FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・九悩録 9

     ←蒼天剣・九悩録 8 →キャラ紹介;クラウン、オッド、モノ(第5部、第6部)
    晴奈の話、第329話。
    思いもよらない話。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
     ドミニクはいつからか、自分を「モノ」と呼ばせるようになった。
     ウィッチから聞いた「陰陽」の思想が余程気に入ったらしく、己を「混然一体の者」――「モノ(単一)」としたのだ。

     モノは大陸中を駆け回り、殺刹峰のために働いた。表面上は単なる犯罪者、単なるならず者として活動し、「大火を倒す」と言う本来の目的を覆い隠した。
     殺刹峰全体としても同様に本懐をぼかし、普通の犯罪組織、普通のならず者集団として、世間の目を欺いてきた。
     そしてモノが加入してから17年が経った、双月暦519年。大火襲撃の準備は、最終段階に来ていた。優れた素質を持つ者たちに訓練を付けさせ、魔術や薬品によって強化を施した超人たちの部隊、「プリズム」は9部隊編成となった。
    「9」を味方に付けたモノにとって、この時点でのプリズムはこれ以上無い、理想的な体制となっていた。

     だが、後一つだけ足りないものがある。それは「実戦の経験」である。
     一個の「戦士」にとって、経験はどんな武器や技術よりも重要な装備なのだ。仮に最終目標である大火とプリズムが、実力では伯仲していたとしても、大火には数百年もの戦闘経験がある。
     このままぶつかればどうなるか、モノには容易に予想が付いていた。
    (最終計画の実行までに、少しでも戦闘の経験を積ませなければ。
     プリズム9名の実力は既に、私のそれをはるかに凌駕するまでに至った。だが、彼らのほとんどは私に敵わない。経験も加味した上での総合力は、私に到底及んでいない。……それは即ち、大火にも及ばないことを示唆している。
     それではまったく無意味なのだ……! もし彼らがこのまま進化、成長しなければ、この17年はすべて無駄になる!
     もっとだ……! もっと皆に経験を積ませなければならない!
     これは最終訓練なのだ――プリズム9名にとっての)



    「……とまあ、これがヴァーチャスボックスで手に入れた情報と、俺たちが今まで集めてきた情報を合わせた上での、俺の仮説だ」
     バートの長い説明を聞き終え、ジュリアは深くうなずいた。(ちなみにシリンと小鈴は話が長すぎたため、眠ってしまっている)
    「殺刹峰の本当の狙いがカツミ、……ねぇ。
    『阿修羅』が起こしたと言う暗殺事件は、私も耳にしたことがあるわね。確かに私も、バニンガム伯の暗殺失敗以後、『阿修羅』が一時期姿を消したと聞いているわ。
     でも、その仮説は飛躍しすぎじゃないかしら。今も伯爵は、親大火派なわけだし」
    「それだけじゃない。他にもいくつか、『阿修羅』とバニンガム伯のつながりを示すものはある。ま、それに関しては議題と外れるからここでは論議しねーけど、ともかくこの仮説は俺なりに確信があるんだ。
     間違いなく、殺刹峰の最終目標はタイカ・カツミの暗殺にある。そして俺たちを襲ってくるのも、単に邪魔者ってだけじゃなく、大規模な実戦訓練の一環なんだろう。もし邪魔ってだけなら、ウエストポートに到着した時点で攻撃すりゃ良かったんだからな」
    「……うーん」
     まだ納得行かないらしく、ジュリアは視線をバートから、机上の資料に落とした。
     と、ここでフォルナが手を挙げる。
    「会議も長くなりましたし、少々本題から外れてきているご様子ですし、ここで一旦、休憩をとってはいかがかしら?」
    「……そうね、休憩しましょう。下でお茶でも飲みましょうか。
     ほらコスズ、起きて」
    「んえ?」
     ジュリアはすっかり爆睡していた小鈴を揺り起こす。フォルナはジュリアの横に立ち、微笑みかけた。
    「わたくしもご一緒しようかしら。ほら、シリンも起きて」
    「あ、じゃあ僕も」
     そう言って立ち上がりかけたエランに対し、フォルナはぷいと横を向いた。
    「女同士でお話したいことがありますの。殿方はご遠慮願いたいのですけれど」
    「あ、……はい」
     エランはしょんぼりした様子で、席に座り直した。

