FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第7部

    蒼天剣・風来録 1

     ←黒エルフの騎士団 16 →蒼天剣・風来録 2
    晴奈の話、第407話。
    遠路はるばる。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦520年、3月初め。
     中央政府とジーン王国の戦いは、膠着状態にあった。

     と言っても、別に克大火と日上風が熾烈な戦いを繰り広げていたとか、幾多の軍艦が海を駆け回っていたとか、そんな躍動的な事情があったわけではない。
     央北と北方の間にある海、北海が凍りついており、双方とも船が出せないのだ。いかに大火やフーに人知を超えた力がついていようと、自然が相手ではどうにもならない。
     氷が解けるまでの間、戦況も凍結状態にあった。



     話は変わるが――北海全域を覆う、この分厚い氷。時に、央北・北方、双方の岸をつなぐことがあると言われている。
     とは言え現実的な観点から考えて、ここを渡ろうと言う酔狂な人間はいない。陸より海の方が若干気温が高いとは言え、寒風吹き荒ぶ極寒の海域である。
     それに人が乗れるほど分厚いものの、海に浮かぶ流氷である。ところどころに亀裂があり、万一割れて海に落ちた場合、助かる確率は0に等しい。
     さらに、実際歩くとなると直線距離でも、全長2000キロ以上もの旅路となる。まともな人間なら、歩こうなどとは思いもしない。
    「この海を『歩く』など、自殺行為に等しい。生きて渡りおおせるわけが無い」と、北方沿岸に住む者は皆、そう信じて疑わない。それは北方史始まって以来覆されたことの無い常識であり、定説と言っても過言ではなかった。

     だからその日、ウインドフォート砦の高台にいた見張りは、海に立つその影を見て、それが何なのか理解できなかったのだ。



    「……ん?」
    「どした?」
     毛布に包まりながら見張りを続けていた兵士が、相棒の様子がおかしいことに気が付いた。
    「あれ、見てくれ」
    「どれだよ」
    「ほら、あそこ」
    「あそこって、海か?」
    「ああ。……ほら」
     怪訝な顔をする相棒が指差す先を、兵士は双眼鏡で追った。
    「……?」
     双眼鏡に、黒い影が映る。
    「……!?」
     その影が何であるか認識した瞬間、兵士は全身に冷汗をかいた。
    「なんだ、ありゃ……?」
    「何かが、……歩いてくる?」
     双眼鏡のレンズの中には、背後にそりを付けた黒い影が、吹雪と海の向こうから歩いてくるのが見えていた。
     その光景は二人がまったく想像したことの無いものであり、現状を把握し、対応することにすら、数分を要した。
    「……け、警鐘をっ」
     相棒の方が我に返り、叫ぶ。
    「えっ?」
    「警鐘、な、鳴らそう。モンスターの襲撃かも」
    「あ、ああ。そう、……だよな」
     兵士二人はかじかむ手を必死で動かし、緊急事態を告げる警鐘を力いっぱい叩いた。
     ウインドフォートの砦全体にその鐘の音は響き渡り、すぐさま「海の向こうからモンスターが歩いてくる」と言う前代未聞の情報が伝わった。
    「本当かよ……」
    「ああ、マジらしいぜ。俺もさっき、双眼鏡で見てみたんだけど」
    「私にも見えました。本当に何か、黒いのが歩いてきてるんですよ」
    「それ、本当にモンスターなのか?」
    「現在確認中らしいです。中佐の側近の方が今、確認に向かっているとか」
     砦の中にいた兵士たちは皆、騒然としていた。



