黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・旅賢録 2

     ←蒼天剣・旅賢録 1 →蒼天剣・旅賢録 3
    晴奈の話、第294話。
    モールの秘術。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「いきなり、何をするかと思えば」
     モールの杖が晴奈の刀を止めている。いや、正確に言えば杖と刀の間に、紙一枚分ほどの隙間があった。
    「寸止めだ。……いやなに、あの時に何をされたのか、答えを聞きたいと思ってな」
    「あの時って?」
     モールはきょとんとしている。その顔を見た晴奈は、憮然としながら聞き返す。
    「覚えてないのか?」
    「だから、何だってね」
    「6年前、黒荘で遭っただろう?」
    「黒荘? ……んー?」
     モールは杖をこすりながら考え込む。
    「……んー、もしかしてあの時のバカ?」
    「馬鹿とは失敬な。……まあ、今思い返せば確かに愚行だった」
    「今のコレだって愚行だね。いきなり斬りつけるヤツがあるかってね」
    「大変失敬した。が、あの時と同じことをすれば、あの時何をしたのか再現してくれるのではと期待したので」
     モールは「あー……」と声を上げ、晴奈に説明し始めた。
    「まあ、簡単に言えば、私のオリジナル魔術だね。門外不出の秘術でね、『ウロボロスポール』って言うね。例えば……」
     モールは晴奈が持っていた脇差をひょいと抜き、いきなり海に捨てた。
    「なっ、何をするか!?」
    「ま、見てなってね」
     モールは海に向かって杖を向け、呪文を唱えた。
    「『ウロボロスポール:リバース』!」
     すると、海に捨てたはずの脇差がするすると海から戻り、音も無く晴奈の腰元に納まっていった。
    「……!?」
    「コレが、君が吹っ飛ばされた術の正体だね。
     下に落ちたはずのボールが上に登る。砕けたはずのガラス瓶が元通りに固まる。燃えたはずの本が灰から蘇る――あらゆる法則を逆回転させる、秘中の秘。私の『とっておき』だね。
     この術は他にもバリエーションがあってね、今説明した『リバース』に、モーメント(力の発生源)とベクトル(力の向かう方向)の位置を入れ替える『スイング』――あの時はコレを使ってたね――そして術の属性を反転させる『スイッチ』と、色々あるね」
    「ほ、う……」
     説明されたものの、晴奈には何がなんだか分からない。
    「ま、魔術知識と物理知識が無きゃ何言ってるか分かんないと思うし、単純に落ちたモノが戻ってくる術だって思ってもらえばいいね」
     モールはそこで一旦、言葉を切った。
    「……ふーん」
     モールは晴奈の体をじろじろと見回している。
    「な、何だ?」
    「随分変わったもんだね」
    「え?」
     モールは近くの椅子に腰掛け、組んだ足に肘を置いて斜に構える。
    「何て言うかねー……、昔会った時は、まるで砂上の楼閣だった。技術や力ばっかりが先行してて、土台の精神や感情面がグッズグズだったんだよねぇ。何か一発ぶちのめしたら、そのまんま崩れていきそうなヤツって印象だった」
    「……!」
     モールの言葉で、以前夢の中で出会った金狐に言われた言葉が蘇る。
    ――セイナの精神っちゅう土壌は成功ばかりしてしもて栄養多すぎ、グズグズに腐りそうになっとった。その上にある自信なんてもん、すぐダメになって当然や――
     モールが今言った言葉と金狐の言葉は、驚くほど似通っていた。
    (やはり、見識ある者は的確に見ているのだな)
    「でも今は」
     モールが話を続ける。
    「肥沃な大地に悠然と建つ、大豪邸の雰囲気をかもし出してるね。技術や力量と言った建物はますます成長し、精神と言う土壌も豊かになっている。正直、こんな家があったら住みたいもんだね。
     ……んー?」
     モールはそう言って、晴奈の体をじっとにらむ。
    「……き、気味の悪いことを!」
    「あーあー、悪い悪い。いやね、ちょこっと気になるモノが見えたもんでね」
    「気になる、モノ?」
     晴奈は自分の服や刀、尻尾を眺めてみたが、特に変なものは見当たらない。
    「実物じゃない。オーラってヤツだね。何て言うか、んー、昔、私が取った弟子にちょっと似てる」
    「弟子?」
     モールはとんがり帽子のつばを下げ、淡々と昔話を始めた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【蒼天剣・旅賢録 1】へ
    • 【蒼天剣・旅賢録 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    その通り、双月ルールです。
    ただ、よく考えてみると「火紅狐」で同じゲームをやった時、このルールは適用してませんでした。
    これを覚えていれば、もうちょっと話に面白味が出たであろうものを……っ(´・ω・)

    NoTitle 

    3回パスしたら負けっていうウノのローカルルールは初めて聞きました。そもそもパスがないゲームだと思うので(^^)

    作中でこしらえた黄輪さんのオリジナルルールですか?
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・旅賢録 1】へ
    • 【蒼天剣・旅賢録 3】へ