FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第7部

    蒼天剣・風来録 2

     ←蒼天剣・風来録 1 →蒼天剣・風来録 3
    晴奈の話、第408話。
    もう一人の女傑。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「……それで、そいつは?」
     砦の主、日上風――フーは、私室の豪奢な椅子で斜に構えたまま、青ざめた顔のハインツに尋ねた。
    「はっ……。何と言うか、その、……吾輩ではまったく歯が立ちませんで」
    「そうか。で、今は?」
    「まだ困惑しておりますが、取り急ぎ、こちらに伺った次第でして。まったく、面目ない」
    「あのな」
     フーはハインツをにらみつけ、いらだたしげに尋ね直した。
    「お前のことなんか知ったこっちゃねーんだよ。そいつが、今、どこにいるのか、って聞いてんだよ」
    「あ、しっ、失礼しました! ……その、ともかく砦に連行し、現在1階の、食堂に」
    「そうか。分かった」
     フーは恐縮するハインツを尻目に、食堂へと向かった。

     フーが食堂の扉を開けた途端、ざわざわと騒ぐ兵士たちの姿が視界に入る。
    「本当に海から?」
    「そう言ってるじゃない、しつこいわね」
    「シュトルム中尉を倒すなんて、アンタ何者だ?」
    「ノーコメント」
    「なーなー、顔見せてくれよー」
    「イヤ」
    「何でそんな仮面かぶってんだ」
    「ノーコメント」
    「さっきからそればっかりだなぁ」
    「何で私がアンタたちの質問に、一々真面目に答えなくちゃいけないのよ?」
     フーは兵士たちと女のやり取りをじっと見ていたが、一向に収まる気配が無いので大声を出してさえぎった。
    「お前ら、邪魔だッ! さっさとどけッ!」
    「あっ、か、閣下!」
    「し、失礼いたしました!」
     兵士たちはフーの姿を確認するなり、バタバタと食堂から出て行った。

    「やれやれ……」
     人払いをしたところで、フーは女の前に座った。フーの服装と徽章を見て、女が声をかける。
    「あなたが、フー・ヒノカミ中佐?」
    「そうだ。……いくつか質問させてもらうぜ。まず、お前の名前は?」
    「巴景よ。トモエ・ホウドウ」
    「央南人なのか?」
    「ええ。あなたも血を引いていると聞いたけど」
    「そうだ。生まれも育ちも、北方だけどな」
     フーは巴景の仮面をじっと眺め、尋ねてみる。
    「仮面、取らないのか?」
    「ええ。閣下さんの前で悪いけれど、昔大ケガをしてしまったのよ。その跡がまだ、残っているから」
    「取らなきゃ美人かどうか分かんねーなぁ……」
     女好きのフーは、ひょいと仮面に手を伸ばそうとする。だがその手を、巴景につかまれた。
    「ん……?」
     振りほどこうとしたが、異様に力が強く、離れない。
    「お前、本当に女か? 力、すげえ強えな……?」
    「ええ。正真正銘、女性よ。この腕力は、修行と魔術の賜物」
    「……へぇ。まんざら、海を歩いて渡ったってのも嘘じゃなさそうだな」
     フーは巴景の体を上から下に、なめるように眺める。
    「コート、脱げよ」
    「イヤよ。寒いもの」
    「あ、そうだな。ずっと吹雪の中、歩いてきたんだからそりゃ、凍えてるよな。……俺が暖めてやろうか?」
    「あなた、女を枕か何かだと思ってない? お生憎様、私はそんなつもりであなたに会いに来たんじゃないのよ」
    「……って言うと?」
     巴景はフーから手を離し、立ち上がった。
    「私は武者修行をしているの。それでこの戦争で直接戦ってるこの軍閥を率いている閣下さんに、傭兵として雇ってもらおうと思ってね」
    「へぇ……?」
     好奇の目で巴景を見ていたフーは、今度は品定めをするように注意深い目を向けた。
    「腕は……、確かだろうな。
     さっきお前が倒した奴、あれは俺の側近だ。この砦内でも有数の実力を持ってたんだが……」
    「あの程度で?」
     鼻で笑った巴景に、フーも苦笑して返す。
    「まあ、そう言ってやるなよ。……それで、だ。お前はそれよりも、確かに強い。
     よし、採用だ」
     フーの言葉を受け、巴景は小さく頭を下げかけた。
    「よろしく……」「待て待て待てぇーい!」
     ドタドタと足音を立てて、何者かが食堂に飛び込んできた。
    「ハインツか? 何の用だ?」
     フーはうざったそうに振り返り、ゼェゼェと荒い息を立てるハインツに目を向けた。
    「その女の採用、異議申し立てます!」
    「は?」
    「先程は吾輩の不覚によって、押し切られる形となってしまいました、がっ!」
     ハインツはゴツゴツと足音を立てて、巴景の前に立つ。
    「正面から正々堂々戦えば、この吾輩が負けることなど万に一つもありません! この女は不意打ちで勝ったに過ぎません! 不意打ちで勝つなど、騎士道にあるまじき……」「あ?」
     唾を散らして言い訳するハインツに、フーは斜に構えてにらみつける。
    「お前、頭がマヌケか?」
    「なっ……」
    「戦場のど真ん中で同じこと言ってみろよ。お前みたいな馬鹿、一瞬で蜂の巣だぞ?」
    「いやいや、それはありません!」
     ブルブルと首を振るハインツの態度に、フーは呆れ返った。
    「お前なぁ……。ま、いいか。
     そんなにギャーギャー言うなら、戦ってみろよ」
    「……むっ?」
    「このトモエ・ホウドウって女武芸者と戦って、正々堂々となら勝てるってことを証明してみろよ」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.09.25 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・風来録 1】へ
    • 【蒼天剣・風来録 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    いってらっしゃい!
    応援してます。

    NoTitle 

    行って来ま~~~~~す

    NoTitle 

    特にほかの理由は無く、本当に自分の疵顔が嫌いだからですね。
    因縁の相手に付けられた、屈辱的な傷ですし。
    見られるのも話題にされるのも、心底嫌なんだと思います。
    素顔を晒すくらいなら、仮面を付けてた方がマシ、
    というくらいに考えてるんでしょう。

    NoTitle 

    逆に仮面をつけているほうが目立つような・・・。
    ・・・というツッコミはなしですね。
    実は怪我でなくて別の理由で隠している!!!・・・なんてこともあるんでしょうか。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・風来録 1】へ
    • 【蒼天剣・風来録 3】へ