黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・紫色録 5

     ←蒼天剣・紫色録 4 →キャラ紹介;公安組(第5、6部)
    晴奈の話、第320話。
    刀傷と火傷。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     どうにかソロンクリフを脱出した小鈴たちは、早足で街道を進んでいた。
    「結局ソロンクリフでは何の情報も集められなかったわね」
    「ま、仕方ないわ。3人無事なだけでもいいじゃん」
     小鈴の言葉に、ジュリアはコクとうなずく。
    「そうね。……他の2班も無事かしらね」
    「無事よ、きっと。闘技場のツワモノ揃いなんだし。ね、瞬二さん」
     小鈴は楢崎に声をかけたが、楢崎の反応が無い。何かを考えているように、ぼんやりと上を向いている。
    「……瞬二さーん?」
    「んっ?」
    「どしたの?」
    「あ、ああ。……いや、少し考えごとをね」
     楢崎は小さく咳払いし、ぽつりぽつりと話す。
    「あの、モエと言う子。昔どこかで、見たような気がするんだ」
    「へえ?」
    「どこだったかな……。あの傷が気になって、どうにも思い出せない」
    「あの傷、ひどかったわね。斬られた上に、焼串でも押し付けられたのかしら?」
     ジュリアの考察に、楢崎は首をかしげる。
    「いや、あれは多分、……いや」
    「どうしたの、ナラサキさん?」
    「いや、もしかしたら、と思ったんだけど。多分、違うかも知れない」
    「……?」
     楢崎は腕を組み、「うーん……」とうなるばかりだった。
    (あの子を、もっと幼くして、傷のことを抜くと、……確かに、見覚えがある。それは多分、紅蓮塞で、だろうな。
     でも、あの刀傷と火傷が混じった傷――あれは間違いなく我が同門、焔流剣士が付けたであろう傷だ。もし僕の記憶と推察が正しかったとしたら、あの子は同門に傷を付けられたことになる。
     それは、あんまり考えたくない――同門同士が殺し合いをしたなんて、あまりにも気分の悪い話だから)
     楢崎は篠原と戦った時のことを思い出し、首を横に振った。



     某所、殺刹峰アジトにて。
    「ドミニク先生、あの……」
     鮮やかな緑色の髪をした狼獣人の少女が、「バイオレット」「マゼンタ」「オレンジ」3隊からの報告をまとめていたモノに声をかけた。
    「うん?」
     モノは少女に背中を見せたまま応える。
    「どうした、キリア君」
    「また、剣を教えて欲しいんです」
    「……何故だ?」
     ここでようやく、モノは少女、キリアに向き直った。
    「教えるべきことは余すところ無く教えたはずだ。何か不満があるのか?」
    「はい。まだ、あの技をちゃんと教えてもらっていません」
    「……」
     モノはあごに手を当て、黙り込む。
    「先生が腕を失い、十分な指導ができなくなったことは十分、承知しています。それにわたしも兄も、『プリズム』の中でも上位に立つ腕となったことは自覚しています。
     でも、モエさんが一蹴されたと聞いて……」
    「……ふむ」
     モノは右腕を左の二の腕に置き、無くなったその先の感触を思い出すようにさする。
    「確かに『バイオレット』君の腕は確かだ。こちらへ引き入れた時から、その才能は目を見張るものがあった。
     とは言え私の指導をまだ、十分に受けたわけではない。彼女はまだ、伸びるところがある。逆に言えばまだ、十分に鍛えられていない。そこが彼女の、今回の失敗につながったのだろう。この問題は今後、私の指導を継続して受けていけば解決できるはずだ。
     そしてキリア君、君はモエ君以上に力を持った、非常に優秀な戦士だ。『プリズム』の中で、フローラやミューズに並ぶ強さを持っていることは、この私が保障する。モエ君が勝てる相手に遅れを取ると言うことはまず無い、そう断言しよう。それでは不満かね?」
    「……」
     キリアは唇をきつく噛み、無言でうなずいた。
    「……そうか」
     モノは椅子から立ち上がり、壁にかけてあった剣を手に取った。
    「私の言を聞いてなお不満を持つと言うことならば、教えねばなるまい」
    「え……」
    「それからキリア君」
     モノは鞘から剣を抜き払い、手首を利かせてひらひらと振る。次の瞬間、キリアの髪留めが剣の先に弾かれ、三つに分かれて砕け散った。
    「……!」
    「片腕になったとは言え、残ったもう一方の腕にはまだ、『阿修羅』が棲みついている。十分な指導ができない、と言うことは無い。安心したまえ」
     モノはそう言って床に落ちた鞘を蹴り上げ、器用に剣を納めた。
    「ついて来なさい。君が知りたいと言う技を教えよう」
    「……はい!」
     キリアは深々と頭を下げ、モノの後についた。

