FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 10

     ←DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 9 →DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 11
    ウエスタン小説、第10話。
    袂別。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    10.
     自分たちの父親の、その醜い素顔を知ってしまった二人は、重い足取りでアジトへの帰路に就いていた。
    「このまま帰ったらまずいわよね。まだ2人だってバラすわけには行かないもの」
    「そうね……。まずあたしが先に帰るわ。いい?」
    「ええ。夜になったら玄関開けてね」
    「分かってる。……ねえ、フィー。この16年、言わないようにしてたけど、でも、どうしても今、聞きたい」
     アンジェはフィーの手をぐっと握り、不安そうな目で見つめる。
    「あんたは、どっちが、誰の子だと思う?」
    「分かんないわよ、そんなの。どうだっていいことだし」
     フィーは手を優しく握り返し、アンジェに向き直る。
    「そもそもの話だけど、あんた、あのろくでなしが本当のこと言ってたと思う? あんなハッパ臭い奴の話、真に受けるわけ?」
    「……そうね。普通に考えたら嘘か妄想よね、あんなの」
    「あのクズはありもしない、とんでもない大ボラを吹いてあんたを油断させ、襲おうとした。あの晩のことは、それが全てよ」
    「うん……」
     しゅんとなるアンジェの肩を、フィーは優しく抱きしめる。
    「ね、こうしましょうよ。あたしもあんたも、あのろくでなしの子供じゃなく、妖精(Fée)みたいに木のうろから産まれたってことにするのよ。それか、天使(Ange)みたいに神様が遣わしたってことでも、……ね?」
    「マジに言ってんの? それこそ妄想じゃないの」
    「いいじゃない。あんた、組織にいる奴が誰から産まれたか、全員知ってるわけ?」
    「……知らないけど」
    「でしょ? 他人が誰からどんな風にして産まれたかだなんて、見て分かんないのよ。じゃあもう適当ブッこいてごまかせばいいじゃない。だからもう、この話はおしまい。いいわよね?」
    「分かった。とりあえず、……今は、考えない」

     フィーといったん別れ、アンジェはアジトに戻った。と、アジトの中央、元は町の広場であったところに、何かが立っていることに気付く。
    「……!」
     とっさに近寄り、アンジェはそれが、この16年間自分とフィーを育ててくれた義父、ジュリウスを吊るした絞首台であることを理解した。
    「な……んで……!?」
    「戻ったな、トリーシャ」
     と、絞首台を挟んで反対側からJJが、ジュリウスの実の息子であるトリスタンを伴って現れた。
    「一体どこへ行っていたのだ?」
    「あ……あたしの、ことよりっ」
     アンジェは風に揺られているジュリウスを指差し、ほとんど絶叫に近い声で尋ねる。
    「どうして、ジュリウスおじさまが吊るされているのよ!?」
    「責任を取ってもらったのだ。お前が逃げた罪を問うたのだが、皆目見当も付かんと、とぼけたことを抜かしたものでな。監督不行き届きも甚(はなは)だしい。であるが故、その命を以て償ってもらった。
     さあ、トリーシャ。何日も講義を怠っているだろう? すぐに続きを……」
    「ふ……ふざけないでッ!」
     アンジェは拳銃を抜き、JJに向けた。
    「あたした、……あたしは、あたしの意志で外出しただけよ! 殺すことないじゃない!」
    「それが監督不行き届きだと言っておるのだ。ジュリウスにはお前の管理を命じていた。こうして逃げ出す隙があった以上、その責務を全うできておらんと言うことだ。であれば生きる資格など無い」
    「なんですって……!?」
     JJの、あまりにも心無い、自分とジュリウスを見下した物言いに、アンジェは激昂する。
    「『管理』って何よ!? あたしを家畜扱いするの!?」
    「なんだ? 自覚しておらんかったのか?」
     JJは呆れた目を、アンジェに向けた。
    「お前は籠の鳥、単なる牛馬と同列に過ぎん身だ。ちょっと血統書が付いていると言うだけのな。地位を渡す、跡を継がせると言う話も、仮に余亡き後のことだ。生きている間は、お前にはびた一文やりはせん。そんなことも分かっておらんとはな。身の程を知れ、カスめが」
     JJが杖を振り上げると同時に、どこからか手下たちが10名ほど、ぞろぞろと現れる。
    「あの女に自分がただの卑しい雌豚に過ぎんことを、体で分からせてやれ」
    「はっ……」
     言われるがまま、手下たちは得物を手に、アンジェへと近付いて来た。その光景を見て、アンジェはすべてのことを、瞬時に理解する。
    (……結局……)
     アンジェは拳銃を構え、手下たちに発砲した。
    (徹頭徹尾、最初から最後まで、何もかもこいつが――この大閣下なんて呼ばれていい気になってるクソジジイが、諸悪の根源だったのよ。こいつがいなきゃ、あたしとフィーが16年閉じ込められることだって、ジュリウスおじさまが死ぬことだって、絶対に無かった。
     こいつを殺さなきゃ、あたしにも、フィーにも、未来なんて永遠にやって来やしない!)
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 9】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 11】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 9】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 11】へ