FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・緑色録 2

     ←蒼天剣・緑色録 1 →蒼天剣・緑色録 3
    晴奈の話、第337話。
    敵の苦悩。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「うーん……」
     モールがフェリオの左腕を見てうなっている。
    「私の術だけじゃ、完治しないか」
    「みたいっスね。……また手、取れたりするんスか?」
     モールが使った癒しの術によって完治したはずの左腕に、真っ青な手形が浮き出ている。紛れも無く、ネイビーの毒である。
    「取れるどころか、ほっといたら死んじゃうかも知れないね」
    「げ……」
     モールは指折りながら計算し、予想を伝える。
    「でも、最初の毒とは違うタイプかも」
    「そうなんスか?」
    「こっちは多分、ゆるやかに全身を蝕んでいくタイプ。手ぇ落とされてガックリ来たところに、二番目の毒で苦しんで死亡。えげつないにも程があるね。
     2日でそんだけ広がってるから、このペースで行くと数週間後にはその毒、全身に回るかも」
    「マジっスか……」
    「ともかく、だ。デカ目猫君はココで安静にしてなきゃダメだね。変に動き回ったらそれだけ、毒が早く回ってくる」
    「……そうっスか」
     フェリオはガックリとうなだれ、自分の腕をさすった。

     イーストフィールドに向かう直前になって、フェリオが体の異変を訴えてきた。モールの診察により、彼はクロスセントラルで待機することになった。
    「向こうのアジトに行けば、解毒剤も手に入るかも知れないからな。ここでカモフ見張りながら安静にしてろよ」
    「了解っス」
     意気消沈した顔で敬礼したフェリオを見て、シリンが手を挙げた。
    「はいはいはーい。ウチもこっちに残りまーす」
    「はぁ!? 何寝ぼけたこと言って……」「いいえ、バートさん」
     却下しようとしたバートをさえぎり、フォルナが口を開く。
    「シリンはこちらに残った方がよろしいでしょう」
    「何でだよ?」
    「考えてみなさい、バート」
     ジュリアもフォルナの意見に同意する。
    「敵がカモフを奪還しようと、ここに攻め入ってくる可能性もあるでしょう? そんな時に半病人のフェリオ君だけじゃ、心許ないわ」
    「……そっか。言われりゃ、確かにな」
    「ほな、そーゆーコトでよろしゅー」
     嬉しそうにニコニコしているシリンを見て、バートはやれやれと言う感じでうなずいた。
    「ま、しゃーねーか。……っと、そう言やセイナは?」
    「バート班の部屋にいらっしゃいますわ。カモフ氏と話がしたいそうなので」

     晴奈は椅子に縛り付けられ、布袋をかぶったカモフと二人きりで向かい合っていた。
     カモフから「自分の扁平な顔は誰にも見られたくない」と懇願されたので、布袋に目出し用の穴を開け、それを彼にかぶせてあるのだ。
    「俺に何を聞きたいんだ?」
    「篠原一派のことだ。お前はあの時ロウ……、ウィルバーに倒され、あのまま焼け死んだものと思っていたが」
    「ああ、何とか生きてた。で、その後来てくれたオッドさんとモノさんに助けてもらって、そのままアジトから脱出したんだ」
    「なるほど。……と言うことは、行方不明になっていた篠原一派の者たちは、お前たちが?」
     カモフはうつむきながら、その後のことを語った。
    「ああ。俺たちが運び出して洗脳し、半分は売った」
    「半分? 残りは?」
    「殺刹峰の兵士になってる。洗脳で記憶を消し、無意識的に従うように暗示をかけてあるんだ」
    「……反吐が出るな」
     晴奈は首を振り、短くうめいた。
    「人間を何だと思っているのか!」
    「上の奴に取っちゃ、ただの収穫品。ジャガイモや大根みたいなもんさ」
    「ふざけたことを……」
    「俺もそう思ってるよ。……俺も、記憶が無いんだ」
    「何?」
     下を向いていたカモフが顔を挙げ、晴奈をじっと見る。
    「俺は今24ってことになってるけど、12歳から前の記憶はまったく出てこないんだ。洗脳されたってことには20の時、アンタと戦う1年前に知ったんだ。
     でもそれを知って、殺刹峰に憤慨しても、決別しようとしても……」
     またカモフの頭が下がる。
    「……何も持ってないから、逃げ場も行くところも無いんだ。
     結局俺は真相を知ってからもずっと、殺刹峰にいる。俺も殺刹峰の、操り人形なんだ」
    「そうか……」
    「……そうだ、コウ。トモミのこと、覚えてるか?」
    「トモミ? 楓井巴美のことか?」
    「アンタ、記憶力いいなぁ。……そう、そのトモミだ。アイツも、殺刹峰の兵士になった」
    「なんと。では、巴美も記憶を消されて?」
    「ああ。しかも彼女、『プリズム』に選ばれた。今はモエと言う名前を与えられて、全然別の人間として存在している」
     晴奈はそれを聞き、椅子をガタッと揺らして立ち上がった。
    「何だと……!?」
    「ど、どしたんだよ、コウ」
    (ジュリア班が出会ったのは確か、モエ・フジタと言う女だったと聞いた。そしてその顔には、傷があったと……。
     まさかそれが、巴美だと言うのか……!?)
     晴奈の様子を見て、カモフはこんなことを言った。
    「はは……。アンタもつくづく、殺刹峰と縁があるなぁ」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・緑色録 1】へ
    • 【蒼天剣・緑色録 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    万能、完全無欠なモノは流石に存在しない、ということですね。

    余談ですが、基本的に作中では、
    「魔法」と言う言葉は使わず、「魔術」としています。
    これはソレが、人間が習得可能な「技術」であり、
    決して人間が操ることのできない「法則」ではない、
    と言う考えからです。

    NoTitle 

    あ~~やはりこの辺はリアリティありますね。
    手が取れて、簡単に治ったら苦労がいらないですからね。
    その辺が描かれているのが、
    ファンタジーの中のリアリティというグッゲンハイムの世界と共通してますね。
    • #849 LandM(才条 蓮) 
    • URL 
    • 2012.05/20 18:10 
    •  ▲EntryTop 
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・緑色録 1】へ
    • 【蒼天剣・緑色録 3】へ