     分厚い毛皮のコートに身を包んだ、背の高い短耳の将校――日上中佐の側近の一人、ハインツ・シュトルム中尉が、兵士数人を連れてその場に向かう。
     その影は、ハインツたちが一列に並び、仁王立ちになって威嚇してもなお、足を止めなかった。
    「止まれッ!」
     ハインツが声を張り上げて制止するが、吹雪に紛れてほとんど伝わらない。
     影が静止することなく、そのまま近付いて来るのを確認し、ハインツは部下たちに命令した。
    「全員、武器を構えろ! 奴の顔が目視できる程度に接近したらもう一度警告し、従わなければ射殺して構わん!」
    「はっ!」
     兵士たちは小銃を構え、その影に照準を定めた。
    「……」
     と、影の方も、兵士たちが銃を向けてきたのに気が付いたらしく、足を止め、すっと両手を挙げた。
    「よし、そこで止まれ! 動くんじゃないぞッ!」
     ハインツは剣を構え、少しずつ影ににじり寄っていく。
    「お前は、……モンスターか? それとも、人間か?」
     尋ねながら、じりじりと距離を詰める。
    「人間よ」
     女の声がする。どうやら、その影は女性であるらしかった。
     だがその顔は帽子とマフラーに半分ほど覆われ、さらに仮面をかぶっているため、確認できない。
    「どこから来た?」
    「中央大陸の、ノースポートから」
    「嘘をつけ! この海域は現在凍結している! 船で来られるわけが無いだろう!」
    「誰が船で来たって言ったかしら?」
     女は腕を挙げたまま、ハインツに向かって歩き出した。
    「止まれッ!」
     女は自分が引っ張ってきたそりを指差し、平然と答える。
    「歩いてきたのよ。人間が乗れるくらい凍ってるんだから、歩くのなんてわけないわ」
    「ふざけるな! 本当のことを言え! それから手を下げるな! 挙げろ!」
    「正真正銘、私は歩いてここまで来たのよ。……ねえ、いい加減寒いから、手を下げてもいいかしら?」
    「止まれ! 止まらんと撃つぞ!」
     ハインツの制止も聞かず、女は距離を詰める。
    「撃つ? 別にいいけど、当たらないわよ。こんな強風の中じゃ、絶対に」
    「な……」
     女に挑発され、ハインツの頭に血が上る。
    「……撃てッ! 構わん、撃てッ!」
     ハインツの命令に従い、兵士たちは小銃を撃った。
     だが、女の言う通り銃弾は風にあおられ、一発もまともに直進しない。
    「だから言ったのに。……あーあ、下っ端がこんなバカじゃ、上も知れたもんね。折角遠路はるばる、このクソ寒い大陸まで来たのに」
    「ぬッ……! 我らがヒノカミ中佐を愚弄すると、容赦せんぞッ!」
    「アッタマ悪いわね……」
     女は手を下げ、腰に佩いていた剣を抜く。
    「かかってくるって言うなら、相手になるわよ」
    「りゃーッ!」
     ハインツが先に仕掛け、女の頭を狙って剣を振り下ろす。
     ところが女はひらりとかわし、ハインツに足払いをかける。
    「お、おっ……!?」
    「いい加減寒いんだからさっさと案内しなさいよ、このノロマ」
     ハインツが立ち上がろうとした時には既に、女の剣が彼の首に当てられていた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    第7部、開始です。

    晴奈がここに到着するのは5月下旬。
    第6部終了後からそれまでに、北方では何があったかというお話。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.09.25 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【黒エルフの騎士団 16】へ
    • 【蒼天剣・風来録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    ここまで読んでいただき、誠にありがとうございます。
    恐らく70~80件はコメントいただいてると思います。
    最後まで読んでいただけること、期待してますね。

    この世界、銃火器は基本的に魔術なしで動いてます。
    物理法則に、非常に左右されやすいです。

    NoTitle 

    やっと7部!!!・・・までコメント残してきてますねえ。私、ここまででいくつぐらいコメント残したのだろうか。マメに残している甲斐は出ていると思いますが。亀の歩みですがよろしくお願いします。

    銃がデリケートな武器なのはこちらの世界でも同じですね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【黒エルフの騎士団 16】へ
    • 【蒼天剣・風来録 2】へ