FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 短編・掌編・設定など」
    央中神学事始

    央中神学事始 20

     ←央中神学事始 19 →央中神学事始 21
    ペドロの話、第20話。
    博士の復讐。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    20.
     時間と場所は349年、モールが拘束されていた宿に戻る。
     話し疲れ、休憩を取っていたモールのところへ、ナイジェル博士が訪ねて来た。
    「休憩中、失礼する」
    「失礼なんかしないでほしいんだけどね」
    「言葉の綾だ。用がある」
    「私にゃ無いね」
     つっけんどんに対応するモールに、ナイジェル博士はこう切り出した。
    「3世には腹が立つだろう?」
    「そりゃまあねぇ」
    「私もだ」
    「へーぇ?」
     煙草を口にくわえたまま、モールはナイジェル博士を横目で捉える。
    「何されたね?」
    「あらゆる嫌がらせを受けている。基本的に私と言う人間が気に入らんらしい」
    「ま、人間関係ダメな時はダメだろうしね。で?」
    「少しばかり『お返し』をしてやろうと考えている」
    「少しで済むかねぇ?」
     そう問われ、ナイジェル博士の顔がこわばる。
    「どうしてそんなことを?」
    「私にわざわざ声かけて『仕返ししよう』なんて、少しで済む話じゃなさそうだしね」
    「……」
     しばらく黙り込んでいたが、やがて決心したような面持ちで、ナイジェル博士は話を再開した。
    「あなたにお願いする内容自体は単純だ。今回の経緯を、悪しざまに吹聴してくれればそれでいい」
    「何て言ってほしいね?」
    「どうとでも。とにかく3世が悪者になるように、そして、あなたが吹聴した本人だと分かるような内容で」
    「私と分かるように?」
     モールは煙草を床に捨て、ナイジェル博士を薄目でにらんだ。
    「そうなりゃ増上慢ストップ高状態のフォコは間違い無く、私を追い回すだろうね」
    「だが相手の手の内も知っていて、捕まえようと目論んでいることも分かっていれば、あなたは捕まるような方ではない。そうだろう?」
    「まーね」
    「決して捕まえられない相手を捕まえようと血道を上げている間に、私は別の工作を仕掛けるつもりだ。それが功を奏せば、3世に大きなダメージを与えられるだろう」
    「やっぱりオオゴトになるんじゃないね。……ま」
     新しい煙草を手に取り、モールはニヤッと笑った。
    「40年ほど前にしてあげたお説教を、すっかり忘れてるみたいだしね。ここいらでちょっと、痛い目見させとかなきゃならないね」
    「説教?」
    「こう言ったのさ――全人類の中で自分が一番だなんてコトを決める権利なんか、誰にだって無い。君自身にさえもね、……ってね」



     3世が執拗にモールを捜索していたその陰で、ナイジェル博士は密かに3世の子供たちを招集していた。
    「話と言うのは、他でも無い。君たちもそろそろ『親離れ』してみてはどうかと思ってね」
    「はあ……?」
     この頃、3世の子供世代はいずれも30代後半から40代半ばとなっており、金火狐財団の要職に就いた者もいたが、ここに集められた3人はそうではなく、はっきり言えば凡庸な者たちばかりだった。大した仕事もせず、また、大任を与えられることも無く、半ば遊び呆け、半ば飼い殺しとなっているような彼らに、ナイジェル博士はずばりと言ってのけた。
    「君たちはいずれも既に家庭を持ち、子供もいる身だ。傍から見れば成功せし者と言えるだろう。だが、感じはしないかね? 配偶者、あるいは子供から、『そろそろ大きな仕事をしないの?』『そろそろ偉くなれないの?』『この人はあのニコル3世の血を引いているはずなのに』『この人はあの金火狐一族のはずなのに』と言いたげな視線を」
    「う……」
     子供たちは、揃って苦い顔をする。
    「とは言え、その主たる理由は君たちが無能だからでも、いつまでも子供気分でいるからでもあるまい? ズバリ言ってやろう。3世がいつまでもいつまでも引退も隠居もせず、金火狐一族総帥の座に収まり続けているからに他ならない」
    「いや、しかし、長姉のイヴォラは市政局長になりましたし、公安局にも……」「では君たちはいつそうなるのかね?」
     問われるが、誰も答えない。
    「答えてやろうか? 答えは『いつまでもなれない』だ。その理由も言ってほしいかね?」
    「……」
    「沈黙は肯定と受け取るぞ。どうだ?」
    「……」
    「よろしい。でははっきり言ってやろう。君たち姉弟は全員が全員、3世に愛されてはいない。もっとはっきり言えば、君たち3名がその、愛されていない側の人間だ」
    「……っ」
    「愛されていないから機会も地位も与えられず、十分なカネも与えられない。他の姉弟には十分以上に与えられていたモノが、だ」
    「な、ナイジェルさん、あなた……っ」
     一人が憤った顔をし、立ち上がりかけたが、ナイジェル博士はやんわりと手をかざしてさえぎる。
    「しかし勘違いしないでもらいたいが、私は君たちをさげすむつもりも憐れむつもりも毛頭無い。むしろ私は君たちを評価している。だからこそ、機会を与えに来たのだ」
     この言葉に、3人はまた揃って首をかしげる。
    「機会?」
    「そうとも。君たちが晩成できる、最後の機会をだ」
     ナイジェル博士はそう言って、ニヤッと悪辣な笑みを浮かべた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【央中神学事始 19】へ
    • 【央中神学事始 21】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【央中神学事始 19】へ
    • 【央中神学事始 21】へ