FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第2部

    蒼天剣・烈士録 1

     ←蒼天剣・討仇録 4 →蒼天剣・烈士録 2
    晴奈の話、27話目。
    晴奈の昇華。

    1.
     人を含め、何物においても、何のきっかけも無しに、突然その姿や性質が変わることは無い。

     黄晴奈にしても、元は単なる町娘である。
     その「ただの人」であるはずの彼女に、周囲が思いもよらぬような変化を与えたのは、焔流の剣士である柊雪乃だった。
     彼女との出会いが晴奈にただならぬ衝撃を与え、剣士としての道を歩ませることとなったのだ。

     その後も晴奈には、「きっかけ」が連続して訪れた。
     魔術師橘との出会い、ウィルバーとの戦い、師匠とクラウンとの勝負、いくつもの旅――その様々な経験が、ついに彼女を、その高みにまで登らせた。



     双月暦512年、秋。
    「……はぁ。参ったわねぇ」
     晴奈はいきなり、柊からこう言われた。
    「え?」
     これまで6年やってきたように、その日もいつも通りに、二人で朝稽古を始めようとしたのだが、晴奈が木刀を構えた瞬間、柊がため息をついたのだ。
    「どうされたのですか、師匠?」
    「まあ、打ち合えば分かるわ」
     そう言って柊は一歩、踏み込んできた。
    (これは……)
     その瞬間、晴奈の頭にたぎるような感覚――黒炎が攻めてきた時や、島と戦った時に感じたのと同じ、息が止まるような緊張感が生じる。
    (……殺気!?)
     元より「稽古であっても真剣にやる」と約束してはいたが、それは技術の面と心持ちで、だけのことであり、まさか本当に殺すつもりでやってきたわけでは無い。
     だがこの時、柊は明らかに本気でかかって来た。その一挙手一投足に、本気で晴奈を殺そうとする気配がにじんでいるのを、晴奈はぞくりと感じていた。
    「くッ!」
     柊が斬りかかると同時に、晴奈は木刀で防御する。だが、ボキ、と言う鈍い音と共に、晴奈の持っていた木刀が真っ二つに折れた。
     柊はいつの間にか真剣を構え、さらにその刃は赤く輝いている。それは紛れも無く、焔流の「燃える刀」だった。
    「し、師匠!? 一体、何故に!?」
    「問答無用ッ! 刀を抜け、晴奈ッ!」
     師匠から向けられる正真正銘の殺意に、晴奈は若干戸惑い、怯む。
    (一体、何をしているのですか、師匠!?)
     だが、その困惑を無理矢理押さえ込み、腰に差していた刀を抜く。
    (……いや、今はそんなことを考えるな)
     晴奈は頭から余計な思考を追い出し、覚悟を決める。
    (今考えるべきは目の前の――『敵』を倒すことだ!)
     晴奈は刀を構え、刃に炎を灯した。

     まだ日も差さぬ、朝もやの立ち込める修行場に、二つの火がゆらめいていた。二人はしばらくにらみ合ったまま、静止する。
     そして先に、柊が仕掛けた。
    「ぃやああああッ!」
     燃え盛る刀を振り上げ、飛び上がる。
     晴奈は瞬時に、柊の太刀筋を袈裟斬りと判断し、刀を脇に構える。
    「させるかッ!」
     晴奈は地面を滑るように低く跳ぶ。一歩分体が前に進み、柊の間合いから外れる。
     柊の刀は晴奈の体を裂くこと無く、切れ味の悪い鍔本が肩に食い込むに留まった。
    「くあ……、あお、おあぁぁッ!」
     痛みからの叫びを気合の声に変え、晴奈は刀の柄を柊の鳩尾にめり込ませる。
    「く、は……」
     柊の口からか細い呻きが漏れ、がくりと頭を垂れてその場に崩れ落ちた。
     それを見た途端、晴奈の緊張が解ける。呼吸を整え、次第に冷静さを取り戻し、そこでようやく、自分が師匠を倒したと自覚した。
    「……師匠!」
     我に返った晴奈は、慌てて柊の側に駆け寄る。柊はぐったりとし、動かない。その青ざめた顔を見て、晴奈の顔からも血の気が引く。
    (ま、まさか。柄で突いたとは言え、打ち所が悪かったか……!?)
     晴奈は柊を抱きかかえ、必死で呼ぶ。
    「師匠! 大丈夫ですか、師匠!」
     何度か声をかけたところで、柊のうめき声が返って来た。
    「……くぅ、痛たた」
     真っ青な顔をしている割にはしゃんとした動作で、柊は晴奈の手をつかむ。
    「強くなったわね、晴奈」
    「え?」
    「今の動き、そして気迫。それに迷いない太刀筋。19でもう、その域に達するなんて」
    「え、あ、ありがとうございます。……あの、師匠?」
     生きていたと安堵する間も無く突然の賞賛を受け、晴奈は戸惑っている。
     それを知ってか知らずか――柊はこう続けた。
    「もう、わたしから教えることは何も無い。修行はおしまいよ」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.07 転載及び加筆修正
    2016.02.10 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・討仇録 4】へ
    • 【蒼天剣・烈士録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    晴奈は頑張りました。この先も頑張ります。

    NoTitle 

    v-12弟子の上にも3年
    とうとうやりおった
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・討仇録 4】へ
    • 【蒼天剣・烈士録 2】へ