    「うっ」
     ほぼ同じ頃、殺刹峰の医務室。
    「なーに泣きそうな顔してんのよぉ」
    「……いえ、薬がしみただけです」
    「我慢しなさぁい」
     オッドが作戦から戻ってきたモエの手当てをしていた。
    「はい」
    「……しっかし、ひどい顔ねーぇ。折角いい顔してるのに、そのおでこから左頬まで達する、ふっかぁい傷跡。火傷と刀傷がない交ぜになって、ちょっとグロテスクよぉ」
    「……」
    「一体、どうしたのぉ? ……あ、あーあー」
     オッドは咳払いをし、その質問を撤回した。
    「覚えてない、のよねぇ?」
    「はい。……ここに来る前のことは、何も」
    「そーそー、そーだったわねぇ。……でもやっぱり気になるわねぇ、その傷。医者として、とーっても興味深いわぁ」
    「あの、あまり見ないでください……。私にとってこの傷は、鏡を見ることさえ嫌になるようなものなのです」
    「……あ、ゴメンねーぇ。ま、とりあえず気休め程度だけどぉ、皮膚病に効く塗り薬あげちゃうわねぇ」
    「……ありがとうございます」
     モエは静かに頭を下げる。オッドは薬を探しながら、彼女に背を向けてぺろりと舌を出した。
    (あーぶない、危ない……。『昔の』コトにあんまり深く突っ込んじゃ、『洗脳』が解けちゃうトコだったわぁ。
     より従順な兵士を作るための、記憶封鎖――えげつないわねぇ、ホント。……ま、アタシも人のコトは言えないけどねーぇ)
    「ドクター?」
     思いふけっていたせいで、いつの間にかオッドの手は止まっている。
    「あ、あーらゴメンなさいねぇ。ちょっと考えゴトしてて。……いやねぇ、その傷。刀傷と火傷を同時になーんて、アレみたいってねぇ、ちょこっと思ったのよぉ」
    「アレ、と言うのは?」
    「ほら、央南のアレよぉ。あの、えーと、火を使う剣術。何だったかしらねぇ?」
     オッドが何の気なしに言ったその言葉に、モエの頭の中のどこかで、何かが瞬いた。
    ――貴様に刀を握る資格など無い!――
     その瞬きはほんの一瞬だったが、背の高い女がモエに向かってそう叫んでいたのを、ぼんやりとだが思い出した。
    (……誰?)
     思い出そうとしたが、傷口にふたたび塗られた消毒薬があまりにもしみたので、すぐに忘れてしまった。

    蒼天剣・紫色録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【蒼天剣・紫色録 4】へ
    • 【キャラ紹介;公安組(第5、6部)】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    「迷える子羊」と言う表現がありますが、
    洗脳にかかりやすい人は概ね、この言葉に当てはまるタイプなのだろうなと思います。
    どこにも拠り所が無く、非常に不安定な状態。
    どれだけ胡散臭くても、信じられるものがあるのとないのとでは、
    心の在りようは大きく違うでしょうね。

    構成員たちを絶対的に信じさせ、記憶を封じた現在の殺刹峰でもなお、
    その洗脳は続いています。
    これからもずっと、自分たちの都合いい駒でいてもらうために。

    NoTitle 

    洗脳・・・兵士・・・たしか必要悪な部分もあると思います。
    その時代、その世界観によっては。
    最近ではオセロがありますけど、精神って結構不透明と言うかなんというか・・・。性格もあるのもかもしれないですし、うつ病は最近の精神療法は医学的にも解明されていますが・・。一番重要なところが解明されていないところもありますよね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・紫色録 4】へ
    • 【キャラ紹介;公安組(第5、6部)】へ