FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・藍色録 3

     ←蒼天剣・藍色録 2 →蒼天剣・藍色録 4
    晴奈の話、第332話。
    お調子者のカメレオン。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「エラン」と青い髪の猫獣人は、晴奈たちを前にして硬直している。
    「……何でばれたんだ?」
    「わたくしが良く見知っているエランは、左利きですわ」
     フォルナは左手を挙げ、説明する。
    「一昨日、一緒に食事をした時。わたくしの左に座っていたあなたと、手がぶつかりました。左利きのエランなら、手が当たるはずがありませんもの」
    「……そこか、くそっ」
    「エラン」は舌打ちし、帽子を地面に叩きつける。その素行の悪さは、どう考えてもエラン本人ではない。
    「もう一度聞かせていただきますわ。あなたは、誰?」
    「……そこの猫侍さんなら知ってるさ。昔、戦ったことがあるからな」
    「エラン」は地面に叩きつけた帽子を拾い直す。
    「何?」
     だが、晴奈にはその男の正体が分からない。
    「私と、戦ったと?」
    「そうだよ、忘れたのか? ……ああ、こんなハナタレ坊ちゃんの顔じゃあ、分かんねーよな」
     そう言って「エラン」は顔で帽子を隠した。
    「……ほらよ、これで思い出しただろ?」
     帽子をどけた顔は、央南人じみたエルフの顔だった。それを見た晴奈の脳裏に、古い記憶が蘇ってきた。
    「……見覚えがある。そうだ、確か篠原一派と戦った時に見た覚えがある。名前は、……柳、だったか」
    「ヒュー、覚えててくれたか。嬉しいねぇ。……でも、それも偽名だ」
    「エラン」はまた、顔を隠す。今度は篠原の顔になった。
    「なっ……」
    「俺は何者でも無い。誰でも無い」
     また顔を変える。今度は天原の顔になった。
    「……誰にでも化けられる。擬装(カモフラージュ)できる」
     天原の顔でニヤリと笑い、また顔を隠す。
    「人は俺を、『カモフ』と呼ぶ」
     今度は晴奈の顔になった。それを見た晴奈は憤り、声を荒げる。
    「ふざけるなッ! 私の顔でしゃべるな!」
    「ククク……。『ふざけるなッ! 私の顔でしゃべるな!』」
    「なに……!?」
     カモフが叫んだのは、つい先程晴奈が怒鳴ったのとまったく同じ言葉と声だった。
    「どうだ、驚いたろ? 俺は一度見た奴なら、誰にでも化けられるんだ」
     カモフは依然、晴奈の姿でニタニタと笑う。その仕草に、晴奈の怒りは頂点に達した。
    「ふざけるなと……、言っただろうがッ!」
     一足飛びに間合いを詰め、カモフに斬りかかろうとする。
     が、それまで傍観していた青い「猫」が、晴奈の前に立ちはだかった。
    「ここで動けば、ろくなことにならないと思いますけど」
    「何だと?」
     青猫は涼しげな青い瞳を晴奈に向け、静かになだめる。
    「エランさんは、まだ生きてらっしゃいます。けど、ここで下手なことをすれば、死んでしまうかも知れません。それでもいいと仰るなら、僕は退きますけど」
    「……くっ」
     晴奈は怒りを抑え、元の位置に戻る。その間も、カモフは晴奈の姿でくねくねと動き、挑発している。
    「『あたし、セイナ、とっても、かっこよくって、かわいい、サムライちゃん、みたいな』」
    「貴様ああ……ッ」
     晴奈は顔を真っ赤にして怒っている。流石に見かねたらしく、青猫がカモフを諭した。
    「カモフ、話が進みません。それ以上ふざけていたら、僕が怒ります。それでもいいなら、存分にセイナさんを挑発してもいいですけど」
    「……すんません」
     青猫が一言たしなめただけで、カモフはすぐに黙った(依然、晴奈の姿であるが)。
    「困りましたね、それにしても。まさかこんなに早く、カモフの正体がばれてしまうなんて思いませんでした。
     まさかこのまま、僕たちの計画に付き合ってもらうなんてできないでしょうし、かと言ってこのまま帰還すれば、ドミニク先生から怒られるでしょうし」
     青猫の独り言を聞き、バートが反応する。
    「ドミニク……! やっぱりいるんだな、ドミニク元大尉が」
    「……おっとと」
     青猫は困った顔で、口を隠した。
    「いけないいけない。ついしゃべりすぎました。……どうしましょうかね、本当に」
    「提案がありますわ」
     フォルナが一歩前に出て、青猫と対峙する。
    「何でしょうか?」
    「わたくしたちと手を組めば、解決しますわ」
    「え……?」
     フォルナは目を丸くする青猫に構わず、とうとうと語る。
    「わたくしたちはこのまま、あなた方の計画に乗せられた振りを続けます。それなら、ドミニク元大尉のお怒りを受けずに済むでしょう? その代わりに、エランの無事と情報提供をお願いしたいのですけれど」
    「……あの、確かお名前、ファイアテイルさんでしたよね。
     ファイアテイルさん、勘違いされては困ります。別に、あなた方の提案を呑まなければいけない、と言うことは無いんですけど」
     青猫は困った顔で、フォルナとの距離を詰め始めた。
    「だってやろうと思えば、あなた方をここで、3、4人殺すことも可能なんですから。下位の人間と交渉なんて、する意味がありませんよ」
     青猫はそっと、フォルナの顔に手を伸ばしてきた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    「左利き~」のくだりは、僕の体験談です。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.08.04 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・藍色録 2】へ
    • 【蒼天剣・藍色録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    そうらしいですね。
    実体が無い、というのはこれ以上無いくらいの秘匿性を有しますからね。

    NoTitle 

    誰でもない。。。ということはありますよね。
    忍びにしても、そうですよね。
    かのシャーウッドのロビン・フットも集団での名前であって、個人の名前はなかったですからね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・藍色録 2】へ
    • 【蒼天剣・藍色録 4】へ