FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・非道録 4

     ←蒼天剣・非道録 3 →蒼天剣・非道録 5
    晴奈の話、第285話。
    卑劣な罠。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「ガヤルド大倉庫に、ね」
     フォルナと小鈴から話を聞いたジュリアは、眼鏡を外して眉間を揉む。
    「なかなか信憑性の高そうな情報ね」
    「では、すぐに向かわせて……」
    「でも、タイミングが悪かったわね。
     ついさっき、編成したチームを港湾区の北西側に向かわせちゃったのよ。……ガヤルド大倉庫は南東側。正反対の場所に行ってるのよ」
     ジュリアの言葉に、二人の顔色が変わる。
    「何ですって?」「どーにかなんないの?」
    「増員して向かわせようにも、今は人員に空きが無いの」
    「んじゃまさか、このまま放っておくつもり?」
     突っかかる小鈴に、ジュリアは目をつぶって首を振る。
    「まさか。……私が装備を整えて直接向かうわ。それにフェリオ君、エラン君も同行するし、民間人とは言えコウさんたちが向かっているなら、心強いわ。
     任せておいてコスズ、それからフォルナさんも」
    「……それなら、安心ですわね」
    「ええ、早速準備するから、その、……本当に悪いけど、この辺で失礼するわね」
     ジュリアは一礼し、そそくさと席を立った。小鈴は憮然とした顔で、ジュリアの態度を非難する。
    「何、アイツ? すっごい冷たくなっちゃったわね。昔はもうちょい……」
    「まあ、お仕事がお忙しいのでしょう。……ともかく、今はそんなことを論じている暇はありませんわ。わたくしたちも忙しい身ですし」
    「そーね。さっさと向かいましょ」
     フォルナたちは公安局を後にし、港湾区へと急いだ。



     ドカドカと怒りに満ちた足音を立てて、ロウはガヤルド倉庫に飛び込んだ。
    「クラウぅぅぅぅぅン! 出て来いッ!」
     倉庫の窓がびりびりと震えるほどの声で、クラウンを呼ぶ。
    「よう、ウィアード」
     ロウから50メートルほど離れたところに、クラウンが現れた。
    「てめえ……! 俺の家族をどうしやがった!」
    「お前が表彰式でヘラヘラしてる間に、ボロ教会からみぃんな、かっさらわせてもらったぜ。あと、闘技場にもガキが2匹いやがったから、そいつらもな。
     まあ、安心しろや。まだ殺してねえからな」
    「殺してみろや、クラウン」
     ロウは三節棍を構え、クラウンににじり寄る。
    「その時はてめーの命も、無えと思えよ」
    「へっ、俺様がお前なんぞに殺されると思うのかよ」
    「こないだボロ負けした奴が、何を偉そうに……!」
     ロウは唾を吐き、クラウンをにらみつける。
     一方のクラウンも、斜に構えてロウをにらみつける。
    「まあ、大会ってのはルールに縛られてるもんだからな。ルールに護られたお前にゃ、そりゃ勝ち目なんぞあるもんか。
     でもな、ウィアード。俺たちみてえな無法者は、手を汚せば汚すほど強くなるんだぜ?」
     クラウンがそっと右腕を挙げる。その手には大口径のライフルが握られていた。
    「闘技場じゃ禁止されてたがよ、こいつで頭撃ち抜けば、誰だろうが一発であの世行きよ」
    「ヘッ、んなもん当たると思うのかよ」
     ロウは三節棍を振り上げ、クラウンに飛びかかった。
    「馬鹿が、真正面から……」
     クラウンはニヤリと笑い、ライフルを構えた。
     が、目の前からロウの姿が消える。
    「……! 上か!」
     クラウンは瞬時に上を向き、ライフルの引き金を引く。ドバ、と言う大量の火薬が弾け、噴き出す音が倉庫にこだまする。
     だがロウは空中で体をひねって弾をかわしており、ロウの背後、倉庫の壁に大穴が開くだけに留まった。
    「チッ……」
     クラウンは舌打ちしながらボルトを引いて弾を装填し、もう一発発射するが、これも当たらない。
    「りゃああッ!」
     ロウはクラウンの間近に迫り、三節棍の両端を構え、真ん中の棍をクラウンのあご目がけて叩き付けた。
    「うご……っ」
     ポキポキと音を立て、クラウンの下奥歯が2本折れる。
    「銃だろーが魔術だろーが、そんなもんがオレに当たると思ってんのかよ、このデブ熊」
    「……っひ、ひひひ」
     クラウンは後ずさり、銃を下げた。
    「思ってるぜ、ひひひひ」
    「あぁ……?」
     クラウンは顔を挙げ、ニヤリと笑う。
     次の瞬間、いくつもの破裂音と共に、ロウの体中から血しぶきが上がった。
    「な、ん、……っ?」
     ロウは三節棍を落とし、ガクリと膝を着く。
    「何を目ぇ丸くしてやがる? まさか、この俺様が一対一で闘うとでも思ってたのか?」
     クラウンは馬鹿にしたように鼻を鳴らした。
    「はっ、頭悪いなぁ、お前。こんなことも予想できなかったのかよ?」
    「て、めえ……!」
     ロウは憤怒と侮蔑に満ちた目で、クラウンをにらむ。
     だが立ち上がることはできず、ロウはその場に倒れ伏した。
    「この、クソ野郎め……!」
    「何とでも言え、負け犬め。
     ……さーて、まだオッド先生は戻って来ないが、折角こうして来てくれたんだ。たっぷり、楽しませてもらうとするか。ひひっ、ひひひひっ……」
     倉庫のいたるところから、硝煙を上げた銃を持った、クラウンの手下たちが現れた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.07.05 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・非道録 3】へ
    • 【蒼天剣・非道録 5】へ

    ~ Comment ~

    管理人のみ閲覧できます 

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    NoTitle 

    この世界の銃は、実はこの街が発祥です。
    詳しいお話は「双月世界小話 KCN」にて。

    NoTitle 

    おおう。ロウ君大ピンチですね。
    ・・・って銃って大量に持っているんですね。
    結構意外に思ったりしました。
    結構この地方では出回っているんですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・非道録 3】へ
    • 【蒼天剣・非道録 5】へ