FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・出立録 6

     ←蒼天剣・出立録 5 →クルマのドット絵 その15
    晴奈の話、第303話。
    敵首領と主治医の会話。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     某所、殺刹峰アジト。
    「どう……、調子は……?」
     狐獣人の、ひどく顔色の悪い女性がオッドの研究室を訪れた。
    「上々、って言いたいトコなんだけどねーぇ」
     オッドはひどく残念そうな顔をして、女性を部屋に招きいれた。
    「あら……、失敗したの……?」
    「失敗じゃないわよぉ、アタシに落ち度無いわよーぉ。このおっさんが『素材』としてクズなのよぉ」
     オッドは手術台に縛り付けられた熊獣人――クラウンを指差す。
    「ひ……はっ……ひ……」
     クラウンの額には何本も青筋が走り、目は赤黒く染まっている。そして肌全体が、青黒く変色していた。
    「なーにが『キング』よぉ、まったく。ちょっと神経を肥大させて、血流量増やしただけで、もうコレよぉ?」
    「は……ふっ……」
    「もう脳の血管もポンポン弾けちゃったみたいで、ザ★廃人確定。『プリズム』に入れるどころか、普通の兵士にも使えないわよぉ」
    「あら……そうなの……。それは……残念ね……」
    「もう使いどころ無いから、ちゃっちゃとモンスターにしちゃってよぉ」
     オッドの要請を聞いた「狐」は、非常に辛そうな顔をした。
    「ちょっと……無理……。わたし……今日は……体調が悪くて……」
    「そーねぇ、顔色悪いもんねぇ。栄養剤と強壮剤、打っとく?」
    「ええ……お願いするわ……シアン……」
     オッドは非常に嬉しそうな顔をして、薬棚を漁り始めた。
    「了解、リョーカイ。……うふっ、やっぱ医者っぽいコトすると楽しいわぁ。天職ねぇ」
    「あは……はは……」
     「狐」の女性は口の端をやんわりと上げ、笑い顔を作る。
    「どしたのぉ?」
    「いえね……。こんな……人体実験する……あなたが……、医者っぽい……ことって……言うから……あはは……」
    「それ嫌味? 侮辱?」
     オッドが口を尖らせると、女性はゆっくりと手を振って否定した。
    「いいえ……ただ……面白いなって……」
    「ホラ、腕出しなさいよぉ。……相変わらず血管ほっそいわねぇ」
     オッドが静脈を探しながら、女性に尋ねる。
    「アンタ、今いくつだったっけ?」
    「68よ……」
    「魔術ってのはホントに、気味悪いわねぇ」
     ようやく静脈を探し当て、ぷすりと注射を打つ。
    「この腕を見たら90歳、100歳の超おばあちゃん。……なのに」
     オッドが顔を上げた先には勿論、女性の顔がある。
    「顔ときたら、どう見ても30そこそこ。『老顔若体』って言葉あるけど、アンタは逆ねぇ。『若顔老体』って感じ」
    「いいじゃない……そんなの……。あなただって……、バニンガム卿だって……、その魔術の恩恵を……、受けてるんだから……」
    「まあねぇ」
     2本目の注射を打ち終え、オッドは改めて「狐」の顔を覗き込む。
    「どうしたの……?」
    「もう20年以上その顔見てるけど、いまだに分かんないわぁ」
    「何が……?」
    「アンタの考えてるコトが」
     オッドの言葉に、「狐」は不思議そうな顔をした。
    「どうして……?」
    「アンタに何のメリットがあって、こんな組織を作ったのか。アンタの目的はなんなのか。ずーっと考えてるけど、アンタのその、青白ぉい顔を見る度に分かんなくなっちゃうのよねぇ」
    「いつも……言ってるじゃない……」
     口を開きかけた「狐」をさえぎって、オッドはその先を自分から話す。
    「あーあー、『中央政府の粛清』とか、『新政権樹立のための基盤固め』とか、そんなコトは何べんも聞いたわよぉ。でもさーぁ、それは旦那サマのための目的じゃないのぉ?
     アタシはアンタ自身のメリットとか、目的を聞きたいのよぉ」
    「……」
     「狐」はオッドから目線をそらし、ぽつりとつぶやいた。
    「そうね……わたし自身の……目的……。
     2つ……かな……。娘の……、フローラのためと……、わたしの魔術の……、完成を目指すため……、かしら……」
    「魔術の完成?」
    「まだ……、完全じゃない……」
     「狐」は両手を挙げ、その細い腕をオッドに見せた。
    「体は……確かに……、30代のままのはず……なのに……、ひどく……衰えている……。同じ術をかけた……、あなたや……バニンガム卿は……、とっても若々しいのに……、わたしだけが……こんなに衰弱してる……」
    「それは、その……、アンタの病気のせいじゃないの。魔術、関係ないじゃない」
    「だからよ……。わたしの魔術……現時点では……、この病を克服できない……。完成していたら……、きっと……わたしは……」
    「……まあ、うん。とりあえずアタシには、症状を緩和するコトしかできないしねぇ」
     オッドは立ち上がり、また薬棚に向かう。
    「とりあえず栄養剤と強壮剤は打ったし、沈静剤も作っとくわねぇ。……アンタの魔術が完成するのが早いか、それともアタシが特効薬作るのが早いか」
    「それとも……、わたしが死ぬのが先か……」
    「ちょっと、ふざけないでよぉ……」
     オッドは憮然とした顔で、薬品を混ぜ始めた。

    蒼天剣・出立録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・出立録 5】へ
    • 【クルマのドット絵 その15】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・出立録 5】へ
    • 【クルマのドット絵 その15】へ