FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・黄色録 6

     ←蒼天剣・黄色録 5 →蒼天剣・黄色録 7
    晴奈の話、第349話。
    蘇る「彼女」。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     ヘックスはもう一度妹を説得し、自分たちが生き残る道を模索しようと試みた。
    「何度言っても無駄よ」
     だが、キリアと一緒にいたモエが強硬姿勢を執り、ヘックスの意見に突っかかってくる。
    「せやけどな……」
    「あなた、そんなに死にたくないの?」
    「そら、そうやろ」
    「じゃ、逃げればいいじゃない。いいわよ、逃げて。その分私の活躍が増えるし。むしろせいせいするわ、余計な人が減るから」
     にべも無い言い草に、ヘックスはカチンと来た。
    「……あ?」
    「あなたみたいな腰抜けなんていなくても、影響無いんじゃない?」
    「てめえ……」
    「二人とも落ち着いてよ」
     ヘックスとモエの空気が険悪になったところで、キリアが諌める。
    「兄さんも、今日はもう部屋に帰って。これ以上話すことは無いわ。私もモエも、考えが変わることは有り得ないもの」
    「キリア……」
    「モエも、いい加減にして。血はつながって無いけれど、ヘックスは私の兄よ。そんな風に侮辱されて、私が何も感じないと思う?」
    「ああ、ごめんなさいね。でも本当に、つまらないことを言うものだから」
    「つまらん?」
    「やめてって言ってるでしょう?」
     キリアがもう一度抑えようとするが、二人は言い争いを続ける。
    「私には、あなたが何をそんなに嫌がってるのか分からないもの。
     私たちは兵士、この組織においては一個の駒に過ぎない。生きるとか死ぬとか、そんなことを……」
     唐突に、モエが黙り込んだ。
    「……?」「モエ? どないした?」
     キリアも、言い争いをしていたヘックスも、いぶかしげに彼女を見つめる。
    「……そんなこと、を……」
     そして突然、モエは倒れた。
    「お、おい!?」「どうしたの、モエ!?」



    (……だれ……?)
     床に倒れ行く一瞬の間に、モエの頭の中で様々な光が明滅する。
    ――おかみさん、私たちに死ねと?――
     先程自分が放った言葉から、記憶がくるくると再生されていく。
    ――殿がうっかり放してしまった実験体たちを、屠って欲しいの――
    ――実験体? それはまさか、あの……――
    ――ええ、櫟様だったものをはじめとする、魔獣化実験の被験者たちよ――
    ――そんな! だって、殿は極めて凶暴だと――
    ――そうよ。それが、どうかしたの?――
    ――おかみさん、私たちに死ねと?――
    ――あのね、巴美ちゃん――
     脳裏に黒髪の、眼鏡をかけた猫獣人の姿が映る。
    ――あなたたちは兵士、私たちの一派においては一個の駒に過ぎない。だから生きるとか死ぬとか、そんなことを考える必要は無いわ――
    ――……――
     絶句した自分に、その猫獣人はやさしく声をかけた。
    ――でもね巴美ちゃん、わたしはあなたがこんな指令で死ぬなんて、微塵も思ってやしないわよ――
    ――え……?――
    ――兵士を生かすのも殺すのも、上官の役目であり責任よ。約束するわ、あなたがむざむざ死ぬような作戦は、わたしは絶対に与えたりしないから。
     大丈夫、これはあなたが十分にこなせる任務よ――
    ――おかみさん……!――



    「……い! おい! しっかりせえ、モエ!」
    「……」
     倒れこんだ自分に声をかけてくる者がいる。
    「モエ……?」
     顔を上げると、心配そうに見つめてくる狼の兄妹と目が合う。
    「あ、気が付いたか?」
    「大丈夫、モエ?」
    「モエ、って……?」
     思わず、そんな質問が自分の口から漏れた。
    「……は?」「何て?」
    「あ、……いいえ、何でもないわ。……ごめんなさい、私ちょっと、気分が悪くなっちゃって」
    「大丈夫か?」
     先程まで言い争っていたヘックスが心配そうに見つめてくる。
    「……大丈夫よ。悪いけど、今日はもうこれで休ませて」
    「あ、ああ。……その、……おやすみ、モエ」
    「ええ。お休みなさい、ヘックス、キリア」
     平静を装い、そのままそそくさと二人の元から去ることにした。

     歩きながら、自分の頭の中を整理する。
    (……モエ? モエ・フジタ? 藤田萌景? 誰、それ! 私はそんな名前じゃない!)
     歩けば歩くほど、硫黄臭い霞がかかっていた記憶が鮮明になっていく。
    (そう、そうよ! 全部思い出した! 私は篠原一派、新生焔流の精鋭だった女よ!)
     今までぬるま湯の中で漂っていた精神が、しっかりと地に足を着くのを実感する。
    (私の、私の本当の名前は――)
     彼女は立ち止まり、顔に当てていた布を剥ぎ取った。
    (――私は、楓井巴美よ!)
     彼女は、全てを思い出した。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.08.13 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・黄色録 5】へ
    • 【蒼天剣・黄色録 7】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    うーん……、残念ながらこの巴景(/萌景/巴美)というキャラ、
    しばらくお貸しできないキャラです。
    新作「白猫夢」の方でも現役で大活躍しちゃってる、
    というのも理由の一つですが、
    キャラの把握が非常にし辛い、というか、
    把握しても数週間後にはガラっと変わっていたりするためです。
    僕の作品に登場するキャラの中でも、扱い辛さは特A級だと思います。

    もしそれでも使ってみたい、ということがあれば、
    またその時に、入念な相談を。

    NoTitle 

    おお~~モエちゃんが戻った・・というべきなんでしょうかね。
    いずれグッゲンハイムでも出したいですけど。。。
    いつになることやら・・。
    という段階ですけどね。
    なかなか面白いです。
    ベタですけど、やっぱり書き方がよいのでしょうね。
    • #977 LandM(才条 蓮) 
    • URL 
    • 2012.06/17 21:33 
    •  ▲EntryTop 
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・黄色録 5】へ
    • 【蒼天剣・黄色録 7】へ