FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・緑色録 6

     ←蒼天剣・緑色録 5 →蒼天剣・緑色録 7
    晴奈の話、第341話。
    対魔術物質。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     モールの術で一掃され、襲ってくる敵の姿はまったくいなくなった。
     一行は廃屋の陰に回り、脚を光線に撃たれたらしい兵士が倒れているのを確認する。
    「おい」
    「う……」
     晴奈が敵の側に立ち、その脚を踏みつける。
    「ぎゃっ」
    「教えてもらおうか。移動法陣はどこだ?」
    「お、教えるもん……、うああああ」
     晴奈は足に力を入れ、きつく踏み込む。
    「素直に教えれば介抱してやる。が、言わぬと言うのならばもっと痛めつけるぞ」
     ここで力を抜き、兵士から足をどける。
    「ひーっ、ひーっ……」
    「教えるか? それとも……」
    「い、言います言います! ここから東にまっすぐ700メートル辺りのところです!」
    「よし」
     兵士を治療し、縛り上げて、晴奈たちは東へ進む。
    「あれかな?」
     一行の先に、周りの廃屋に比べて一際大きい廃工場が目に入ってくる。蔦だらけになった工場の壁には、黄色と赤で彩られ「G」字形に丸まった狐の紋章が、うっすら残っている。
    「金火狐マーク、ね。財団が昔所有していた工場かしら」
    「恐らくニコル3世時代以前に作られた軍事工場だな。ここら辺に建ってたって話は、どこかで聞いたことがある」
     警戒しつつ、一行は工場内に入る。中にあった作業機器や原料、資材の類はとっくに原形を留めておらず、広間になっていた。
    「これだけ広けりゃ、バカでかい移動法陣も楽に描けるだろうね」
    「ふむ。……ざっと見た限りでは、1階には無さそうだ」
     一通り見回り、一行が2階へ上がろうとしたその時だった。
    「セイナさーん!」
     2階へと続く階段から、レンマが駆け下りてきた。
    「……う」
     晴奈はレンマの姿を確認した途端、ざっと後ろへ下がった。
    「何で逃げるんですかぁ」
    「敵が向かってくるのだ。警戒するのが当然と言うものだろう」
     晴奈は下がりつつ、刀を構える。
    「つれないなぁ。……ねえ、仲間になりましょうよー」
     レンマが近寄ろうとしたところで、バート、ジュリア、楢崎が武器を構えた。
    「なるわけねーだろ、バカ」
    「それ以上近付けば、容赦なく撃つわよ」
    「大人しくしろ」
     途端にレンマは不機嫌そうな顔になり、杖を向ける。
    「邪魔しないでくださいよ。それとも、あなたたちも仲間に?」
    「話が聞けねーのか、そのちっちゃい耳はよ? ならねーっつってんだろうが」
     そのまま対峙していたところにもう二人、階段を下りてくる者が現れる。
     それと同時に、工場の入口や崩れた壁などからも、敵の兵士が進入してくる。
    「レンマ、その辺でええで」
    「ああ。包囲完了だな」
     レンマはすっと後退し、やってきた二人――ヘックスとジュンの側に向かう。楢崎は前後を見渡し、ふーっとため息をついた。
    「ふむ。敵は11人、こちらは7人。数の上では少々厳しいかな」
    「フン。後ろは雑魚だから、私の術で一掃してやるね。それよりもだ、問題は前の3人だね。あいつらは桁違いに強い」
     そう言われ、楢崎は前の敵3名に目を向ける。
    「ふむ。あの緑髪の『狼』は確かに強そうだ。それにさっき黄くんに声をかけていた魔術師も、強いと聞いている。……でも、あの黄色い服の子もかい?」
    「ココにいるんだ。強くないワケが無いね。……それにもう、攻撃準備は整ってる」
     モールがそう言うと同時に、その黄色い服の少年は杖を掲げた。
    「『サンダースピア』!」
     ジュンの目の前に電気の槍が形成され、モールに向かって飛んでくる。
    「甘いっ、『フォックスアロー』!」
     先程と同様の、9本の紫色に光る矢がモールの魔杖から発射され、8本は背後の兵士たちに、残り1本はジュンの放った槍とぶつかり合い、相殺される。
    「……りゃ?」
     ところが先程と違い、兵士たちにダメージを受けた気配は無い。皆、ほんのり青みを帯びて光る銀色の盾を構えており、モールの矢はそれに阻まれたらしい。
    「あの盾は?」
     その盾をいぶかしげに見つめるジュリアに、バートが答える。
    「ありゃ、ミスリル化銀ってヤツじゃねーか?」
    「ミスリル?」
    「魔術対策に良く使われる、魔力を帯びた金属の総称だ。加工次第で魔術の威力を増幅させる武器にも、逆に魔術を通さない防具にもなるらしい。
     レアメタルだし精錬や加工も難しいって話だから、滅多に出回らないって聞いてるが……」
    「全員持ってるわね。対策は万全、と言うことかしら」
     モールがため息をつき、ジュリアに向き直った。
    「ま、アレがさっき君が聞いてきたコトの答えさ。
     あーゆーの用意されたら、私だけじゃ対抗できないんだ。でも、あの手の防具は直接攻撃には弱い。矢が貫通するくらいだしね。
     だから、戦士タイプのヤツと一緒に来たかったんだよね」
     そう言ってモールは、晴奈の方に目を向けた。
     ところが既に、晴奈はヘックスと戦っている最中である。
    「……あちゃー、あっちはアテにできないか。んじゃ頼んだ、筋肉」
    「え? 筋肉って……、僕かい?」
     ぞんざいに呼ばれ、楢崎は多少憮然としたが、素直に刀を構え、兵士たちに向き直った。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.08.04 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・緑色録 5】へ
    • 【蒼天剣・緑色録 7】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    自分も楢崎さんは気に入ってるキャラですね。
    登場すること、ちょっと期待しています。

    NoTitle 

    おおう、楢崎さんが筋肉と呼ばれている・・・。
    渋いキャラクターで私個人的には好きなんですけどねえ・・・。
    まあ、グッゲンハイムで仮に登場させる場合はナイスミドルで!!
    ・・・・いつの話になるか。
    分からないですけど。
    進行が遅いですからね・・・。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・緑色録 5】へ
    • 【蒼天剣・緑色録 7】へ