FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・回北録 2

     ←蒼天剣・回北録 1 →蒼天剣・回北録 3
    晴奈の話、第454話。
    小鈴とミラの共通点。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     グリーンプールに戻ってすぐ、晴奈たちは山間部へ向かうための準備を始めた。
    「具体的にはどのように進むのだ?」
    「ルートは2つある。一つは主に軍が使っている、グリーンプールの東から首都付近へと直結しているキルシュ峠。だけど勿論、こちらはヒノカミ軍閥によって管理・封鎖されている。このルートは、僕らには使えない。
     そこでもう一つの、一般的に使われているルートを進むことにする」
     トマスは地図を広げ、グリーンプール北東にある峠道を指し示した。
    「それがこの、ノルド峠。こちらは軍が管理しているわけじゃないから、恐らくすんなりと進める。さらにその先、山間部と沿岸部の中間に広がる平野を抜け、もう一度峠道を進む。
     そこを越えれば山間部、首都フェルタイルに到着する」
    「なるほど」
    「だけど、整備されているとは言え昔からの難所だから、しっかり準備しないといけない。今日一日使って、装備を整えよう」
     晴奈たち五人は街へと繰り出し、食糧と登山用品を探しに出た。

     五人の中で最もかしましいのは小鈴とミラである。
    「ねー、コレ何? この、真っ白い塊」
    「あー、コレはですねぇ、お魚とかの塩漬けですねぇ。このまま焼いてぇ、周りの塩を砕いて中身を食べるんですよぉ」
     食糧品店を回りながら、楽しそうに騒いでいる。
    「へー、変わった食べ物ねぇ。中央じゃ、見たコトないわ」
    「そうなんですかぁ? こっちの方だと、割と良くある食べ物ですよぉ」
    「一回食べてみたいわね、コレ」
    「あ、じゃあ中身を取り出したの、買ってみますぅ? あっちに並べてありましたよぉ」
    「うん、食べる食べるっ」
     二人の様子を後ろで見ていたトマスがボソッとつぶやく。
    「仲いいなぁ、あの二人」
    「そうだな……」
    「……それにしても、まあ、その」
     なぜか口ごもるトマスをいぶかしみ、晴奈はトマスに目を向けた。
    「どうした?」
    「その、なんだ、……似ているよね、あの二人」
    「ふむ」
     そう言われて眺めてみると、小鈴とミラは確かに良く似ている。
     髪の色や肌の色合いは違うが、身長も近く、声の質も似ている。央南人離れした小鈴の目鼻立ちも、北方では良くなじんでおり、ミラの顔に似ていると言えば、そう見える。
     それに体型の方も――。
    「……ああ」
    「ん?」
    「お主もそう言う口か」
    「え? 何が?」
     晴奈は少し口を尖らせ、自分の胸を指で叩く。
    「お主も胸が大きい女の方が好みなのだな」
    「あ、いや。そうじゃなくて、いや、否定はしないけど」
    「まったく……」
     晴奈は呆れ、ため息をつく。
     晴奈としては「これも男の性と言うものか」と内心笑っていたのだが、慌てるトマスがうっかり放った一言が、彼女の逆鱗に触れてしまった。
    「いや、そのね、別に胸が大きいとか小さいとか、そんな点で女性を見たりしないよ、僕は、うん。セイナも魅力的だって、その、体型は別にして」
    「……何だと?」

     魚の塩包み焼きをほおばり、小鈴は幸せそうな笑顔を浮かべている。
    「あんなに塩でゴテゴテ固めてたから塩辛いかなーとか思ってたけど、いーい感じに味が馴染んで、……ちょー美味しーぃ」
     ミラも両手で塩焼きをつかみ、チビチビと食べながらニコニコしている。
    「えへへー……、喜んでもらえたみたいで嬉しいですぅ」
     北方料理を堪能しつつ、小鈴とミラは晴奈たちのところに戻った。
     と、晴奈が顔を真っ赤にし、トマスに怒鳴りつけているのが見える。
    「……あれぇ?」
    「何かあったのかしら?」
     二人の横でおろおろしていたバリーに話を聞いてみると、彼は顔を赤くして「なんか、その、……いや、……えっと」と、要領を得ない答えを返してきた。
    「……何が何だか」
     小鈴とミラは、首をかしげながら晴奈を眺めていた。

    「この、大馬鹿めッ!」
     晴奈はトマスをにらみ、なおまくしたてる。
    「いや、ごめん。ほめたつもり……」
    「どこがだッ!」
     そこで、晴奈が刀に手をかけた。
    「え」
    「ちょ、晴奈!?」
     やりすぎだと慌て、小鈴たちが止めに入ろうとした。が――。
    「……それはそうと!」
     晴奈は横から飛び込んできた何者かを牽制すべく、刀を抜いて彼らに顔を向けた。
    「取り込み中だと言うのが見て分からぬか、雑兵!」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・回北録 1】へ
    • 【蒼天剣・回北録 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・回北録 1】へ
    • 【蒼天剣・回北録 3】へ