FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第5部

    蒼天剣・非道録 11

     ←蒼天剣・非道録 10 →キャラ紹介;ウィルソン家(第3部、第4部)
    晴奈の話、第292話。
    慟哭する晴奈。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    11.
    「そうか、央北に……」
     話を聞いた朱海とチェイサー一家は、複雑な面持ちで晴奈をじっと見た。
    「アタシから言わせてもらえば、今は絶対行ってほしくない場所だ。戦争中だし、政争も激しい。そんな時に、そんなデカい犯罪組織を追って央北に入ろうなんて、自殺行為に近い」
    「僕も同意見だよ。考え直せないのかい?」
     晴奈は首を横に振り、強い意志を見せる。
    「いいえ、私は行きます。このまま何もしなければ、ロウは浮かばれないでしょう。ようやく善人になり、幸せをつかんだあいつの人生を踏みにじったクラウンと、そして奴が加担し、楢崎殿の人生を狂わせた殺刹峰を、私は絶対に許すわけには行きません」
    「そうは言っても……」
     説得しようとするピースを、ボーダが止めた。
    「分かったわ。応援するわ、セイナ」
    「ありがとうございます」
    「絶対、生きて帰ってきなさいよ」
    「ええ」
     ボーダの横にいたプレアが、晴奈の足にしがみつく。
    「セイナさん、死んじゃダメだよ」
    「分かっているさ。……必ず、生きて戻ります」
    「おう。とびっきりの冒険譚、期待してるぜ」
     朱海は晴奈の手を握り、がっちりと握手して無事を願った。



     7月1日。
     晴奈たちはゴールドコーストを発ち、央北の港町、ウエストポートへと船で向かっていた。
    「こんな形であの街を離れるなんて、思いもよりませんでしたわね」
     甲板で晴奈と一緒に風に当たっていたフォルナが、ぽつりとつぶやいた。
    「そうだな。今年の初め、『どうにかして街を出られぬものか』と嘆いていたのが、何だか懐かしく感じてしまう」
    「そうでしたわね……」
     晴奈は目を閉じ、ゴールドコーストでの出来事を思い返す。
     朱海やチェイサー一家、シリン、楢崎、そしてロウとの出会い。
     血沸き胸躍る、闘技場での戦いの数々。
     そして許しがたいあの凶事と、ロウの死に顔。
     その顔を思い出し、不意に晴奈の目から涙がこぼれた。
    「うっ……」
    「どういたしましたの?」
     晴奈はフォルナを抱きしめ、声を上げて泣いた。
    「……風が強くて、良かった。これなら、どんなに泣き叫ぼうと、お主以外には、聞こえぬ。……う、ううっ、うぐっ」
    「セイナ……」
     晴奈は泣きながら、決意を口にした。
    「私は、絶対に、殺刹峰を、潰す……っ! ロウの、ロウの仇を、何としてでも討つ……っ」
     洋上の強い風は晴奈の願った通り、彼女の泣く声をかき消してくれた。



    「いやー、へへへ……」
     クラウンは安堵の表情を満面に浮かべ、狐獣人の女性と、その横に立つオッドの前に平伏していた。
    「……」
    「本当に一時はどうなることかと思いましたよ、へへへっ」
    「さて、クラウン君と言ったか」
     クラウンが一通り感謝の言葉を述べたところで、オッドの反対隣にいた片腕の、短耳の男が、クラウンを一瞥して尋ねる。
    「君が何故ここに入れたか、その理由が分かるか?」
    「え? そりゃ、市国で倒れてたオッド先生を、俺が助けたからじゃ」
    「それもある。が、我々は秘密結社だ。そうそう、他人を引き入れるわけにはいかん」
    「じゃあ、もしかして俺を加入させてくれるとか?」
    「そんなわけ……無いじゃない……」
     オッドと片腕の男に挟まれて座っていた「狐」の女性が、口を開いた。
    「口封じの……、ためよ……」
    「え」
    「フローラ……やってちょうだい……」
     女性が手を挙げた瞬間、クラウンの太い首に、背後から腕が回される。
    「ぐえっ……!?」
    「本当に、今回の取引は残念だったな」
    「ええ……、そうね……」
    「でもさーぁ、コイツが手に入ったんだからぁ、ソレはソレで良くなぁい?」
    「まあ……、そうね……」
     女性は抑揚の無い声で、相槌を打ち続ける。
    「この体なら……、あなたの実験にも……、十分付き合えそうね……」
    「ええ、今から楽しみで楽しみでしかたないわぁ」
     オッドがにんまりと笑い、クラウンを横目で見る。
    「くそ、てめ、っ、最初から、その、つも、り、で……」
    「そーよぉ? じゃなきゃ、アンタみたいな小者がこんな奥まで入れるワケないじゃなぁい」
     クラウンの意識が遠くなる。そこで首にかけられた手が離され、床に叩きつけられるように寝かされた。
    「モノ……、とりあえず……、牢に運んでちょうだい……」
    「承知した」
     モノと呼ばれた片腕の男が、ぐいとクラウンの襟をつかむ。そこでほんの少しだけ、クラウンの意識が戻る。
     クラウンは自分を絞め落としたであろう者の顔を、一瞬だけ見た。
    「……!? ひ、ヒイ、ラ、ギ……!?」
     その顔は十数年前に見た仇敵――柊雪乃の顔にそっくりだった。

    蒼天剣・非道録 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.07.05 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・非道録 10】へ
    • 【キャラ紹介;ウィルソン家(第3部、第4部)】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    第5部、読了ありがとうございます。

    第6部は雪乃っぽいのが出ますよ。
    引き続き、お楽しみください。

    NoTitle 

    おお、ようやく5部が終了ですね。
    ・・・・意外に時間がかかってすいません。
    まだまだこれからって感じですね。
    長丁場になりそうなお話ですね。

    NoTitle 

    こちらもポールさんの小説、拝読しました。
    第3部ラストの壮絶さは、とてもハラハラさせられました。
    まさかあの人も、あの人も犠牲になるとは……。

    第6部もなかなか盛り上がる展開が多いです。
    お楽しみに。

    NoTitle 

    ウィアードくんなんと浮かばれん男だ。

    浮かばれなさではうちの某登場人物といい勝負であります。

    第6部もゆるゆると読ませてもらいます~♪
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・非道録 10】へ
    • 【キャラ紹介;ウィルソン家(第3部、第4部)】へ