FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・藍色録 2

     ←蒼天剣・藍色録 1 →蒼天剣・藍色録 3
    晴奈の話、第331話。
    解答。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「こんなお話がありますわ。
     子猫の歩く先に、小さなパンがあります。子猫はそれを、喜んで食べてしまいます。
     そして少し歩くと、またパンが。さらに歩くと、またパン。
     そうしてパンをずっと食べ歩くうち、子猫は今にも崩れそうな橋の真ん中に誘い込まれ、立ち往生してしまう、……と」
     フォルナの話を聞いたジュリアはのどの渇きを感じ、水を一気に飲み干す。
    (20にも満たないこんな女の子が、よくこんな怖いことを考えるわね……)
    「わたくしたちは恐らく、このお話の子猫の状態にありますわ。でなければバートさんの仰っていた通り、ウエストポートで襲撃を受けていたはず。なのにそれが無く、散発的な攻撃しかしてこない。……誘ってらっしゃるのでしょうね」
    「敵が、わざと自分たちのところへと? 何のために?」
    「確実に仕留めるためですわ――自分たちの目の前で、逃がすことなく、打ち損じることもなく、確実に死んでもらうために」
    「どうしてそこまですると思うの? 考えすぎじゃない?」
     フォルナも水を飲み、ジュリアの目をじっと見つめる。
    「殺刹峰で兵の指導、司令に当たっているのはドミニク元大尉と言う方でしょう? その方は確実にカツミを仕留めるため、一ヶ月以上に渡って策を練り、作戦中もご自分で戦っていたと聞きました。
     そこまでなさるような方が、自分の目の届かないような場所で、他人に任せきりになさるでしょうか?」
    「むう……」
     フォルナの言うことももっともである。四人はうなるしかなかった。
     と、ここでシリンが手を挙げる。
    「なー、フォルナ。結局偽者って、誰なん?
     フェリオも、バートも、ナラサキさんも、エランも、ウチらも本物ってコトやったら、もう残ってるのフォルナしかおらへんやん」
    「わたくしは本物ですわ。今までの話は、最後までだまし通さなければならないのが前提ですもの。なのにそれをばらしてしまうと言うのは、矛盾してしまうでしょう?」
    「疑心暗鬼にさせて内側から瓦解させる、ってのも手だと思うけどね」
     小鈴の指摘を受けたフォルナは、ふるふると首を振る。
    「それなら、ノートは偽物でも構わないと言うことになりますわ。書かれていた内容は本物でしたのでしょう?」
    「……ま、確かに」
    「じゃあ、一体誰が偽者なの?」
     異口同音に尋ねられ、フォルナはようやく真相を明かした。
    「……わたくしがはっきり『本物』と言っていない人物が、一名いらっしゃいますわ。
     それに、ジュリアさんとバートさんのところにも支援が来ているのに、わたくしのところに来ないと言うのは理屈に合いませんわ」
    「その偽者がつまり、支援なわけだな」
     そう言った晴奈は、首をかしげた。
    「……ん? ……まさか」
    「ええ、その通りですわ」



     次の日情報収集に出かけた三班は、ある一名をわざと人通りの多い通りで引き離した。
    「あ、あれ?」
     彼はきょろきょろと辺りを見回す。
    「セイナさーん? フォルナさーん? ど、どこ行っちゃったんですか?」
     それを隠れて見ていた晴奈とフォルナは、他の班にそっと指示を送る。ジュリア班、バート班はそれに応え、静かに彼を監視し続ける。
    「……」
     晴奈たちの姿を探す振りをしていた彼は、突然無表情になる。そして、突然走り出した。
    《追うわよ!》
     ジュリアの指示に全員が従い、彼に気付かれないよう追いかけた。
     彼は街外れまで走り、そこで立ち止まる。
    「いらっしゃいますか、『インディゴ』様」
    「はい、ここですけど」
     彼のその声は、どう聞いても「彼」の声ではない。
    「今日の報告です。奴ら、ヴァーチャスボックスで手に入れた情報を元に、捜査を始めたようです」
    「なるほど。他には?」
    「え? いえ、特には」
    「あると思いますけど。……後ろ」
    「……!」
     彼が振り向いた先には、晴奈たち8人が立っていた。
    「あなたは一体、誰ですの?」
     彼――エランの顔と格好をしたその人物は、その顔をこわばらせた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・藍色録 1】へ
    • 【蒼天剣・藍色録 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・藍色録 1】へ
    • 【蒼天剣・藍色録 3】へ