     フォルナはジュリア、小鈴、シリン、晴奈の4人を連れて1階の食堂に入った。
    「フォルナちゃん、何かあるんでしょう?」
     ジュリアは小声でフォルナに耳打ちする。
    「ええ、お察しの通りですわ」
    「一体何だ?」
     尋ねてきた晴奈を、フォルナはじっと見つめる。
    「セイナ、わたくしの質問に答えて?」
    「え?」
    「わたくしが今かぶっている、白いモコモコの帽子。これはいつ、どこで買ったものかしら?」
     晴奈は面食らった様子を見せるが、素直に答えてくれた。
    「え……と、それは確か、ゴールドコーストでロウに初めて会おうとした時、付いてきたお主が機嫌を損ねたことがあっただろう? その時、機嫌を直そうと思って買った品だった」
    「本物ですわね」
    「は?」
     晴奈は何が何だか分からない、と言う顔をしている。続いてフォルナは、小鈴に指示を送った。
    「コスズさん、『鈴林』さんに何か声をかけてくださらない?」
    「え、いーけど? ……『鈴林』、元気?」
     小鈴が椅子に立てかけていた「鈴林」が、ひとりでにしゃらんと鳴る。
    「こちらも、本物ですわね。……シリン、この字はなんと読むのかしら?」
     フォルナは紙に「鱈」「鰤」「鱸」と言う字を書く。
    「たら、ぶり、すずき」
    「本物ですわね」
    「……シリン、こんなの読めんの? 文字読めないっつってたじゃん。しかも央南語だし。アタシにも読めないわよ」
     横で見ていた小鈴が呆れた声を上げた。
    「へっへー、食べ物系はちょー得意やねん。アケミさんにも教えてもろたし」
    「逆に、シリンくらい興味が無ければ、なかなか読めませんわね」
    「それでフォルナちゃん、私には何を質問するのかしら?」
     察しのいいジュリアに、フォルナはにっこりと笑いかけた。
    「バートさんと知り合った場所はどちら?」
    「……そんなこと、教えたことあったかしら?」
    「ございませんわ。まあ、ジュリアさんも本物だと分かっておりましたけれど」
     そこでようやく、他の三人もフォルナの質問の意図が分かった。
    「偽者がいる、と?」
    「ええ。少なくとも今、上に1名偽者が紛れ込んでいらっしゃいますわ」
     フォルナの言葉に、晴奈たちは目を丸くした。

    蒼天剣・九悩録 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.07.28 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・九悩録 8】へ
    • 【キャラ紹介;クラウン、オッド、モノ(第5部、第6部)】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    例え最初は自分の本懐では無かったとしても、
    悪の道に堕ちたとしても、自分に課せられた使命を全うしようとする志。
    ダークヒーローですね、言うなれば。

    前半部終了、お疲れ様です。
    イラストいただきました。ありがとうございます。
    これからもよろしくお願いします。

    NoTitle 

    相変わらずのドミニクの奮闘ぶりがかっこよいです。
    ・・・最近はなかなか読めずすいません。
    仕事がね・・・忙しいのとトラブル続きでですね。。。
    余力が・・ないんですよ。。。

    それはそうと。
    GH1900年前半部終わりました。
    今まで読んで頂き誠にありがとうございます!!
    ユキノの新作カットも公開しているので、またコピーしてくださいませ。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・九悩録 8】へ
    • 【キャラ紹介;クラウン、オッド、モノ(第5部、第6部)】へ