FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・九悩録 4

     ←蒼天剣・九悩録 3 →蒼天剣・九悩録 5
    晴奈の話、第324話。
    成り行きリーダー。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     黒白戦争の直後から499年の今年までに、世界全体で大火の暗殺が試みられた回数は、中央政府軍が把握しているものだけでも50回以上に上る。
     理由は様々――名のある奸雄を倒して名声や栄光を得ようとする者、1兆もあると言われる莫大な財産を狙う者、秘術や神器を得ようとする者。
     そして――。
    「彼奴がこの白亜城に出入りする限り、官憲は、貴族たちは、そして我が軍は堕落し、思考停止を続け、今の腐敗はさらに根深くなるばかりだ!
     今こそ、あの『黒い悪魔』を排除すべし!」
    「排除!」「排除!」「排除!」
     この作戦を企画した少佐の扇動に、兵士たちが沸き立つ。その様子を一歩離れて見ていたドミニクは、他の兵士たちのように声を上げることなく、黙々と考えていた。
    (こんな集まりなど、麻薬と変わらん。あの悪魔に対する恐怖心を、無理矢理にごまかしているだけだ。
     まずするべきは、検討と思索だ。悪魔を倒すのだぞ? 自分たちの正当性だの意義だのを叫ぶ前に、考えねばならぬことはいくらでもあるはずだ。だのに隊長をはじめ、誰も彼も一切、触れようとしない。
     まさか、何も考えていないのか……?)
     ドミニクの予想通り、少佐はここで会議を切り上げようとした。
    「では各自、英気をよく養っておくように! 詳細は追って報せる! それでは、解散!」
    「待ってください、少佐殿」
     あまりに考え無しの振る舞いを見せる少佐に呆れ、ドミニクは手を挙げた。
    「何だ、ドミニク大尉」
    「作戦の概要は? さわりだけでも説明をいただけた方が、我々の意気・意欲も盛り上がると思うのですが」
    「何を言う? 悪魔を倒す、それだけでも意欲が沸くと……」「それだけではありません。この作戦に失敗すれば、我々全員の命が危ないのです。生きるか、死ぬかのどちらかしかない。
     あの悪魔は己に刃を向けた者を赦すような、温厚な性情はまったく持ち合わせていないと聞いています。負ければ確実に殺されます。逃げようとしても無駄でしょう」
     ドミニクの主張に、浮かれていた兵士たちは一転、不安げな表情を浮かべ始めた。
    「……そう、だよな」「悪魔だもんな」
     兵士たちは少佐に顔を向け、じっと見つめる。ドミニクもキッとにらみつけつつ、淡々とした口調を作って尋ねた。
    「まさか、何も考えずに立ち向かうおつもりですか? 我々の命を無謀な作戦に、無闇に放り込んで、それで安易に勝てるとお思いではありますまい?」
    「い、いやっ! 勝てるはずだ! 我々は正義のために立ち上がるのだ! 神が我々を助けぬはずが無い!」
     まだ愚かしいことを唱えようとする少佐に怒りを覚え、ドミニクは怒鳴りつけた。
    「何を馬鹿な! 今まで正義の名の下に負け、死んだ者はいくらでもいる! 正義や祈りは力ではない!
     神頼みで戦争に勝てると言うのならば何故、黒白戦争は天帝家の、すなわち天帝教の勝利で終わらなかったのだ!? 今までにカツミを狙った者が皆、一瞬たりとも神に祈らなかったと思うのか!?」
    「う、う……」
     ドミニクは怒りに任せ、少佐を突き飛ばした。
    「ぎゃっ!? な、何をする貴様っ!?」
    「お前では話にならん! お前の無謀な指揮では、例え10万の兵を以って戦ったとしても、カツミを討てるわけが無い!」
     場の雰囲気は完全に、ドミニクに呑まれていた。先程まで少佐に目を向けていた兵士たちは、今はドミニクに対し、熱い視線を送っている。
    「大尉、貴様……」
     まだ少佐が何か言おうとしたが、今度は兵士たちがそれを黙らせた。
    「うるさい!」「ひぎゃ」
     兵士たちに殴り飛ばされ、少佐は気絶した。どうやら頭でっかちの技術将校だったらしく、簡単に白目をむいてしまった。
    「大尉! 我々は皆、あなたに全権を任せます!」
    「……そうか」
     ドミニクは一瞬、逡巡した。元々この作戦には乗り気ではなかったし、何より自分の厄、「9」が付く時期である。
    (できるならこんな愚行は、やめさせたいのだが)
     しかし上官を殴り倒し、兵士たちからは今、絶対の信頼を寄せられている。
     ここで断れば上官は黙っていないだろうし、ここまで自分を信頼してくれた兵士たちを、ひどく落胆させてしまうことになる。
    (仕方なし、……か)
     ドミニクは深くうなずき、重々しく口を開いた。
    「ああ、やろう」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.07.28 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・九悩録 3】へ
    • 【蒼天剣・九悩録 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    合成の誤謬と言うのか、大局的に見れば、
    ドミニクは本気でやめたかったと思います、この作戦。
    相手の絶対的な強さに比べて、こちらは考えの浅い雑兵揃い。
    負け戦になるのは間違いないですから。
    ただ、(将校はともかくとして)兵士たちの気概、熱意に触れて、
    このまま反故にするには、あまりにも忍びなかったんでしょう。
    「間違っていても、やるしかない」
    ドミニクの葛藤は、この一言に尽きますね。

    NoTitle 

    立場はありますよね。
    恩もあります。
    信頼もあります。
    それを壊さずに生きていきたい。
    そう思うと従うままは楽で良い。
    そう思うか、思わないか、ドミニクさんの葛藤は良く分かります。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・九悩録 3】へ
    • 【蒼天剣・九悩録 5】へ