FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 短編・掌編・設定など」
    双月千年世界 短編・掌編

    KCN 2

     ←KCN 1 →KCN 3
    番外編。
    若き日の総帥。




    2.
    「はーぁ」
     間の抜けたため息が、窓際の机から漏れる。
    「『KCN またも銀行を襲撃』、か。やれやれ、世間は今日も騒がしいもんだねぇ、狐ちゃんや」
    「人を種族で呼ばんといてくださいよ、ロメオさん」
     窓際の机で新聞を読んでいた初老の短耳にお茶を差し出しながら、ヘレンは口をとがらせた。
    「ああ、ゴメンねぇ。……で、さ。どうなのよ、捜査の方は?」
    「また、他人事みたいに言うて……。ロメオさんも捜査する側やないですか」
     ヘレンにそう言われ、ロメオは肩をすくめた。
    「そんなこと言ってもねぇ、俺ももう歳だからねぇ」
    「またそんなこと……。ま、ええですわ。
     『KCN』ですけどね、いつも通りですわ。毒ガス撒いて、その隙に物盗り。もうホンマ、やりたい放題っちゅうやつですね」
     ヘレンの憤慨する様子を見て、ロメオが茶化す。
    「あらら、『金火狐』ちゃんがお冠だ。こりゃ、犯人が捕まったら大変だなぁ」
    「ふざけんといてくださいよ、もぉー」

     ロメオに茶を淹れたこの狐獣人の名は、ヘレン・ゴールドマン。金火狐財団の主、ゴールドマン一族の者である。
     現在は社会勉強の一環として、金火狐財団が抱えている私設警察、「金火狐財団公安局」、通称「金火公安」の職員として働いている。とは言え、彼女がここで働いているのは半分、彼女の意思でもあった。元々正義感が強く、また、日頃から持論として「犯罪が多い街は商業が廃れる」と唱えており、それを実証するため――つまり逆に、犯罪が少なくなれば商業が活発になると証明するために――金火公安への入局を強く希望したのだ。
     ヘレンは後に財団総帥としてその政治・経営手腕を振るうことになるのだが、496年の現在において既に、その才女ぶりは発揮されていた。

    「……ちゅうわけでして、ここ最近の『KCN』は新規開拓したばかりのここ、第4商業区を中心に大暴れしとります」
     ヘレンは大勢の公安職員の前で、この事件の捜査方針を説明していた。
     この事件は彼女の属しているチームが捜査を担当しており、その説明役を任されている点においても、彼女がどれだけ信頼を得ているかが良く分かる。
    「今後は第4商業区を軸に、捜査網を広げていくつもりです。
     以上で私からの説明を終わらせていただきますけれども、何か質問はありますか?」
     だが、名家の出で、順調に業績を挙げている、となれば僻みや妬み、嫉みを受けることもしばしばある。
    「えーっとですねぇ」
     いかにも嫌味そうな、眼鏡をかけたエルフの職員が手を挙げる。
    「最初の事件から既に3ヶ月が経過しているわけですけども、いまだに犯人の目星も付いてないんですか?」
    「目撃証言が皆無に等しく、また、犯行現場には手がかりとなるようなものもありません。現時点では、明確に犯人、及び犯人像を捉えることも困難でして」
    「あ、そうですか。じゃ、捜査は全然進んでないんですね、ふーん」
     突っかかってくるエルフの言葉に、ヘレンの尻尾が毛羽立ちそうになる。
    「……まあ、しかしですね。一方では、その犯行が極めてパターン的ですから、次にどこを襲うのか、と言うことに関してはある程度、予測が付けられるようになっています。
     決着の可能性としては、令状を取って家宅捜索、と言うよりも、盗みの現場を押さえて現行犯逮捕、と言う展開になる方が非常に高いと思います。その点では今、無理矢理に犯人像を絞る必要性はまったくないでしょう」
    「まあ、そうなればいいんですけどね」
     エルフは馬鹿にしたように鼻を鳴らし、ヘレンから目をそらした。
    (……くっそー)
     その態度に、ヘレンのはらわたは煮えくり返っていた。
    (今に見さらせよ、この瓶底メガネが!)

    「あっはっは……。そりゃ大変だったねぇ、狐ちゃん」
     会議の顛末を聞き、ロメオはケラケラ笑う。
    「笑いごとちゃいますて、ホンマ」
     ヘレンはイライラしながら、ブラシを使って尻尾の毛繕いをしている。
    「ま、でもさ、結果出しちゃえば文句も出ないよ。とっとと犯人捕まえて祝杯と行こうや、なあデルタ」
     ロメオは部屋の中央辺りで新聞を読んでいた、大柄な短耳の男に声をかけた。
    「ええ、そうですね」
     デルタと呼ばれた男は新聞から顔を上げ、ロメオに向かって小さくうなずいた。
    「今回も期待してますよ、ロメオ警部殿」
    「はは、まーたこんな老人に頼るつもりかい? もうそろそろ退職するんだから、楽させてくれよぉ」
     おどけるロメオに、デルタは「はは……」と笑って肩をすくめた。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【KCN 1】へ
    • 【KCN 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【KCN 1】へ
    • 【KCN 3】へ