FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 8

     ←DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 7 →DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 9
    ウエスタン小説、第8話。
    チェックメイト。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
    「ふうっ……はあっ……や……やった……!」
     トリスタンが倒れたのを見届けたところで、イクトミはまだ銃口から硝煙をくゆらせるSAAを胸に抱き、ふたたび仰向けになった。
    「やったぞ……僕は……つ、つい……に……」
     声が聞こえなくなり、すっかり呆けていたアデルは我に返る。
    「……あ、……っと! イクトミ! おい、大丈夫かよ!?」
     アデルに続き、エミルとロバート、そしてアーサー老人も物陰から飛び出し、揃ってイクトミの容態を確かめる。
    「……ふむ。息はある。脈も正常のようだ。どうやら気を失ったらしいな。さっきこめかみをかすめていた弾丸が、よほど痛かったらしい」
     アーサー老人の診断に、一同は胸をなでおろす。そして最も安堵していたのは、どうやらアデルらしかった。
    「何だよまったく……へへ……心配かけさせやがってよ」
    「あんた、……そんなに心配してたの?」
     エミルがけげんな顔を自分に向けているのに気付き、アデルは何故だかごまかそうとする。
    「あ、いや、ほら、アレだよ。こんな時に死んじまったら、バカみたいだろって」
    「何て言うか」
     二人のやり取りを見ていたロバートが、呆れた声を漏らす。
    「兄貴って本っ当、マジのお人好しっスよね」
    「……ちくしょう、否定できねえな、はははっ」
     アデルは笑い飛ばし、肩をすくめかけたその時――ぼおー……、と汽笛の鳴る音が港に響き、一同は血相を変えた。
    「しまった!」
     気絶したままのイクトミから離れ、慌てて桟橋へと駆け出す。だが、既に船は桟橋から10ヤードは離れており、飛び移れる距離ではない。
    「このッ!」
     エミルは拳銃を抜き、船に向かって発砲する。だが、人間相手ならば十分すぎる威力を持つ拳銃も、流石に船が相手では効果が無く、ほとんど無傷のままだった。
    「待ちなさいよ、この、このっ……くそッ……!」
     6発全弾を撃ち尽くし、エミルは大急ぎで装填する。その間に、大閣下がディミトリに手を引かれつつ、甲板に現れた。
    「この恨みは忘れんぞ、貴様ら! わしは必ずや、必ずやもう一度組織を蘇らせ、今度こそ貴様ら全員を地獄へ叩き落としてくれるわッ! その時が来るのを、存分に恐れておるがよい! さらばだ!」
    「Marde(クソがッ)!」
     エミルは怒りをあらわにし、もう一度全弾発射する。だが船はやがて拳銃の有効射程からも離れ、エミルたちに船尾を向け始めた。

     その時だった。
    「全員しゃがんで。耳もふさいでちょうだい」
     桟橋に、一人の女が現れた。
    「……え?」
     その女の顔を見た瞬間、そこにいた全員が凍り付いた。

    「あんた……あんた、誰!?」
     エミルがこめかみを押さえつつ、辛うじて声を上げたが、女は先程と同じ言葉を繰り返す。
    「いいから。しゃがんで耳押さえてて」
    「……っ」
     ともかく言われた通りに、全員が耳を押さえて姿勢を低くする。と同時に、女はトリスタンが投げ捨てていたホルスターから、あのホットロード化されたリボルバーを取り出した。
    「Oh, c'est un très grand garçon(あら、わんぱく坊主ね)」
     女は両手で拳銃を構え、ドゴン、と途方も無い音を立てて弾を放った。次の瞬間――。
    「……うおおおっ……」
     既に30ヤード以上は離れていた船から、大閣下のものらしき悲鳴が届く。エミルたちがそちらを向くと、甲板上に露出していたエンジンが真っ赤に光っているのが見えた。
    「Encore(もう一発)」
     ふたたび女は、拳銃を撃つ。この2発目でエンジンは爆発し、人影が一つ、炎に包まれながら宙へ飛んで行った。
    「ぎゃああああー……」
     今度の叫び声には張りがあり、どうやらそれはディミトリのようだった。と、まだ甲板にしがみついていた大閣下が、しわがれた声で叫ぶ。
    「Trichat! Trichat! C'est toi! Trichaaaaaat!(貴様だな、トリーシャあああああッ!)」
    「Bonne réponse(ご名答)」
     彼女はさらにもう1発、発砲する。既に黒煙と炎に包まれ、船の様子はほとんど分からなかったが、それでも大閣下がいた場所から血しぶきが上がったのが、わずかながら確認できた。
    「Bon voyage en enfer, Grand-Excellence(地獄までの良い旅を、大閣下)」
     女は拳銃にキスし、それをぽい、と海に投げ捨てた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 7】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 9】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 7】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 9】へ