FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・緑色録 4

     ←蒼天剣・緑色録 3 →蒼天剣・緑色録 5
    晴奈の話、第339話。
    気のいい狼兄さん。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     央北の都市、イーストフィールド。神代の昔からあると言われている街だが、その様相は時代によってコロコロと変わっている。
     天帝が降臨する前はのどかな放牧地帯だったが、降臨後は天帝の教えを受け、大規模な農業都市になった。天帝が崩御してから数年経つと他地域からの移民でにぎわい、人が集まったことで工業が活発化。そこに央中からの商人たちが目をつけて、大規模な工場を次々建設。ところが黒白戦争の間に起こったいざこざで彼らは一斉に撤退し、工業はあっと言う間に衰退してしまった。
     現在のイーストフィールドはそれらの栄枯盛衰が一周し、のどかな酪農都市に戻っている。

     その活気のあった頃の名残は、あちこちに残っている。旧市街には何棟もの住居や工場の跡地が連なっており、盛況だった当時はさぞ騒々しかっただろうと思われる。
     が、今はただの廃屋であり、不気味な静寂がその場を支配している。怪物が出ると言う噂もあり、街の者は皆近付こうとはしない。となると、こう言った場所には街に住めない犯罪者やごろつき、浮浪者などが集まるのが通例なのだが、そんな者もまったくいない。
     なぜなら「彼ら」が自分たちの秘匿性、秘密性を守るために、それらを追い払い、消してしまったからである。



    「ふあ、あ……。もうそろそろかな?」
     待ちくたびれ、あくび混じりに尋ねてきたレンマに、ジュンは半ばおどおどとしつつ同意した。
    「え? あ、そうですね。多分もうすぐ来るんじゃないですか?」
    「ジュン、お前昨日も同じこと言ったじゃないか」
     レンマはニヤニヤ笑い、ジュンの額を小突く。
    「いたっ」
    「たまには『そうですね』じゃなくて、違うこと言えよー」
    「は、はい。すみません」
     と、草色の髪をした狼獣人が、二人のところにやって来る。
    「おーい、レンマ。あんまりジュン、いじめたらアカンでぇ」
    「いじめてないよ、ヘックス。からかってるんだよ」
    「やめとけって。ジュン、困った顔しとるやん」
     狼獣人、ヘックスは膝を屈め、ジュンと同じ目線になる。
    「ジュン、どや? 緊張しとる?」
    「え、は、はい。してます」
    「言うたら初陣やもんな、これ。でも心配せんでええで、兄ちゃんがついとるからな」
    「はっ、はいっ」
     ヘックスはジュンの反応を見て、ニコニコと顔を崩した。
    「せや、リラックスやでー」
    「ヘックス、あんまりそう言うのはよした方がいいと思うよ」
     二人のやり取りを見ていたレンマがケチをつけてくる。
    「なんで?」
    「ドミニク先生も、『戦場では友人や兄弟、家族と言ったしがらみを抱えていては、弱みに変わる』って言ってたし」
    「まあ、そーは言うてはったけどもな」
     ヘックスは肩をすくめ、のんきそうに返した。
    「オレは家族とか友達、大事にするタイプやねん。それに、いつでもどこでも先生が正しいって限らへんやん」
    「何だと!」
     ヘックスの言葉が癇に障ったらしく、レンマがヘックスにつかみかかる。
    「もう一度言ってみろ、ヘックス!」
    「おいおい、ちょい待ちいや。別にオレ、『先生は間違っとる』とか『先生はおかしい』とか言うてへんやろ?
     先生の言葉借りるとしたら、『戦況は常に変わる。通常最善とされる策も、時には最悪の手に変わることもある』って、そう言う感じの意味合いで言うたんや。
     先生やって聖人君子やあらへんのやし、言うこと言うこと一言一句、ギッチギチに信じとったらアカンと思うで」
    「……ッ!」
     レンマの顔に、さらに怒りの色が浮かぶ。それを見たヘックスは、「しまったな」と言いたげな表情を浮かべた。
    「あー、まあ、人の意見は色々やし、な?」
    「ふざけるなッ!」
     レンマが怒りに任せ、ヘックスの襟をつかんでいた手に力を込めた。
    「……ホンマ、悪いねんけどやー」
     次の瞬間、レンマは1メートルほど吹っ飛んだ。
    「うげ……っ!?」
     どうやらヘックスが突き飛ばしたらしく、ヘックスは両掌を挙げたまま、困ったような顔で諭した。
    「レンマよぉ、自分もうちょっと、冷静にならなアカンのちゃうん? 先生のだけやのうて、他の人の話も聞く耳持たんとアカンのちゃうん? それこそ先生やったらそう言うてきはると思うで」
    「くそ……」
     レンマは腹を押さえ、ヘックスを見上げている。
     両者をおろおろと見つめていたジュンに、ヘックスはニコニコと笑いかけた。
    「心配せんでええって。こんなん、じゃれ合いや」
    「は、はあ……」
     と、そこに兵士が現れた。
    「失礼します! 公安がイーストフィールド北口3キロのところまで接近しているとの情報が入りました!」
    「お、そろそろやな。……ほれ、レンマ。いつまでへたり込んでんねん」
     ヘックスは突き飛ばされ、座り込んだままのレンマに手を差し伸べた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.08.04 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・緑色録 3】へ
    • 【蒼天剣・緑色録 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・緑色録 3】へ
    • 【蒼天剣・緑色録 5】へ