわだらけだった顔をさらにくしゃくしゃと歪ませ、吐き捨てるようにつぶやいた。
    「本国での工作がもう少しでまとまろうかと言う時に、いらぬ邪魔が入ったものだ。おかげで『ミストラル号』も中途半端なまま、放棄せねばならなくなった!」
    「あの戦艦ですか。本当に惜しいものです」
     トリスタンがうなずいて見せ、老人も憮然とした顔のまま、うんうんとうなずき返す。
    「26万ドルもかけた大傑作だったのだ。完成していればそれはもう、威風堂々たる……」
    「まあ、まあ、閣下。もう一度作ればよろしい。それだけのことです」
     リゴーニに諭され、老人はフン、と鼻を鳴らした。
    「お前がそう言うのであれば、溜飲を下げておくとしよう。組織も改めて構築せねばならぬし、資金については引き続き、よろしく頼むぞ」
    「ええ、ええ」
     3人の手を借り、老人はよたよたとした仕草ながらも、桟橋を渡り切った。
    「はぁ、はぁ……それで、トリスタンよ。ここから先の『足』は……」
    「調達して参ります。しばしお待ちを」
     老人を係船柱に座らせ、トリスタンが町の方を向いた、その時――暗い港にパン、と音が響き渡った。
    「あへっ……?」
     リゴーニが胸を押さえてごろんと転がり、そのまま海に落ちる。
    「……!?」
     町に向かいかけていたトリスタンが目をむき、あのMAS1873カスタム――自動拳銃を腰から抜いた。
    「誰だあッ!」
    「やっぱりここに来ると思ったわ」
     乱雑に積まれた木箱の陰から、何者かが拳銃を片手に現れた。
    「だって『ニューマルセイル(New Marseille)』ですものね、町の名前。あんたがフランスで拠点にしてた町と同じ名前だったわよね、確か」
    「……」
     係船柱に座ったままの老人――大閣下、ジャン=ジャック・ノワール・シャタリーヌは顔を挙げ、ぼんやりとした目で彼女を見つめていた。
    「……誰だ?」
    「忘れたって言うの? あんた、とことんボケが来たみたいね」
     現れた女性は、大閣下に拳銃を向けた。
    「あたしはエミル。エミル・ミヌー、……いいえ、エミル・トリーシャ・シャタリーヌ。あんたの孫娘よ」
    「……トリーシャ……?」
     大閣下は目をしょぼしょぼと瞬かせ、首をかしげた。
    「……お前が……?」
    「そうよ」
    「違う」
     大閣下はかっと目を見開き、声を荒げた。
    「お前がトリーシャ!? どこがだッ! 似ても似つかぬわッ!
     おい、トリスタン! 何をぼんやりしておるかッ!? さっさとその女を片付けろッ!」
    「し、しかし、閣下?」
     戸惑うトリスタンを、閣下が怒鳴り付ける。
    「お前の目は節穴か!? あの女がトリーシャに見えると言うのか、この馬鹿者ッ!」
    「……閣下が、そう申されるのであれば」
     トリスタンはまだ迷った様子を見せながらも、エミルに拳銃を向けた。
    「お、おい、エミル!」
     と、エミルの背後からアデルと、ロバートが現れる。
    「やる気か?」
    「やらなきゃいけないでしょ? 下がってなさいよ」
    「いや」
     と、彼女の頭上から声が降ってくる。
    「マドモアゼルを危険にさらすわけには参りません。それにこれは」
     続いて白い塊が、彼女の前に降り立った。
    「わたくしの宿命でもあります。どうかわたくしに彼奴と戦う機会をお与え下さい、マドモアゼル」
    「イクトミ? あんた、……どうしてここに?」
     エミルに尋ねられ、イクトミは背を向けたまま答えた。
    「今申し上げた通りです。トリスタンは我が宿敵。倒さねば永遠に、わたくしに安息を得る機会は訪れますまい」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 4】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 4】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 6】へ