FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・風砦録 5

     ←蒼天剣・風砦録 4 →蒼天剣・風砦録 6
    晴奈の話、第451話。
    またも逃した剣。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     三人は砦の最上階、フーの部屋へと到着した。
     既に立番をしていた兵士も倒し、警備は解除されている。
    「入るぞ」
    「ええ……」「うん……」
     三人は緊張した面持ちで、部屋の扉を開けた。
     ところが、部屋の中には誰もいない。
    「……あれ?」
    「フー、は?」
     三人は肩透かしを食った気分で部屋中を探すが、やはり部屋の主はどこにもいなかった。
     と、トマスが部屋を見回し、一人ブツブツとつぶやきながら、晴奈に尋ねる。
    「砦内には兵士が少ない。そして責任者も不在、……と。
     えっと、セイナ。今、……4月だっけ?」
    「5月だ。5月20日……、ああ、もう日が変わっていたな。5月21日だ」
    「そっか。じゃあもう、中央政府との戦争が再開されている頃か。
     となると恐らく、フーは兵士を引き連れて北海に出てるんだろうね」
    「なるほど……。
     中央政府との戦いに出ている以上、『バニッシャー』も彼奴の手元にあるのは間違いないだろう。……一足遅かったか」
     晴奈はがっくりと肩を落とす。
     と、その様子をなぜか、トマスがしげしげと見つめている。それに気付き、晴奈はいぶかしんだ。
    「……何だ? 私の顔に何か付いているか?」
    「あ、ううん。……何でも」
    「……?」
     晴奈は首を傾げたが、他に気になることはいくらでもある。それ以上は特に、深く聞かなかった。
     と、晴奈はまた視線を感じ、振り返った。
    「誰だッ!?」「ひゃう!?」
     部屋の扉の陰から、おどおどとした女の声が聞こえてきた。
    「あ、あのぅ、どなたさんでしょうかぁ?」
    「その声……、トラックス少尉、かな」
     トマスが声の主に気付き、呼びかける。
    「あんまり騒いでほしくないんだ。そっと、こっちに入ってきてくれるかな」
    「は、はぁい……」
     きー、と音を立てて、扉が開く。トマスの予想していた通り、ミラが顔を出した。
    「は、博士ですかぁ? 何でここに……」
     ミラが入ってくる直前に扉の側に隠れていた小鈴が、ミラの体を羽交い絞めにする。
    「ひゃあ!」「動かないでね」
     ミラを拘束したところで、晴奈が素早く近寄り刀を抜く。
    「まず名前を聞かせてもらおうか」
    「あれ?」
     真剣な晴奈たちとは逆に、トマスが緊張感の無い質問をする。
    「央南人って自分から名乗るのがしきたりじゃなかったっけ」
    「……一々、話の腰を折るな」
     晴奈はイラついた目をトマスに向けながら、ミラに再度質問する。
    「私はセイナ・コウだ。後ろの女性はコスズ・タチバナ。これで満足か、トマス?」
    「あ、うん。変なこと言ってごめんね」
    「……」
     ミラが晴奈とトマスを交互に見ながら、恐る恐る口を開いた。
    「あ、えっとぉ、アタシはミラ・トラックスですぅ。お二人さんとも、央南の方なんですかぁ?」
    「そうだ。私は央南からはるばる、日上風が奪った剣を取り戻すためにここまで来たのだ」
    「そうなんですかぁ……。その、えっと、何て言ったらいいのか、残念でした、って言えばいいのか……」
    「何だ?」
    「ヒノカミ中佐、北海に出ちゃってるんですよぉ」
    「やはりそうか……」
     晴奈は小鈴に目配せし、ミラの拘束を解かせた。無理矢理に腕を極めたせいか、ミラは痛そうに腕をさすっている。
    「いた、た……」
    「ゴメンね、ミラちゃん」
    「いえ、お構いなくぅ」
     ミラは豊かな胸元から杖を出し、ボソボソと呪文を唱え始める。どうやら治療術で痛みを和らげようとしているらしい。
    「あ、あたしがやったげるわよ。ケガさせたのあたしだし」
    「いえ、これくらいは……」
     なぜか小鈴とミラは気さくに話し始める。
     その間に、晴奈はトマスと今後のことを相談することにした。
    「目的がここにいない以上、長居する理由は無い。
     フーが北海から戻るのは、いつぐらいだろうか?」
    「うーん……、早くても補給が切れる間際、6月半ばまでだろうなぁ。それまでは戻ってくる理由が無いと思うよ。万が一、フーが死んだりでもしない限り、だけど」
    「なるほど。……では先に、お主をフェルタイルまで送るとするか。いい時間潰しにはなりそうだ」
    「ありがとう、セイナ。
     そうだ、もしフーが戻って来るまでにもっと時間がかかりそうなら、それまで僕の家でゆっくりしていくといい。元々祖父の邸宅だったから、部屋だけは一杯あるんだ」
    「ふむ、ではお言葉に甘えるとしようか」
     話がまとまったところで、晴奈は小鈴に声をかけた。
    「小鈴、出発するぞ」
    「あ、うん。ソレなんだけどさ、晴奈」
     小鈴はミラの肩を持ち、もう一方の手で拝むような仕草を見せた。
    「この子も一緒に連れてってあげましょうよ」
    「は?」
     思いもよらない提案に、晴奈は目を丸くした。
    「この子最近、フーからの扱いが悪いらしいんだって。今回の戦いでも、同行させてもらえなかったって言うし」
    「そう言えば、そうだよね。側近なのにこの砦に残ってるって言うのは……。
     まだ側近のはずだよね、トラックスさん?」
     トマスの言葉に泣きそうな顔をしながらも、ミラはうなずいた。
    「まだちゃんと側近ですよぉ……。でも中佐、アタシのコトを陰で『とろくさい胸デブ』だって言ってるみたいでぇ……」
    「ナニソレ」
     小鈴の額に青筋が浮かぶ。
    「信じらんない暴言ね、ソレ。そーゆーコト言う奴、ガツンと張り倒してやりたいわ!」
    「さっきやっただろう、小鈴……」
     晴奈に突っ込まれるが、小鈴の怒りは収まらない。
    「ミラちゃん、あたしはアンタの味方だからねっ」
    「ありがとうございますぅ、コスズさぁん」
     二人はがっしりと手を握り合った。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.10.16 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・風砦録 4】へ
    • 【蒼天剣・風砦録 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・風砦録 4】へ
    • 【蒼天剣・風砦録 6】へ