FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・紫色録 1

     ←クルマのドット絵 その17 →蒼天剣・紫色録 2
    晴奈の話、第316話。
    風の魔術剣。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     バート班がペルシェの襲撃を受け、フォルナ班がレンマに追い回されていたのと同様に、ジュリア班も殺刹峰からの襲撃を受けていた。

     ウエストポートを発って1週間後、ジュリア班は軍艦製造の街、ソロンクリフに到着していた。
    「ふーん……」
     街は崖を挟んで上下に広がっており、崖上の街からは船を造っている様子が見渡せる。それを眺めていた小鈴は、率直な意見を述べた。
    「でっかいわねぇ」
    「そりゃ、船だもの。でも、軍艦じゃ無さそうね。普通の商船みたい」
    「まあ、軍事機密をこーんな真上から見れるわけないしねぇ」
     ジュリアと小鈴は半分観光しているような気分で、下の街を見下ろしていた。2人の後ろにいる楢崎も、同様にのんびりとした様子で声をかける。
    「お嬢さん方、ひとまず休憩してはどうだろう?」
    「そーね、歩き通しだったし。んじゃ、どっかに宿取ろっか」
    「ええ。……商業関係は、上の街が担当してるみたいね。宿もこっちの方かしら」
     ジュリアは辺りを見回し、そしてある一点に目を留めて硬直した。
    「……ん? どしたの、ジュリア」
    「あれ、ちょっと見て」
     ジュリアが顔を向けている方向に、小鈴も楢崎も目を向けてみた。
    「おや……?」
    「何か、睨んできてるわね」
    「ええ、明らかに敵意を抱いているようね」
     三人の視線の先には、紫の布で頭と口元を覆った短耳の女性と、武器を持った4名の男女がいた。「どーする?」
    「うーん」
    「こちらへ向かってくるな……」
    「逃げとく?」
    「そうね。変な争いはしたくないし」
     三人は同時にコクリとうなずき、一斉に身を翻した。
    「あ……」
     だが、反対側からも同じような者たちが4名やってくる。
    「囲まれちゃった?」
    「そのようだね」
    「参ったわね……」
     そうこうしている内に、敵らしき者たちが小鈴たちの前後に立ち止まった。
    「そこの三名、大人しくしなさい」
    「してるじゃない。今までじっとしてたでしょ、ココで」
     声をかけてきた紫頭巾に、小鈴はふてぶてしく返す。頭巾は言葉に詰まり、憮然とした目を小鈴に向ける。
    「……ええ、そう、ね。……コホン。我々は殺刹峰の者よ。我が組織を調べようとしているあなたたちを、看過することはできない。よって」
     頭巾は片手を挙げ、小鈴たちを囲んでいる者たちに指示しようとした。
    「抹殺開始よ。全員、かか……」
     だが頭巾が手を挙げたところで、楢崎が彼女の鳩尾に、鞘に納めたままの刀を突き込んだ。
    「……っ」
    「僕らはこんなところで足止めされるわけには行かない。強行突破させてもらうよ」
    「……そうは、行かない!」
     楢崎の初弾を食らった頭巾は、鳩尾を押さえながらもう一度指示した。
    「かかれ! 全員、生かしてこの街から出すなッ!」
    「はい!」
     小鈴たちを囲んでいた者たちが武器を構えるのを見て、小鈴とジュリアも武器を手に取った。
    「しょーがないわね」
    「やれやれ、って感じね」
     楢崎も依然鞘に納めたまま、刀を構える。
    「ふーむ……」
     楢崎は納得が行かなさそうな顔をして、小鈴たちに小声で話しかけた。
    「妙だよ、どうも」
    「え?」
    「今の一撃、普通は悶絶するくらい痛いはずなんだ」
     それを聞いた二人は、事も無げにこう返した。
    「んじゃ、普通じゃないってコトね」
    「面倒臭そうね、戦うのは」
     年長者で、様々な経験を積んでいるからだろうか、この三人は他の2班に比べてとても冷静だった。
    「じゃ、やっぱり逃げよっか」
    「ええ、そうしましょ」
     楢崎の言葉を聞いて、ジュリアは武器の警棒を納める。そして小鈴は何か、もごもごとつぶやいている。楢崎はジュリアに耳打ちした。
    「どうするんだい? 三方に敵、後ろは崖。何かいい策が?」
    「ええ。こっちには水に土、おまけに風の術まで使える魔法使いがいるもの」
    「なるほど」
     小鈴が呪文を唱え終わり、楢崎とジュリアに声をかけた。
    「準備できたわ! つかまって!」
    「おう!」「了解よ!」
     二人が小鈴の巫女服の袖をつかんだところで、小鈴が術を発動した。
    「『エアリアル』、さいならー」
     三人は空に浮き上がり、そのまま崖を滑り降りていった。
    「あっ、逃がすかッ!」
     頭巾は眼下へ逃げていく小鈴たちをにらみつけ、腰に佩いていた剣を抜いた。
    「くらえッ!」
     ごう、と風のうなる音が響く。
    「……?」
     次の瞬間、三人は強い衝撃を受けて弾き飛ばされた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【クルマのドット絵 その17】へ
    • 【蒼天剣・紫色録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    基本的に、自分は敵を作らないように努めていますが、
    時折、勝手に敵と見なされて攻撃されることが、多々あります。
    敵意もガンガンぶつけられるので、かなり辟易しますね。
    ああいう雰囲気は、実に感じたくない。

    NoTitle 

    雰囲気ってありますよね。敵意・・・みたいな。
    言葉を交わすわけではなく、感じるっていうものですけど。
    ・・・あれは五感では言い表せない何かがありますよね。
    第6感みたいなものですよね。
    それが鋭すぎるのも難儀ですけどね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【クルマのドット絵 その17】へ
    • 【蒼天剣・紫色録 2】へ