FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 15

     ←DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 14 →「DETECTIVE WESTERN」完結記念イラスト ~ 矢端想さんより
    ウエスタン小説、最終話。
    新世界へ!

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    15.
    「むぐ、もぐ……。一体何で、兄貴を追い出すようなことしたんスか?」
     ベーコンをかじりながら尋ねたロバートに、エミルはクスクス笑いながら答える。
    「気ままな旅に一つ、スパイスが欲しくてね」
    「スパイス?」
    「本当に単なる一人旅じゃ、退屈だもの。あたしを追いかけるような奴が一人くらいいてくれなきゃ、面白くないじゃない」
    「ひっでーなぁ、姉御は」
     そう返しつつも、ロバートの目は笑っている。
    「ま、それにね。ある程度の期限も作っとかなきゃ、いつまで経っても終わりそうにないってのもあるし。だから旅は、あいつがあたしに追いついたらそこでおしまい。それから先は、もう二度と旅しないって決めたわ」
    「あら。そんなこと、もう決めちゃっていいの?」
     尋ねたトリーシャに、エミルは肩をすくめて返す。
    「決めちゃうって言うか、きっと、決まっちゃうのよ。あいつがあたしに惚れてるってこと、十分分かってるつもりだし。あいつがあたしに追い付いたらきっと、それはもう熱烈なプロポーズをしてくれるはずよ。あたしが思わず一発オーケーしちゃうような、すっごいのをね。だからその時が、旅の終わりってわけ」
    「今、素直にオーケーすりゃいいじゃないっスか。兄貴が可哀想っスよ」
     突っ込んだロバートに、エミルはパチ、とウインクする。
    「残念だけど今のあいつは、あたしの好みにまだほんのちょっと届かないのよ。未熟って感じなの」
    「それで彼も放浪させて、熟成させようと言うわけか」
    「なかなかに手ひどいことをするね、君は」
     アーサー老人と局長も笑いながら、エミルをなじって来る。
    「しかしまあ、私の目から見ても、アデルには今ひとつ貫禄が足りていないと感じることも事実だ。この旅を通じて、ちょっとくらいは成長してもらいたいものだ。と言うわけで、私も君の行動を評価する。恐らくここにいる皆もそうだろう」
    「うむ。率直に言って今の赤毛君では、君には到底釣り合わん。君を射止めたいと彼が切に願っているのならば、是非とも荒野の風と砂で、彼自身の器を磨いてもらわねばな」
    「俺も同感っス。ぶっちゃけ今の兄貴と姉御って、お姉ちゃんと弟って感じっスもん。似合いのカップルって感じじゃ……」
     同調しかけたロバートの鼻を、エミルがぎゅっとつまむ。
    「あへっ!?」
    「あんたが言う筋合い無いでしょ? アデルに輪を掛けてヒヨッコのくせに。あたしやアデルのことをあれこれ言う前に、まず自分の相手探しなさいよ」
    「……はひ。ふんまへん」
     ロバートから手を離したところで、エミルは食卓を離れた。
    「じゃ、もう行くわね。後片付けは任せちゃっていいかしら?」
    「ええ、お安い御用よ。……じゃ、気を付けてね、フェアリー」
    「あんたも無理しないようにね、エンジェル」
     ぱし、とトリーシャと手を交わし、エミルは彼女の家を後にした。

    「さて、と」
     厩(うまや)に向かおうとして振り向いたところで、アレンが馬を引いてエミルのところへやって来た。
    「エミル・ミヌー。あなたには、とても感謝しています」
    「どーも」
     ぺら、と手を振って答えたが、アレンは首をぶんぶんと横に振る。
    「最後まで言わせて下さい」
    「……どーぞ」
    「あなたがいなければ、私はきっと、何一つ成し遂げられぬまま、荒野の土となっていたでしょう。あなたが助けてくれたからこそ、私は今、ここにいる。愛する女(ひと)と家族になれた。その御恩、一生忘れません」
    「はぁ」
     エミルは肩をすくめ、アレンの片眼鏡をひょい、と奪った。
    「あっ」
    「あたしから一つだけ忠告よ。こんな西部の真っ只中に、ヨーロピアンな片眼鏡なんて似合わないわ」
     そう言いつつ、エミルは懐から眼鏡のフレームを取り出して片眼鏡のレンズをはめ込み、アレンの顔にかけた。
    「結婚祝いよ。これからはそれ付けて過ごしなさい、アレン・キャリコ」
    「……ありがとう」
     頭を下げるアレンに構わず、エミルはアレンが引いてきた馬に乗った。
    「じゃ、さよなら」
    「あ、あの!」
     アレンが慌てて顔を上げ、ずれた眼鏡を直しながら尋ねた。
    「あなたは、これからどこへ?」

     エミルは馬上でパチ、とウインクし、こう答えた。
    「新しい世界よ」

    DETECTIVE WESTERN 15 ~新世界の誘い~ THE END

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    これにてDETECTIVE WESTERN、完結です。
    7年にわたる長期連載となりましたが、ようやく終わりました。

    次回作については以前お伝えした通り、まだ構想の段階です。
    もし制作されたとしたら、恐らく来年の下半期くらいに連載されるかも知れません。

    そして今月下旬に、今作「DW15」を加えた「DW III」を刊行する予定です。
    こちらには書き下ろし「OW3 ~黒い雨が降る町~」を収録します。
    今作で示したある謎についての回答みたいなものを、この行間から読み解けるかも。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 14】へ
    • 【「DETECTIVE WESTERN」完結記念イラスト ~ 矢端想さんより】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    お祝いのコメントをいただき、誠にありがとうございます。

    2012年暮れくらいに思いついて、
    矢端さんに恐る恐る挿絵のお願いをしたのも、
    今ではいい思い出です。
    (その思い出があるので7年だか8年だか、
    あやふやになっていますが)

    次の世界でもご一緒できれば幸いです。

    完結おめでとうございます☆ 

    「DETECTIVE WESTERN」完結、誠におめでとうございます。

    こちらこそありがとうございました。
    お付き合いさせていただいて、とても楽しかったです。足掛け8年もやってた気がしませんね。物語の中では8年も経っていないせいかも知れません。

    今後ますますのご活躍にご期待申し上げます。
    さあ、新しい世界へ!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 15 ~ 新世界の誘い ~ 14】へ
    • 【「DETECTIVE WESTERN」完結記念イラスト ~ 矢端想さんより】へ