FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 4

     ←DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 3 →DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 5
    ウエスタン小説、第4話。
    奇妙な相談。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     悪の道に堕ちた身ではあるが、ジュリウス・アルジャンは元々貴族の出であり、高潔と品行方正を己の誇りにする男である。親を失った赤ん坊を荒野のあばら家に放っておくような、非道で恥ずべき行いをするはずも無く、彼は赤ん坊を、組織のアジトにしている廃坑そばのゴーストタウンに連れ帰った。
     と――。
    「おお、ジュリウス! 久しぶりじゃねえか、……って、そいつは?」
     自分と同様に赤ん坊を抱えた相棒、ダビッド・ヴェルヌと出会い、互いに面食らった顔を見せた。
    「お前も、……それは誰の子供だ? お前のか?」
     尋ねたジュリウスに、ダビッドは辺りを見回しつつ、肩をすくめて返す。
    「大っぴらにゃ言えねえ話だ。ちっと人のいないトコ行こうぜ」
    「ああ」
     人気の無い場所に移り、ダビッドは声を潜めて話し始めた。
    「ほら、閣下から若、……いや、もうそんな呼び方しなくていいか、あのバカ息子の討伐命令を俺が受けてただろ? で、あいつあっちこっち逃げ回ってたもんでよ、どうにか始末付けるまでにほとんど1年かかっちまったんだわ。聞いた話だけどお前も姫とマイヨンの行方、1年かけてあっちこっち探して回ってたんだってな」
    「そうだ。だが姫もマイヨンも、私が探し当てた時には既に心中していてな」
     あらかじめ作っておいた言い訳を聞かせつつ、ジュリウスも自分の腕の中で眠る赤ん坊の事情を話した。
    「……じゃあ、その子は姫の娘ってことになんのか」
    「間違い無いだろう」
    「まずいな、ソレ」
     そう返され、ジュリウスはまたも面食らった。
    「何だと?」
    「何となく察してるだろうけどな、コイツも孫なんだよ、閣下の」
     そう言ってダビッドは、抱きかかえていた赤ん坊の背中をトントンと叩く。
    「つまり若、……いや、ルシフェルの?」
    「って話だ」
     妙な言い回しに、ジュリウスは首をかしげた。
    「話が見えて来ないな。確かではないのか?」
    「かいつまんで説明すると、だ。1ヶ月前、俺たちの部隊はルシフェルのアジトを見付けて強襲した。アイツはろくでなしだったからな、カスみてえな取り巻きと、あとは女を何人か囲ってたんだが、ソイツらは襲撃ん時に巻き添え食っちまってな、全員死んだ。で、そのうちの一人が死ぬ前に『ルシフェルの子だ』つって、俺にこの娘を渡したんだよ」
    「ルシフェル本人は?」
    「逃げやがったよ。取り巻きを囮にしてな。だがもう、俺たちが追う必要も無いだろう。
     アイツ、はっきり言ってバカだからさ。北にも南にも無節操にケンカ売りまくってるらしくてな、今や南北併せて賞金5千ドルを超えるお尋ね者だ。俺たちが追わなくても、その内どっちかに殺されるだろうさ」
    「だといいが。……それでダビッド、まずいと言ったのは?」
    「ああ」
    ダビッドは赤ん坊を撫でながら、げんなりした顔を見せた。
    「連れて帰って来たワケだからよ、とりあえず報告するわな、閣下に。そしたらよ、顔を真っ赤にしてブチ切れたってワケよ。『あの穀潰しの娘だと!? 顔も見たくないわ! 殺してしまえ!』つって」
    「やはりそうなるか……」
     赤ん坊を抱えながら、自分の頭も抱えたジュリウスに、ダビッドは「ま、ま」と続ける。
    「そんでも幹部総出でなだめすかしてな、どうにか育てるってコトで話はまとめた。流石にこんな赤ん坊を殺すなんてよ、いくら俺たちが筋金入りの無法者だっつっても、やりたかねーもんなぁ。
     だけどもジュリウスよ、お前さんも赤ん坊連れて来たってなると、閣下がもっぺん爆発しちまうぜ」
    「ああ、想像に難くない」
    「そしたらまた殺せだの何だのって怒鳴られちまうぜ。下手すりゃこの娘まで殺せって命令しかねないだろ?」
    「だろうな」
    「んで、今ちっと思い付いたんだがよ」
     ダビッドはジュリウスの横に立ち、赤ん坊を並べて見比べた。
    「歳も近そうだし、従姉妹ってコトになるから顔立ちもソレなりに似ちゃいる。ちっとごまかせば、1人ってコトにできるんじゃねえか?」
    「なに?」
    「ソレしか無いぜ、ジュリウス。娘が2人いましたって正直に言うのは、少なくとも今は絶対にまずいだろ? しばらくの間は、1人だっつってごまかすしかねえよ」
    「……やむなしだな」



     こうして2人の赤ん坊は「エミル・トリーシャ・シャタリーヌ」と言う1人の娘として扱われ、座敷牢同然の離れに住まわせた上で、ダビッドとジュリウスが交代でお守りをすることとなった。このことは組織の者はおろか、ジュリウスたちの実の息子にさえ、真実が知らされることは無かった。
    「ドコから話が漏れるか分からんからな。ま、閣下も相当なお歳だし、そう遠くない内にポックリ逝くだろうさ。その後で皆に明かせば、万事問題無しってワケだ」
     ダビッドはそう言って気楽に構えていたが――娘を引き取ってからわずか2年後、逆にダビッドの方が腸チフスにかかり、病死してしまったのである。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 3】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 3】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 5】へ