FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・回北録 6

     ←蒼天剣・回北録 5 →蒼天剣・回北録 7
    晴奈の話、第458話。
    古ぼけた若者。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     突然かけられた声に、晴奈たちは全員驚き、即座に武器を構えた。
    「何者だ!?」
    「そんな、警戒せんでくれ……」
     現れたのは黒眼鏡をかけ、黒ずんだ古い官服に身を包んだ、金髪のエルフだった。
    「何者だ、と聞いている! 答えろ!」
     晴奈は刀をエルフに向け、威嚇する。
    「すまぬが、もう少しゆっくり、話してくれぬか……」
     男は妙に、古臭い話し方をする。それはまるで――。
    「お、おにーさん、おいくつですかぁ? なんか、おじーちゃんみたいなしゃべり方ですけどぉ……」
    「……? すまぬ、主らが何と言うておるのか、皆目理解できぬ」
     男は困った顔でおろおろするばかりだった。

     ともかく晴奈たちは近くの石や倒木に座り、自己紹介をした上で男の話を聞くことにした。
    「それでお主、名は何と言う?」
     晴奈は膝に狐を乗せたまま、男に尋ねた。
    「わしは、……あ、いや、僕、は」
     自分の話し方が非常に古風だと悟ったのか、男は晴奈たちの言葉を真似ている。
    「らん、……いや、……その」
    「うん?」
     男は一瞬黙り込み、顔を上げた。
    「ネロ、と呼んでくれ。……ネロ・ハーミットで」
     その様子からすぐに偽名だと分かったが、誰も特にとがめなかった。
    「……分かった、ネロ。それで、何故こんなところにいるのだ?」
    「その前に、……その、良ければ教えてほしいことなんだけど」
     ネロはまた一瞬黙り込み、ぽつりぽつりと尋ね始めた。
    「今は、……えーと、今の日付を教えてほしいんだ。今は何年の、何月何日かな」
    「520年の、5月29日だ」
     日付を聞いたネロは驚いたような表情を浮かべる。
    「ご、……そうか、520年、5月29日、ね。これ、双月暦だよね」
    「勿論だ」
    「それでその、変なことばかり聞いて申し訳ないんだけど、ここは北方のブラックウッド、で間違いないかい?」
    「恐らく、そうだ。既に廃村になっており、詳しく確認はできぬが」
    「そっか、そうだよね。……えーと、じゃあ、ここはジーン王国領、だよね?」
    「そうだ」
    「その、世界情勢とか、聞いておきたいんだけど」
    「んじゃあたしが説明するわね、そーゆーのは詳しいし」
     小鈴が手を挙げたところで、ネロは「あ……」と声を出し、さえぎった。
    「ん? どしたの?」
    「コスズさん、だっけ。彼女に話を聞いている間に、お願いしたいことがあるんだ」
     ネロは立ち上がり、霧の向こうを指差す。
    「あっちに古い山道があるんだけど、そこに僕の仲間を寝かせているんだ。ひどく衰弱しているから、動かせなくって。誰か、看病してくれないかい?」
    「衰弱した仲間、か。相分かった、向かおう」
    「ありがとう、セイナさん」
     ネロは深々と頭を下げ、晴奈から狐を渡された後、小鈴との会話に移った。
     余談だが、やはりこの狐はネロが飼っていたものらしい。小鈴が話をしている間ずっと、狐はネロの膝の上にちょこんと座っていた。

     ネロが伝えた山道は、洞穴になっていた。
    「なるほど、ここなら雨風をしのげるな」
    「それにもしかしたら、ここが僕らの探していたルートかも知れない」
     入ってすぐに、ネロが看病していたと思われる女性を見つけた。緑髪に黒い耳と尻尾を持った猫獣人で、ひどく顔色が悪い。
    「大丈夫か?」
    「……」
     返事は無い。呼吸は聞こえるので、どうやら眠っているようだ。
    「バリー、毛布を出してくれ。ともかく体を温めてやろう」
    「分かった」
     バリーが荷物を下ろしている間に、晴奈とトマス、ミラはその「猫」を観察した。
     ネロと同様に、着ているものは非常に古めかしい。だが古着と言うわけではなく、デザインが異様に古臭いのだ。そして服だけではなく、アクセサリや装備しているものも、妙にレトロさを感じる。
    「やけに古風な格好だな……?」
    「単純にレトロファッションが好き、にしてもぉ、いくらなんでも古着すぎますよぉ。コレじゃまるで、仮装ですよぅ」
    「ネロも、いやに古い服を着ていた。何でだろうね……?」
     三人は一様に首を傾げるが、その理由は見当も付かなかった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・回北録 5】へ
    • 【蒼天剣・回北録 7】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    かと言って「自分はこう言うものだ」などと懇切丁寧に伝えてもやはり、怪しさ満点。
    このシチュエーションだと何を言っても……。

    NoTitle 

    「警戒せんでくれえ」とか、「俺は敵じゃない!!」とかって余計に警戒しますよね。。。。いや、本人は真面目に言っているんでしょうけど、余計に警戒してしまうのは心理なんでしょうかね。

     

    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくです(*゚ー゚)ノシ

     

    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくおねがいしますねーふふッ
    (☆´ー`)ノ
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・回北録 5】へ
    • 【蒼天剣・回北録 7】へ