FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 12

     ←DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 11 →DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 13
    ウエスタン小説、第12話。
    フェアリーとエンジェル(Fairy and Angel)。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    12.
    「はぁ……はぁ……」
    「ぜぇ……ぜぇ……」
     組織のあった廃村が火の手に包まれ、JJの屋敷が音を立てて崩れるのを背中越しに聞き付けながら、二人は肩を貸し合う形で、よろよろとその場を後にした。
    「あんた……大丈夫……?」
    「こっちの……セリフよ……」
     たった2人で300人以上の手勢がいた組織を壊滅させると言う、超人的な働きを見せたアンジェとフィーだったが、それでも多勢に無勢だったらしい。二人は全身傷だらけになり、どうにか生き残っていた馬に乗って、荒野へと出た。
    「撃たれた?」
    「かすり傷。あんたは?」
    「あたしも。でも痛い」
    「そうね。町、どこ行く?」
    「50キロ西、……は、行っちゃダメよ。確かアンリ=ルイが基地作ってた」
    「分かってる。反対方向ね」
    「でも町は、80キロも向こうよ」
    「大丈夫。……大丈夫、きっと」
     切れ切れに言葉を交わしていたが、やがて二人は力尽き、途中で見付けた小屋に転がり込んだ。
    「傷の手当て……しなきゃ……」
    「……うん……あたし……大丈夫だから……あんたから……」
     フィーが促したが、アンジェは答えず、フィーのシャツをまくった。
    「……やっぱり……!」
     フィーの肩には大穴が空いており、そこからどくどくと、血が噴き出していた。
    「……大丈夫……どうってこと……無いわ……」
    「バカ、放っといたら死んじゃうわよ!」
     慌ててフィーの止血を施そうとしたが――アンジェも既に限界に達していたらしく、途中で強い疲労感に襲われ、包帯代わりのシャツの切れ端を握ったまま、意識が途切れてしまった。

    「……!」
     ふっと目を覚まし、アンジェは飛び起きた。
    「フィー? どこ?」
     辺りを見回したが、フィーの姿はどこにも無い。
    「フィー! あんな傷でうろうろしてたら、マジに死んじゃうわよ! どこにいるのよ?」
     小屋を飛び出し、アンジェは馬がいなくなっていることに気付いた。そして馬がいたところに、おびただしい血が残っていたことにも。
    「……フィー……!?」



    「……ってところまでが、あたしとあんたが一緒にいた思い出ね」
     トリーシャの話が終わってもなお、エミルは真っ青な顔でうずくまっていたが、いつの間にか彼女は自分の肩をつかんでいた。
    「……そうね。そこを大ケガしてたのよね、あんた」
    「でも……でも……思い出せない……」
     エミルはもう一方の手をこめかみに当て、震えている。
    「あんたは……あんたは……誰?」
    「あんたがあたしに言ってくれたことよ」
     トリーシャはエミルの頭を優しく抱きしめ、こう続けた。
    「あたしもあんたも、妖精(Fairy)みたいに木のうろから産まれたのよ。それか、天使(Angel)みたいに神様が遣わしたってことでもいいんだし。過去のことなんてもう、思い出す必要なんか無いわ」
    「……でも……」
     顔を上げたエミルに、トリーシャはにこ、と微笑みかけた。
    「だから――はじめまして。あたしはトリーシャ・“エンジェル”・キャリコ。あなたのお名前は?」
    「……エミル。エミル・“フェアリー”・ミヌー、よ」
    「よろしくね。あたしに良く似た、さっきまで名前も知らなかった人」
    「……うん。……よろしく、トリーシャ」
    「ってことで、……いいでしょ?」
     エミルから離れ、もう一度にこっと微笑んだトリーシャに、エミルは小さくうなずいて返した。
    「そう、……そうね。あたしたちの過去はもう、どこにも無いってことで、いいのよね」
    「そう言うことよ。誰だって、人の『本当の』過去のことなんか分からない。今話したことだって誰も――あたし本人でさえも――証明することなんか、永遠にできやしないわ。あたしたちの手に、いま確実にあるのは、未来だけ。まっさらな、新しい世界だけよ。
     誰も知らない新しい世界で、あたしたちはあたしたちの人生を始めるのよ」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    トリーシャの言葉ですが、ブログ「矢端想さんの作品、
    さよならアトランタ」から引用させていただきました。

    何故この言葉をトリーシャが発したのか。
    そこにはある秘密があるのですが、それはまた、おいおい……。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 11】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 13】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 11】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 13】へ