FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 14

     ←DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 13 →業務連絡;「琥珀暁」目次とあらすじを追加しました(第6部、あとがき)
    ウエスタン小説、第14話。
    ミズ・キャリコ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    14.
     キャリコ農場に到着したエミルたちの前に、カウボーイ風の男が現れた。
    「ミズ・キャリコがあんたらを待ってる。案内するよ」
    「ええ、ありがと。……ところであんた」
     そそくさと背を向けかけた男に、エミルが声をかける。
    「前に会ったことがあるわね?」
    「気のせいだろ? ……と言いたいところだが、ごまかすのは無理っぽいな」
     男はそう返し、テンガロンハットを脱ぐ。そこでアデルも、男に既視感を覚えたらしい。
    「あれ……? 確かにあんたの顔、見覚えがあるな」
    「2年前だからな、あんたらに会ったのは。だが未だに、傷は痛むぜ」
     そう言って、男は両腕の袖をまくる。そこに付いた銃創を見て、エミルが声を上げた。
    「ああ、思い出したわ。特務局の不良刑事ね、あんた」
    「ずいぶんな言われようだな。だがまあ、その通りさ」
     その男――2年前に黄金銃事件で汚職が発覚した特務捜査局の元捜査官、ジェンソン・マドックは、苦笑いしつつ自分の身の上を語った。
    「あんたらにバレた後ムショ行きになったんだが、なんでかミズ・キャリコが保釈金を出してくれたのさ。『世話になった貸しがある』って。どう言う意味か分からんかったし、聞いてもはぐらかされちまったが、1ヶ月前、ミズ・キャリコが『答え』を連れて来たのさ」
    「連れて来た?」
     尋ねたアデルに、ジェンソンは右目を手のひらで覆って見せる。
    「イクトミだよ。俺があいつのことを色々助けてたからってんで、ムショから出してもらったのさ。……ま、そんなこんなで、俺はミズ・キャリコに雇われて、ここで牛やら豚やらの世話をしてるってわけだ」
    「結構なご身分ね」
     ひんやりとした返事に、ジェンソンは苦い顔をした。
    「……まあ、怒ってるわな。あん時は空包だったが、実際、あんたらを撃とうとしたわけだからな」
    「お返しに両手両足にブチ込んだし、貸し借り無しにしてあげてもいいけど」
    「そりゃどうも」
     ジェンソンは小さく頭を下げ、帽子をかぶり直して、一行の案内に戻った。

     牧場の北にある屋敷に着いたところで、ジェンソンは主を呼んだ。
    「ミズ・キャリコ! お客を連れて来ました!」
    「ありがと、ジェン。もう下がっていいわよ」
     奥から現れたエミルそっくりの女性が、にこ、と一行に笑いかける。
    「よく来てくれたわね。ご飯の用意をさせるから、ちょっと待ってて」
    「お金持ちなのね。コックもいるのかしら?」
    「多少はね。100万ドルをポンと投げたあなたほどじゃないかも知れないけれど。でも家のことはほとんどあたしがやってるわよ。ご飯は『あいつ』が振る舞いたいって言うからさせてるだけ」
    「あいつ?」
     尋ねたものの、エミルにはそれが誰であるか、察しは付いていた。彼女もそれに気付いたらしく、こんな風に返して来た。
    「言っとくけど、もうあいつのことは、『イクトミ』と呼ばないであげてね。あたしが色々手を回して、新しい戸籍を作ってあげたから」
    「何て呼べばいいのかしら? あんたのことは?」
    「昔と同じでいいわよ、『フィー』」
     そう言われて、エミルの口から、自然に名前が出た。
    「あいつ、……は、そう、『アレーニェ』ってあだ名を嫌ってるから、……そう、……アレンと呼んであげてって、アンジェが。……アンジェって、……誰? 知ってるはず……でも……思い出せない……」
     こめかみに手を当てかけたエミルを見て、彼女はその手をつかむ。

    「やっぱり、覚えてないのかしら? でもきっとそれは、ページが古いインクで張り付いてるようなものだと思うわ、あたしは。丁寧に、優しく引っ張ってあげれば、綺麗にはがれるはずよ」
    「……」
    「あたしのことは、トリーシャと呼んで。さ、もうベーコンの美味しそうな匂いがしてきたし、出来上がる頃よ。あなたとは10年ぶりに話せるもの。
     楽しく、ご飯食べましょう。ゆっくり昔話しながら、ね」

    DETECTIVE WESTERN 14 ~西の果て、遠い夜明け~ THE END
    TO BE CONCLUDED...

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    DW14、終了です。
    「TO BE CONCLUDED...」とあるように、いよいよ次回完結です。
    本年中には掲載する予定です。お楽しみに!

    あと、電子書籍版も3冊目を本年中に出す予定です。
    1冊目2冊目はamazonにて販売されておりますので、ご興味のある方はお買い求め下さい。
    どちらも書き下ろし番外編「OUTLAW WESTERN」が付いてますので。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 13】へ
    • 【業務連絡;「琥珀暁」目次とあらすじを追加しました(第6部、あとがき)】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 14 ~ 西の果て、遠い夜明け ~ 13】へ
    • 【業務連絡;「琥珀暁」目次とあらすじを追加しました(第6部、あとがき)】へ