FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第6部

    蒼天剣・通信録 1

     ←キャラ紹介;プリズム②(第6部) →蒼天剣・通信録 2
    晴奈の話、第393話。
    送られてきた手紙。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「はぁ……」
     屏風山脈の頂点、黒炎教団の一室。その管理手腕が認められ、36歳の若さで大司教となったウェンディは、膨大な書類に目を通しながらため息をついていた。
    「つくづく、管理職になんてなるもんじゃないわね」
     大司教に任命されてから三ヶ月ほどが過ぎたが、来る日も来る日も書類整理でうんざりしていた。
    「たまには体動かさないと、腰がどうにかなりそう。……『弧月での布教活動、順調』か。ようやく、あの疫病神の付けた傷跡が癒えてきた感じね」
     抗黒戦争で多くの信仰を失い、一時は教団の危機とうわさされていたが、ウェンディの地道かつ確実な布教戦略によって、徐々に央南での信仰は取り戻されつつあった。
    「さて、次の書類は……」
     机に載せられた書類を手に取ったところで、パサ、と言う乾いた音がする。
    「……あら?」
     書類にしては、重量のある音である。
    「手紙? 嘆願書かしら」
     床に落ちた封筒を拾い、宛先を確認する。
    「『ウィリアム・ウィルソン4世猊下ならびにその親類ご一同』へ。……変な充て方ね。何で、私たちにまで挨拶を?」
     ウェンディは不思議に思いつつも、封を開けて中を確認してみた。
    「……!」
     3行ほど読んだところで、ウェンディの尻尾が毛羽立った。
    「……と、父さ、……コホン、猊下にお伝えしないと!」
     ウェンディは書類が雪崩を起こすのも構わず、バタバタと席を立って部屋を出て行った。



    「ウィリアム・ウィルソン4世猊下ならびにその親類ご一同へ

     まずは匿名での報せを、お許しいただきたく存じます。
     私は央中、ゴールドコースト市国を旅していた者ですが、その街において昨年行方不明となったウィルバー・ウィルソン元僧兵長と思しき人物についての情報を得たため、このような手紙を送らせていただきました。

     ウィルバー氏は記憶を失っていたらしく、その街ではロウと名乗って暮らしていました。そのうちに天帝教の尼僧、シルビア・ケインズと言う女性と結婚したそうです。
     さらにその女性との間には子供もできたとのことですが、非常に不幸な出来事がウィルバー氏の身に降りかかり、彼は帰らぬ人となりました。
     現在、その女性はウィルバー氏が設立した孤児院を引き継ぎ、経営しておりますが、何分身重な身ですので、少なからず助けを必要としています。
     異教徒であり、また、勘当されたご子息が関係していることですから、大変筋違いであることは重々承知しておりますが、どうか彼女に何らかのご慈悲を与えていただければと、切に願っております」



    「そ、それで、あの、わたしのところに?」
     黒炎教団の重鎮に突然訪問され、シルビアは目を白黒させた。
    「ええ。確認をしたくて。……子供ができた、と言うのは本当のようですね」
     ウェンディはシルビアの大きな腹を見て、短くうなっている。
    「ふむ……」
    「あ、あの」
     シルビアはおどおどしながらも、ウェンディに座るよう促す。
    「今、お茶をお持ちしますから、あの、どうぞ」
    「……あ、はい」
     ウェンディがおずおずと着席したところで、シルビアが立ち上がりかける。
    「よい、しょ……」
    「あ、お母さん。私が淹れとくから、座っててよ」
     と、二人の様子を傍観していたアズサがやって来る。
    「え? あ、うん。ありがとう、アズサ」
    「それまで、えっと……」
     どうやらアズサは母だけではなく、母の相手も対応に困っていることに気付いたらしい。
    「伯母さん、になるのかな? ウェンディ伯母さんとゆっくり話でも、ね?」
     アズサがにこっと笑顔を作りながら放った言葉に、ウェンディは面食らった様子を見せた。
    「お、伯母さん?」
    「うん。お父さんのお姉さんなんでしょ?」
    「え、ええ。そうだけれど、……多分だけれど」
    「お茶はミルク? レモン?」
    「あ、ごめんなさい。甘いものはいただけないから、ストレートでお願い」
    「はーい」
     パタパタと足音を立ててアズサが離れた途端、ウェンディとシルビアは互いに困ったような、気恥ずかしそうな顔をする。
    「えっと」「あの」
     同時に口を開きかけたが、被ってしまったため、また黙り込む。
    「……その」「……あのですね」
     また被る。
    「……そ、そちらから、どうぞ」
     今度は何とか、シルビアが先手を取って話を勧めた。
    「え、あ、はい。……確認させていただきますね。あなたの、その、夫である、いや、あった、ロウと言う方。ある筋から、その、私の弟だった可能性が、と」
    「つまり、黒炎教団の教主一族だった、と」
    「ええ」
     シルビアは腹に手を当て、不安げに口を開く。
    「確かに、ある方からも教団の人間ではないか、とは聞いていました。もしかしたら本当に、弟さんだった可能性は高いかと」
    「……どちらにしても、亡くなってしまった今となっては、確かめようがありませんが」
    「んー」
     そこに、茶を持ってきたアズサが戻ってきた。
    「でも、伯母さんって本当に、お父さんのお姉さんだと思うな」
    「え?」
    「だって、その仕草。困ってる時すぐ口に手を当てて、唇を揉んでたし」
    「あ」
     そう指摘され、ウェンディは上唇に当てていた手を離す。
    「他にも、何だか似てるもん。顔つきとか、尻尾とかの毛並みも」
    「……」
     あれこれと指摘され気恥ずかしくなったのか、ウェンディはアズサから目をそらしたところで、彼女は「あら?」と声を上げた。
    「あれは?」
    「え? ……ああ、夫が闘技場で使っていた武器です。確か、えっと」「……三節棍」
     ウェンディは壁にかけられた三節棍に近寄り、手に取る。
    「……!」
     そして鎖が革紐で結ばれているのを見て、涙声でつぶやく。
    「この、下手くそな紐の結び方。……小さい頃から、何度教えても変な片結びしかできなくて。……ええ、こんな結び方をするのは、……ウィルしか」
     ウェンディは三節棍を抱きしめ、泣き崩れた。



     それから一ヵ月後、シルビアは元気な狼獣人の男の子を産み、名前は「ウィル」と名付けられた。ウェンディとの交流も続き――異教徒同士なので、あまり大っぴらにはできなかったが――孤児院の運営も、わずかながら手伝ってもらうことができた。
     なお、この孤児院は創始者の名前を取って、「ウィアード孤児院」と名付けられたそうだ。


    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    中国語で、「信」は手紙を指します。
    なので「通信」は、信を通す(手紙を送る)ことです。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.09.18 修正

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2020.06.24 誤字と一部文章を修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【キャラ紹介;プリズム②(第6部)】へ
    • 【蒼天剣・通信録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ウィリアムにとってはショックな報せでしょうね。
    勘当した息子が知らない街で奥さんと子供作ってて、
    しかも惨殺された、……と聞かされたら、
    卒倒どころじゃ済まないかも知れません。

    NoTitle 

    ああ、そういえば、家族は知らなかったんですね。
    いつぞやか、ウィリアムのとっちゃんはこのこと知っているのかなあ?・・・と思いながら読んでいた記憶を今思い出しました。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【キャラ紹介;プリズム②(第6部)】へ
    • 【蒼天剣・通信録 2】へ