FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 11

     ←DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 10 →DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 12
    ウエスタン小説、第11話。
    終末の日。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    11.
     襲い掛かって来た手下たちを、まずは6人倒す。一瞬で半数がやられ、手下たちはぎょっとしたが、すぐに迫って来る。
    (6発撃ったらもう終わりだろ、……って? バカにすんじゃないわよ)
     アンジェは倒れた手下たちの手から小銃をもぎ取り、残った者たちも一掃する。10秒と経たない内に敵を全滅させ、アンジェはさらにもう一人の死体から、小銃を奪った。
    (……今なら殺れる……ッ!)
     手下たちに始末を任せ、悠然とその場を去って行くJJの後頭部めがけて、アンジェは小銃を撃ち込んだ。だが――。
    「閣下、危ない!」
     JJに追従していたトリスタンがとっさに気付き、体を張ってJJをかばった。
    「うぐ……っ」
     ギン、と金属音が鳴るのを聞き、アンジェは舌打ちする。
    (クソッ……! 腰のホルスターに当たった!? 邪魔すんじゃないわよッ!)
     アンジェは小銃のレバーを引き、もう一発撃ち込もうとする。だがこの時には既にJJは逃げ去っており、トリスタンが立ちはだかっていた。
    「あんた、邪魔するつもり!?」
    「無論だ。閣下を殺させてなるものか!」
     よどみなく答えたトリスタンに、アンジェは小銃を向けながら尋ねる。
    「悔しくないの!? お父さんが吊るされたのよ!?」
    「当然の結果だ」
    「当然!?」
    「閣下のご意向に従えぬ者、背く者には死あるのみだ」
    「何をバカなこと……!」
     言葉を交わしつつも、アンジェは相手と意思の疎通ができないことを察していた。
    (狂ってるわ……何もかも!)
     小銃を撃つが、あろうことかトリスタンは弾丸をかわし、アンジェに肉薄する。
    (アタマもおかしけりゃ、動きもケダモノ並み。こいつ、マジにイカレてるわね。
     いいや、こいつのことだけじゃない。ここにいる誰も彼も、みんなあのクソジジイを信奉してる、異常者だらけ。あいつの言うことがカミサマの言葉より尊いと信じ込んでる。人を殺せって言われれば迷いなく殺しに来るし、襲えって命じられれば、ついさっきまで姫だ何だって持てはやしてた相手だって、構いやしない。
     異常よ! ここは何もかも狂ってるわ!)
     羽交い締めにしようとしたトリスタンを紙一重で避け、アンジェは小銃の銃床をトリスタンのほおに叩き付ける。
    「ぬおっ!?」
     自分の4分の3ほどしか無い体躯の少女に弾き飛ばされ、トリスタンは倒れ込みつつも、感心したような声を漏らす。
    「やはり素晴らしい! やはり閣下の血を引いておられるだけは」「黙れ!」
     アンジェは小銃を構え直し、トリスタンに怒鳴る。
    「もううんざり! 何が閣下よ! 何が組織よ! こんな狂った世界、あたしが全部ブチ壊してやる!」
    「何と残念なことを申されるのだ」
     トリスタンはすっと立ち上がり、アンジェを見下ろす。
    「誠に残念だが、最早あなたは組織にとって害にしかならぬようだ。排除せねばならぬ」
    「やってみなさいよ!」
     アンジェとトリスタンが対峙した、その瞬間――。
    「や、……やらせないぞッ!」
     空中から突然、肌の浅黒い青年が割り込み、トリスタンの顔を蹴り飛ばした。
    「おう……っ!?」
     再び倒れ込んだトリスタンの前に降り立ち、彼はアンジェに声を掛ける。
    「ここは僕が何とかする! トリーシャ、あなたは、……あなたは、自分のしたいことを!」
    「アレーニェ! ……ううん、アレン! ありがとう!」
     助けてくれたアレーニェに礼を言い、アンジェはその場から離れた。その間に立ち上がったトリスタンが、アレーニェをにらみつける。
    「血迷ったな、アレーニェ。女ごときのために、己の未来と栄光をドブに捨てたか」
    「その女のためなら、……愛する女(ひと)のためなら、何だってやってやるさ」



     JJの、そして組織の人間全員の誤算は、2つあった。1つは、男10人がかりで襲わせれば屈服すると考えていたトリーシャが、その10人を事も無げに屠れるほどの手練に成長していたこと。そしてそのトリーシャが、2人いたことだった。
     アンジェがJJを討つべく動き出したことをフィーも察知し、この戦闘に参加した結果、組織は完全に翻弄され、引っ掻き回されることとなった。
    「姫は兵器廠(へいきしょう)で破壊工作中! 総員、兵器廠へ集合せよ!」
    「何言ってやがる!? 姫は今、閣下のお屋敷に油を撒いて……」
    「寝ぼけてんのか!? 兵器廠だっつってんだろ!?」
    「いいや、屋敷だ! 俺は実際に見て来たんだぞ!?」
    「見間違いだろ!? 逃げて来たって奴が何人もいるんだぜ!」
     1人と認識している相手が2ヶ所で同時に現れたために、組織の誰も彼もが、右往左往するばかりでまともな行動が執れなくなった。JJでさえも、どこに人を集めればよいのかさえ見当が付かなくなり、狼狽するばかりだった。
    「ええい、姫は、トリーシャは一体どこにおると言うのだ!? こ、このままでは、このままでは……っ!」

     JJの恐れていたことは3時間後、現実のものとなった。
     この日、JJが20年近い年月を掛けて築き上げてきた組織は、その孫娘「たち」の手によって崩壊した。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 10】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 12】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 10】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 12】へ