FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第7部

    蒼天剣・風立録 5

     ←蒼天剣・風立録 4 →蒼天剣・風立録 6
    晴奈の話、第427話。
    超人になったフー。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「……ん、んん」
     フーが目を覚ました頃には、すでに夜が明け始めていた。床に寝そべっていたフーは、よろよろと立ち上がる。
    「何だったんだ? 今の? ……アランさん?」
     辺りを見回すが、アランの姿は無い。
    「夢……、か? いや、……何だ? 何か、頭……体……の奥が、チリチリする」
     昨日までの憂鬱な気持ちはどこかへ消えうせ、体の奥底から力が湧き出ているような爽快感が、全身に巡り回っている。
    「何なんだ? ……力が、みなぎってる」
     その日から、彼の人生はガラリと変わった。
     彼の中で、「力」が目覚めたのだ。

     ともかく朝になっていたし、軍からは――依然、何の命令も下されないままだが――毎朝本部に来るよう指示されている。
     本部に向かい、出勤したことを告げた後、いつも通りに訓練場へと向かった。そしていつも通りに、錘(おもり)の付いた模擬剣で素振りをしようと、訓練場の受付に声をかけた。
    「あの」
    「……」
    「すいません」
    「……」
    「剣、お願いします」
    「……はい」
     そしていつも通り、半分無視されたような状態で剣を渡される。
     いつもと違ったのは、妙に軽い剣を渡されたことだ。
    「……すいません。もっと重いもの、お願いします」
    「……いつものだよ」
    「なわけないじゃないっスか。やめてくださいよ、一々こんなくだらないことすんの」
    「……チッ」
     係員はうざったそうに舌打ちし、奥から台車で剣を運んできた。
    「ならこの25キロのでも使ったらどうだ。重たいぞ」
    「に、25、っスか」
     普段使っているものより、数段重たいものを示される。恐らくは、よほど筋骨隆々とした戦士でもなければ扱うことのできない、半ばジョークのつもりで置いてあるものだろう。
    (嫌な奴……)
     だが、ここまでコケにされて退く気にもなれない。
    「……じゃ、それで」
    「ケケケ……」
     内心「ふざけんな」と思いつつも、フーはそれを手に取った。
     ところが――。
    「……? あの」
    「何だ? やっぱり変えるのか? ひひ……」
    「アンタ、何がしたいんっスか?」
    「あ?」
     フーは手にした剣を、片手でひょいと上に掲げた。
    「こんな風に持ち上げられる剣が、25のわけないじゃないっスか。どうせからかうなら、本当に25の渡せばいいじゃないっスか。人をバカにすんのも、いい加減にしてほしいんスけどね」
    「いや、あの」
     先程まで小馬鹿にしていた係員が、目を丸くしている。
    「それ、本当に、25キロ、なんだけど」
    「……へ?」

     係員の勧めにより、フーは体力測定を行った。
     その結果、驚くべきことが分かった。なんとフーの筋力は、これまでの5倍以上に跳ね上がっていたのだ。単純に言えば、これまで20キロの砂袋を肩に乗せてフラフラ担ぐのが精一杯だったフーは、100キロの鉄骨を片手で楽々持ち上げられるようになっていた。
     さらに他の測定も行い、彼の能力は全体的に、飛躍的に上昇していることが判明した。頭脳も、五感も、そして魔力も――弱い部類に入る「虎」のはずだが――少なからず、むしろ常人より非常に強くなっていた。
     一夜にして、彼は超人に変化していたのである。



     こんな逸材を、軍が放っておくわけが無い。これまで冷遇されたことが嘘のように、軍は彼に手厚い扱いを施した。
    「特別訓練プログラム?」
    「ああ。最近、中央との関係が悪化しつつあるからね。戦争になる可能性が高い。それを見越して、優れた兵士を育成するための訓練を計画してるんだ」
     フーに強化訓練を勧めたのは、この当時既に祖父の汚名を返上し、新たな軍の頭脳となっていたトマス・ナイジェル博士だった。「バニッシャー強奪事件」の関係者近辺で軍からの誹謗を免れた、数少ない人物である。
     フーの師とトマスは祖父との関係で親しくしており、その関係でフーとトマスも顔見知りだった。この勧めは冷遇されていたフーを憐れんでのことである。
    「これを受ければ、数ヵ月後には間違いなく王国軍の将校になれる。これまでの冷遇から、完全に開放されるはずだ」
    「なるほど……」
    「それだけじゃない。もし佐官クラスになれば、相当の社会的地位も得られる。今後の働きによっては、沿岸部の基地を任されるかもしれないよ」
    「沿岸基地の責任者、っスか」
     極寒の地である北方において、恵まれた土地は非常に少ない。王国の首都フェルタイルや観光都市ミラーフィールド周辺、そして南東部の沿岸以外は、満足に作物も実らない不毛の地なのである。
     その沿岸部にある基地を任されると言うことは、裕福な生活が送れると言うことでもある。
    「いいっスね」
    「でも訓練は非常にハードになることが予想される。下手すれば、あの『黒い悪魔』を相手にしなきゃいけなくなるかも知れないからね」
    「確かにそうっスよね。カツミは最近、中央政府から離れてるらしいっスけど、気紛れで参加する可能性もありますからね」
    「へぇ……」
     トマスはフーの見識に舌を巻き、眼鏡をつい、と直しながら感心した。
    「どうしたの、ヒノカミ君? こないだまでこんな話振ってたら、『へー、そうなんスか』しか言わなかったのに」
    「成長したんスよ、……ハハ」



     その強化訓練を、フーはわずか二ヶ月で修了した。たった二ヶ月で、彼は軍のエースになれたのだ。
     もちろん、他の兵士たちが凡庸だったと言うわけではない。王国軍全体から集められた優秀な兵士たちを凌駕するほど、フーの力がずば抜けていたのである。
     フーの階級は、一気に大尉へと上がった。かつて彼の師が20代半ばで就いていた階級に、たった18歳のフーが並んだのだ。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・風立録 4】へ
    • 【蒼天剣・風立録 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・風立録 4】へ
    • 【蒼天剣・風立録 6】へ