FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・風砦録 6

     ←蒼天剣・風砦録 5 →あけましておめでとうございます
    晴奈の話、第452話。
    大掛かりなイタズラ。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     小鈴とミラ、二人が厚い友情を芽生えさせていたところに、のっそりとした声が投げかけられた。
    「……あの、俺も、一緒に行って、いい、か?」
    「あ、バリーですかぁ?」
    「うん……」
     扉を開け、非常に体格のいい、しかし妙に頼りなさげな顔の熊獣人が入ってきた。
     その男に、晴奈は見覚えがあった。
    「……む、貴様は!」
     晴奈はバリーを指差し、きつい口調で尋ねる。
    「貴様、2年前に央南のナイジェル邸……、エルスの家から、『バニッシャー』を盗み出した者の一人だな!」
    「え? ……あ!」
     バリーは元から垂れている眉をさらに下げて、深々と頭を下げた。
    「すみません! 本当に、すみませんでした!」
    「……え、あ、うむ」
     素直に謝られ、晴奈はどう返していいのか分からず硬直する。
    「本当に、あの時は、中佐の、その、わがままに……」
    「……お主、名前は何と言うのだ?」
    「あ、はい! その、バリー・ブライアンと、言います。階級は、その、一応、曹長で、はい」
    「そうか。バリーとやら、お主はどうやら悪い奴ではなさそうだ。そこまで頭を下げる必要は無い」
    「その、えっと、……はい」
     晴奈はポリポリと猫耳をかきながら、今度はバリーに優しく尋ねた。
    「それでバリー、お主は何故、私たちと同行したいと?」
    「その……、俺もミラと同じように、あんまり、最近、待遇がその、よくなくって」
    「バリーも『でかいだけのどもるグズ』って……」
    「聞けば聞くほど、ムカついてくるわねー……」
     怒り心頭の小鈴は、フーの部屋にある魔術を仕掛けることにした。
    「コレでよし。15分くらいしたら、……クスクスクス」
     その様子を離れて見ていたトマスは、晴奈に耳打ちした。
    「どうもコスズさんって、あんまり怒らせたらいけないタイプの人みたいだね」
    「ああ、長い間一緒に旅をしているが、怒ると見境が無い」

     五人が砦を出てから数分後、砦の最上階からにょきにょきと何かが伸び始めた。
    「な、何だぁ!?」
    「モンスターか!?」
     夜中のことで、兵士たちはそれが何なのか判別できなかった。そして朝になり、伸びた「それ」の正体がつかめた。
    「これ……」
    「巨大な、……木?」
     小鈴が部屋に置いてあった観葉植物を土の術で伸長させ、大木にしたのだ。
    「どうする? これ……」
     あまりに巨大なため完全に伐ることはできず、かと言って砦に食い込んだこの木を焼いてしまえば、そのまま砦が焼けてしまう。
    「どうするったって……」
    「どうしようもないですよ、……ねぇ」
    「じゃ、……とりあえず閣下が戻ってきてから考えようか。あの人の部屋だし」
    「……そうだな」
    「……そうしましょうか」
     ところが結局、フーはこの部屋に戻ってくることは無かった。そのため大木も処理されることなく、そのまま砦に食い込んで成長し続けた。
     後年、この大木はウインドフォートの名物になったと言う。



     晴奈たちは知る由も無かったことだが――トマスを助け、ミラとバリーを伴って砦を離れたこの夜こそ、フーが大火を倒したその夜だったのだ。
     そして、「大火がこの世界から姿を消した」と言うこのイレギュラーな事態が、晴奈たちにまたも数奇な運命を辿らせることなど、この時の彼女らにはまったく予想も付かなかった。

     晴奈たちの、そして晴奈の運命は、急速に動き始めていた。
     しかし――誰にも分かるはずはないが――運命が動いているその兆候に、晴奈も、他の四人も、気付いてはいなかった。

    蒼天剣・風砦録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・風砦録 5】へ
    • 【あけましておめでとうございます】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    大体積み重ねによって、世界の情勢は変わるものですけどね。
    そこに冒険者が関わるというのは面白い展開だな・・・と思います。結構、ロジカルに考える方なので余計に面白いです。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・風砦録 5】へ
    • 【あけましておめでとうございます】へ