FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・死淵録 9

     ←蒼天剣・死淵録 8 →キャラ紹介;プリズム①(第6部)
    晴奈の話、第385話。
    死の淵に立って。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
    「……?」
     楢崎は弱々しい目で、瞬也の方を見た。
    「……まさ、か?」
    「ぼ、……僕、瞬也です。……楢崎、瞬也、です」
    「ほ、本当、かい?」
     血の勢いが、ようやく弱まってきた。だが、傷が治っている様子は見られない。
    「くそ……! もう一度だ、タチバナ! もう一度、術を合わせるぞ!」
    「うっ、うんっ!」
     二人の魔術師が呼吸を合わせ、高出力の術をかけようとする。だが小鈴もミューズも、「テレポート」でほとんど魔力・気力を使い切ってしまい、唱えている途中で次第にタイミングがずれていく。
    「……まだだ、もう一回!」「うん……っ!」
     小鈴たちが懸命になっている間に、楢崎と瞬也は10年ぶりの再会を噛み締めていた。
    「そうか……、ようやく、会えたんだね……、瞬也」
    「はい、はい……っ。会えました、とっ、父さんっ」
     楢崎の目がにじんでいる。瞬也はボタボタと、涙を流していた。
    「元気で、良かった。……ずっと不安だったんだ。もしかしたらもう、会えないかもって」
    「うぐっ、うぐ……っ」
    「はは……、泣くんじゃない。ようやく、会えたんだ。喜んで、くれよ」
    「父さん、父さぁん……」
     楢崎は弱々しい手つきで、瞬也の頭を撫でた。
     その間に、小鈴たちが何とか呪文を唱え終わる。
    「行くぞ! 『リザレクション』!」
     楢崎の体がうっすらと輝き、傷は今度こそふさがった。
    「やった……! 成功したぞ!」
    「良かった、よがっだぁ……!」
     ミューズは顔面蒼白になりながら、また、小鈴は涙と鼻水で顔をぐちゃぐちゃにしながらも、術の成功を喜んだ。

     しかし――。
    「……父さん?」
     楢崎は瞬也の頭に手を当てたまま、動かなくなる。
    「え……?」
     ミューズと小鈴の顔がこわばる。
    「馬鹿な……! 術は、完璧だったはずだ」
    「え? ……ちょ、えっ?」
     二人は楢崎の傷をもう一度確認する。
    「ふさがってるわよ、ちゃんと……」
    「ああ。傷は治っている。治っているんだ!」
     小鈴は恐る恐る、楢崎の胸に手をやる。
    「ねえ、……眠ってるだけよね? 疲れたのよね? ねえ、起きてよ」
     だが、小鈴の指先は、楢崎の鼓動を見つけられない。
    「起きてってば……、ねえ、冗談やめてよ、ねえってば!」
    「……くそ……!」
     小鈴は涙を流しながら、楢崎の体をゆする。ミューズは呆然と地面に手を付き、顔を伏せる。
    「父さん……、そんな……、そんなのって……」
    「起きてよぉぉ! いやぁぁぁぁ!」
     瞬也も小鈴と同じように、楢崎の体を揺さぶる。
    「父さぁぁぁぁん……!」
     だが、その声に楢崎が応えることは、二度と無かった。



     ヘックスとキリアは壁に埋まった晴奈の体を掘り起こそうと、適当な道具が無いか周りを探していた。
    「……これ、使えるかしら?」
    「ん? これ……、コウの刀、かな。真っ二つやん」
    「圧倒的、過ぎるわね。……もう誰も、フローラには勝てないかも知れない」
    「ああ……」
     二人は絶望感に襲われつつも、晴奈の周りの壁を「大蛇」の残骸で掘り始めた。
    「……ちょっと、期待しとったんや」
    「え?」
    「コウ、もしかしたらフローラとか、ドミニク先生とか倒してくれへんかなって。前に戦った時、めっちゃ強かったんや」
    「相変わらずね、兄さん。他力本願が過ぎるわ」
    「……うん」
     ヘックスはうなだれつつも、壁を掘る手を止めない。
    「……でも、私も期待した」
    「……そっか」
    「斬られて朦朧としてる時、コウを見て……、敵だって言うのに、希望を持ったわ」
    「……」
    「味方だったのに、フローラにはもう、絶望しか感じられなかった。……コウは、そうじゃなかった。
     ……正直言って、今も私、コウが生き返ったらって思ってる」
    「オレもや。せやから、こんなことしとるんや」
    「……うん」
     二人の会話がやむ。
     部屋の中にはただ、ザクザクと言う音が響いていた。



     晴奈はぼんやりと、川岸に座っていた。
    (……ここは……)
     辺りは静寂に包まれ、上を見上げるとキラキラと星が輝く夜空が見える。
     いや、夜空と言うには妙に暗すぎる。満天の星空だと言うのに、星々の間にある夜空は吸い込まれそうなほどに暗く、黒い。
     そして良く見れば、輝く星は通常見ている星のように、空中を回転したりはしていない。静かに、そしてゆっくりと、すべての星が一様に落ちてきている。
     真っ暗な空を、ひたすら星が沈み続けている。
     どう考えても、この世の風景ではなかった。
    (……冥府……)
     不意に、晴奈の頭の中にその言葉が浮かんできた。
    (そうか……私は死んだのか……)
     空を見上げているうちに、ぼんやりと思い出してきた。
    (そうだ……私はフローラと戦い、彼奴の技に貫かれて……そして、死んだのだ)
     ぼんやりと立ち上がった思考が、またぼんやりと沈み始める。
    (そうか……。死んだか、黄晴奈は。
     何と言う半端者か……。あのような邪悪に、手も足も出ずに負けるとはな。何が英雄だ、何が、侍だ。所詮私など、瑣末な者でしかなかったと言うことか)
     晴奈の意識が徐々に薄れていく。
    (星が落ちていく。星が墜ちていく。
     墜ちて、落ちて……、墜落し、果てる。
     私も現世から落ち、墜ちたのだ。後はただ……、果てるだけ……)
     意識が薄れると共に彼女は目をつぶり、その場に仰向けに倒れようかと手を広げた。
     だが、その手を誰かが引っ張る。
    《ざけんな、セイナ》
    「え……?」
     晴奈は目を開ける。
    《まだ……、終わっちゃいねえだろうがよ》
     そこには、全身真っ黒な狼獣人が立っていた。

    蒼天剣・死淵録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・死淵録 8】へ
    • 【キャラ紹介;プリズム①(第6部)】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ここから大逆転劇です。
    次節は作中でも最大級に熱い展開となります。
    お楽しみに。

    あと、ウィル君は調味料じゃありません。
    「ウィルバー」です。

    NoTitle 

    セイナが死ぬ~~~!!!!????
    って死んだら話にならないか。
    グッゲンハイムだと主人公が死んでも、書き続けますけどね。
    これはそういう話ではないですものね。
    ・・・というかウェイバー君が久々登場ですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・死淵録 8】へ
    • 【キャラ紹介;プリズム①(第6部)】へ