FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・緑色録 1

     ←蒼天剣・藍色録 6 →蒼天剣・緑色録 2
    晴奈の話、第336話。
    迎撃準備。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「ひっどいわねぇ……」
     オッドが困った顔で診察台の前に座っている。
    「すみま、せん、ドクター」
    「しゃべらなくていいってばぁ。怖いじゃないのぉ」
     診察台に横たわっているのはネイビーである。シリンの蹴りで顔を壊されたため、オッドの診察を受けている最中なのだ。
    「コレが人間だったら、顔面裂傷、右眼球欠損、頚椎・顎骨・頭蓋骨骨折……、頭が弾けてる致命傷よぉ? ……ホントにもう、潰れたトマトみたいになっちゃって。
     ともかくウィッチ呼んだから、安心しなさぁい」
    「はい」
     オッドはカルテを書きながら、ブツブツと愚痴をこぼす。
    「ミューズも腕吹っ飛ばされて帰ってくるし……。
     トーレンスがもっと積極的に集中攻撃やってくれれば、こんな風に大ケガ負うコト無かったのにねぇ」
    「心配し、てくれ、るんですね、ドクター」
    「しゃべんないでってばぁ」

    「知ってるー?」
    「プリズム」が集まる訓練場で、ペルシェとレンマ、そして黄色い僧兵服に身を包んだ短耳の少年が会話している。
    「何を?」
    「ネイビーさんとー、ミューズさんがー、大ケガ負っちゃったみたいー」
    「大ケガって、どのくらいの?」
     レンマが尋ねると、ペルシェは自分の顔に掌を乗せて説明する。
    「何て言うかー、ミューズさんはドミニク先生みたいになっちゃってー。それとネイビーさんはー、この辺りがぜーんぶ壊れちゃったってー」
    「どう言うこと?」
     聞き返してきたレンマに、少年が答える。
    「聞いたんですけど、何でもミーシャって女の人の、その、ソバットって言えばいいのかな、そんなのを顔に受けたみたいです」
    「へぇー。でもネイビーさん、半人半人形(ドランスロープ)だったよね? 確か8割くらい人形だって。それなりに体もいじってあるんじゃ」
    「それだけー、すっごい蹴りだったってコトだよねー」
    「敵も、強いんですね」
     少年が不安そうな顔をする。それを見たレンマがニヤニヤ笑って、少年の肩に手を置いた。
    「大丈夫だって、ジュンなら。まだ子供だし、手加減してもらえるよ」
    「こ、子供じゃないですよ。もう14です」
    「まーだ、14だよー」
    「もう、ペルシェさんまで……」
     ペルシェにからかわれ、少年――ジュンは口をとがらせてうつむいた。
     と、そこに彼らの教官であり総司令官でもあるあの片腕の男、モノが現れた。
    「皆、少し時間が取れるか?」
    「あ、ドミニク先生」
     三人は敬礼し、足早にモノの前に集まった。
    「どうしたんですかー?」
    「カモフ君が敵の手に落ちた」
    「何ですって?」
    「『インディゴ』への連絡の際、敵に襲撃されたのだ。現在『インディゴ』は……」「あ、聞いてますー。大ケガしたってー」
     ペルシェの言葉に、モノは小さくうなずく。
    「そうだ。その際にカモフ君は正体が割れ、敵に拘束されたと言う。現在は恐らく、敵に情報を渡しているだろう」
    「そんな……。カモフさんなら、そんなことしないと……」「レンマ君」
     モノはレンマに顔を向け、無言・無表情でじっと見つめる。
    「……はい」
    「敵に関する物事は、常に最低最悪を想定しなければならない。楽観的観測は単なる願いや希望であり、事実をぼかしているだけだ。
     状況が的確に判断できなければ、それはいずれ、己の足をすくうことになる」
    「すみませんでした」
     レンマが頭を下げたところで、モノは話を再開する。
    「敵は恐らく10日以内に、イーストフィールドの移動法陣を襲撃してくるだろう。
     敵が我々の陣地に近付いてくるのは結構だが、内部に踏み入られては困る。その一歩手前で倒すか、防がねばならない」
    「つまりー、イーストフィールドの移動法陣の前でー、敵さんを撃退しちゃえばいいんですよねー?」
    「そう言うことだ。
     今回出向いてもらうのは3部隊。『マゼンタ』、『カーキ』、そして『イエロー』だ。ヘックス君をサポートする形で、レンマ君とジュン君に働いてもらう」
    「了解しました!」
     意気揚々と敬礼するレンマに対し、ペルシェはぶすっとした顔をする。
    「えー、あたしは待機ですかー?」
    「ああ。ジュン君の術との相性を考え、今回の出動は無しだ」
    「……はーい、分かりましたー」
     ペルシェはがっかりした顔をしたが、素直に引き下がった。
     と、ここでモノはジュンの顔色が悪いことに気が付いた。
    「不安か、ジュン君」
    「は、はい」
    「大丈夫だ。今回の任務はあくまでサポート、後方支援であり、君が前面に出張って戦うようなことは無い。安心して臨みたまえ」
    「わ、分かりました」
     そのやり取りを聞いていたレンマが、茶々を入れてくる。
    「先生、最低最悪を想定しろって言ってませんでしたか?」
     それに対し、モノはにこっと笑って返した。
    「敵に関しては、だ。味方を信じなくてどうする?」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.08.04 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・藍色録 6】へ
    • 【蒼天剣・緑色録 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・藍色録 6】へ
    • 【蒼天剣・緑色録 2】へ