FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・白色録 1

     ←キャラ紹介;プリズム①(第6部) →蒼天剣・白色録 2
    晴奈の話、第386話。
    親友(とも)の応援。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    《ざけんな、セイナ》
    「え……?」
     晴奈は閉じていた目を開ける。
    《まだ……、終わっちゃいねえだろうがよ》
     そこには、全身真っ黒な狼獣人が立っていた。
     その狼獣人には見覚えがある。いや、それどころではない。何年も戦い、そして無二の親友と感じていたあの男だった。
    「ロウ……!?」
    《ああ、そうだ。……ウィルって呼んでもいいぜ》
     彼の服は、ゴールドコーストでいつも見ていたような央中風の普段着ではなく、黒炎教団の僧兵服になっている。
    「記憶が、戻ったのか?」
     ウィルは晴奈の手を離し、隣に腰掛ける。
    《ああ。……でも遅いよな、今更。死んじまっちゃ、親父にも、兄貴や姉貴にも、嫁さんと子供できたなんて報告できねーしよ》
    「そう、だな」
     すぐ隣にいるのに、ウィルの声は遠くから聞こえるように、妙にひずんでいる。
    《なあ、……だからさ、セイナ。伝えてくんねーかな、親父たちに。『オレの家族がゴールドコーストにいる』ってよ》
    「……道理を考えてものを言え、ウィル。私はもう……」《だから、ざけんなって言ってんだろ?》
     ウィルは晴奈をにらみ、声を荒げる。
    《お前はまだ、行けるはずだぜ? オレの声、どう聞こえてる?》
    「え……?」
    《お前が本当に『こっち』の住人になっちまったってんなら、オレの声は変な風に聞こえてねーはずだ。
     それとも、本当にもう、お前は死んじまったって言うのか?》
    「……」
     晴奈はウィルから顔をそむけ、猫耳をしごき出す。
    「確かにお主の声は先程から、妙に遠く聞こえる。ならば、私はまだ死んでいないと、そう言うことになるのだな」
    《そうだよ、だからさ……》「だが」
     晴奈は両手で顔を覆い、震える声で心中を語り始めた。
    「……だが、今生き返って、どうなると言うのだ? 既に私は負けたのだ」
    《だから?》
    「私は、怖いのだ……! 生き返ればまた、私を殺したあの女と戦わねばならぬ」
    《怖い? 本気で言ってんのか、それ?》
     ウィルの顔が怒りでこわばり始めるが、それでも晴奈の口は止まらない。
    「本気、だとも。あの女は私の刀を、あの『大蛇』をやすやすと砕き、私を幾度も壁に叩きつけた。勝てる気がしないのだ……!
     そもそも刀を失った今、どうやって対抗しろと言うのだ? 素手で戦える相手では、ない」
    《何を寝言、吹かしてやがる》
     晴奈がそこまでしゃべったところで、ウィルが両手で包み込むように晴奈の顔をつかんで、ぐいっと引き寄せる。
    《情けねーな、セイナ。忘れたのかよ?》
    「え?」
     ウィルは晴奈の顔をつかんだまま、熱い口調で語りだす。
    《お前の故郷の、黄海の近くで戦った時。お前、オレに刀を折られたよな?
     んで、その後どうした? 逃げたか? 違うよな?》
    「……」
     そう詰問され、晴奈は記憶を掘り起こす。
    「……ああ、そうだったな。確かに私はあの時、逃げたりせずに脇差で戦った」
    《だろ? その結果、粘り勝ちみたいにして勝ちやがった。お前は、セイナってヤツは、そう言うヤツなんだよ。
     お前はどんなに窮地に陥ろうとも、どんなに逆境へ入り込もうとも、決してめげないヤツだ。黄州平原でも、アマハラの隠れ家でも、どこだってそうやって凌いで、勝ちをもぎとってきたじゃねーか。
     だからセイナ、もっかい頑張ってみろって》
     晴奈は依然顔をつかまれたまま、それでも逡巡する。
    「……しかし……」
    《『しかし』、何だよ?》
    「私が、……私は、負けたのだ。勝つことなど、できるのか?」
    《セイナ……》
     そこでようやく、ウィルは晴奈の顔から手を離した。
    《変だぜ、お前。何つーか、心が折れてるっつーか》
    「……ああ、折れたのだ。
    『大蛇』が折れたあの時、私の心も同時に、音を立てて折れてしまった。あの瞬間を思い出せば思い出すほど、私の心がガクガクと震え、全身が冷たくなる……!
     最早私に、戦うことなど……!」
    《まだ寝ぼけてやがるのか、てめーは!》
     ウィルはもう一度晴奈をにらみつけ、平手打ちを食らわせた。
    「うっ……」
    《お前が口先でどーのこーの言ってよーが、んなもん関係あるかッ!
     もうお前しかいねーんだよ、戦えるヤツは!》
    「な……に?」
    《今さっき、ナラサキさんがやられた。シリンも目を覚まさねー。
     あのうさんくせー賢者も、体を奪ったばっかで全然本調子じゃねーんだ。
     公安のヤツらじゃぜってー勝ち目はねーし、味方になった敵も怯えちまってる。
     それに、……それに、エフも今、あそこにいるんだぜ?》
    「え、ふ?」
     もう一度、ウィルが晴奈の頬に手を当てて顔を近付ける。
    《エフ……、フォルナのコトだよ。あいつもお前を追っかけて、あの穴倉の中にいる。
     お前、できるとかできないとか、んなコト考えるヤツだったか? オレの知ってるセイナは、黄晴奈は、そんなボンクラなんかじゃねーぞ。
     本当の、本来のお前なら、『できる』『できない』じゃなく、『やる』『やらない』で行動するヤツだったはずだ!
     いいや、いつものお前ならこう言うはずだッ! 『どれほど敵が強大だろうと、私はやらねばならぬのだ』ってな!》
    「……!」
     ウィルの熱く燃える瞳に射抜かれ、晴奈の心に火が灯った。
    「やらねば、ならぬ。……か」
    《そーだよ。お前が今、やらなきゃ。今、戦わなきゃ。みんな死んじまうんだ。
     大体な、心が折れたとか抜かしてたけど、んなもん燃やして、いっぺん融かしちまえばいいんだよ。
     お前の心は鋼鉄の刀だ。折れたってんならもっかい融かして、固めて、叩いて、もっかい新しく刀にしちまえばいい。
     ……燃えろよ、セイナ》
     そう言うなり、ウィルは晴奈に顔を近付け――口付けした。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.09.11 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【キャラ紹介;プリズム①(第6部)】へ
    • 【蒼天剣・白色録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    確かにこんな形で何度も顔を突き合わせるのは勘弁ですね。
    コンティニューは一回限りにしたいところ。

    NoTitle 

    おおう、名前間違えましたね。
    申し訳ございません。
    確かに彼女が負けると話になりませんからね。
    あんまりウィル君が枕元に立たれると嫌ですが。

    NoTitle 

    この浮気者めッ!(

    NoTitle 

    ウィル貴様ッ! かわいい女房がいながらッ!!(血涙(笑))
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【キャラ紹介;プリズム①(第6部)】へ
    • 【蒼天剣・白色録 2】へ