FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・回北録 7

     ←蒼天剣・回北録 6 →蒼天剣・回北録 8
    晴奈の話、第459話。
    レトロファッション?

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     しばらくすると、小鈴とネロが晴奈たちのところに戻ってきた。
    「コスズさんのおかげで、色々と分かったよ。……と、彼女はまだ目を覚まさないみたいだね」
    「ああ。眠ってはいるが、顔色はあまり良くない。食糧も持ってきているし、目を覚まし次第食べさせた方がいいだろう」
    「ありがとう、助かるよ」
     ネロが頭を下げたところで、「う……ん」とうめき声が聞こえてきた。
    「あ、起きたかな」
     ネロは女性の元に近寄り、声をかける。
    「大丈夫かい?」
    「……」
     何かボソボソとしゃべっているが、良く聞き取れない。ネロは晴奈たちに向き直り、もう一度頭を下げた。
    「すまないけれど、ちょっと二人きりにしてもらってもいいかい?」
    「ああ、構わぬが……」
     顔色の悪いその女性を見て、晴奈は不安になる。
    「ひどく衰弱しているようだ。医者に診せるなりゆっくり休ませるなり、処置を受けた方がいいのでは?」
    「そうだね。……あー、と。この山道、実は進んでいくと、山間部に出られるようになっているんだ。彼女をどうにかして上まで運んで、そこで診察してもらおう」
    「えっ」
     トマスが驚き、尋ね返す。
    「山間部って言うと、フェルタイルに?」
    「ああ。……いいかな、二人きりにしてもらっても」
    「あ、うん」
     晴奈たちはネロと女性を置いて、洞穴を出た。

    「大当たり、ね」
     洞穴から離れたところで、五人は輪になってネロの話を吟味する。
    「そうみたいだね。……いや、まさか本当にあるなんて」
    「コレで軍閥の件、何とかなりそうですねぇ」
    「そうだな。……それにしても、あのネロと言う男」
     晴奈は腕を組み、ネロの素性を怪しんでいる。
    「着ているものも、話し方も、そして何故こんなところにいるのか、も。何から何まで、怪しい点ばかりだ。
     一体、何者なのだろうか」
    「さあ……、分からないな。だけど多分、悪い人間ではないと思うよ。警戒している様子は無かったし、誰かに追われている感じでは無さそうだった」
    「それは確かに。……となると、ここに隠棲していたのだろうか」
    「お名前も『ハーミット(隠者、隠れ住む者の意)』さんでしたしねぇ」
    「それにしては、洞穴に家具も何も無かった。まるで、いきなりどこかから強制的に運び込まれたかのように、何も持っていなかった。
     僕のプロファイリング(行動や所持品などの手がかりから、人物の素性を洗い出す推理法)を以ってしても、彼が何者なのかさっぱり分からないよ」
     トマスは空を仰ぎ、両手を上げた。
    「お待たせ」
     と、ネロが歩いてくる。
    「ごめんね、何度も待たせちゃって。今、君たちのことを彼女に説明していたんだ。すまないけれど、またこっちに来てくれるかな?」
    「ああ、構わぬ」
     五人はネロを先頭にして、もう一度洞穴に向かった。
    「コホン、……ジーナ、戻ってきたよ」
    「ん……」
     先程まで横たわっていた女性が上半身を起こす。
     だが、なぜか晴奈たちの方に顔を向けようとしない。と言うよりも、皆がどこにいるのか分かっていないような様子である。
    「もしかして、目が?」
    「そのようじゃ……」
     ジーナと呼ばれた女性も、ネロに会った時と同じように老人のようなしゃべり方をしている。
    「皆さん、すまぬがまだ、脚に力が入りきらんので、失礼じゃがこのままの状態で、挨拶させてくだされ。
     わしの名は、ジーナ・ルーカス、と言う。その……、気が付いたらこの場所におったんじゃ。そちらにおるネロも、同様に連れ去られてきたと」
    「ふむ」
     トマスは興味を惹かれ、ジーナをまじまじと見つめる。
    「目は、前から悪かったの?」
    「いや……、目が覚めた時から、じゃな」
    「と言うことは、失明は体の衰弱から来ているのかも知れないね。早めに治療を受けた方がいい。……バリー、頼めるかな?」
    「ああ、分かった」
     バリーはジーナの体を助け起こして背負い、これ以上疲労しないように布でしっかりと固定した。
    「少し辛いかも知れないけど、我慢してね」
    「うむ……」
     バリーが背負おうとしている間にも、トマスはジーナを観察していた。
    (見た感じ、20台半ばくらいだな。顔は一般的な北方系だし、言葉も――大分古いけれど――北方語の雰囲気がある。間違いなく、北方人だろうな。
     それにしても気になるのは、その『古さ』だ。一体、なぜこんなにも、古臭い服装や言葉遣いをしているんだろう? まるで、100年も200年も昔からタイムスリップしたような……)
    「よし、準備は整った。すぐ向かおう」
    「あ、うん」
     途中でネロにさえぎられ、トマスは観察をやめた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.10.16 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・回北録 6】へ
    • 【蒼天剣・回北録 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・回北録 6】へ
    • 【蒼天剣・回北録 8】へ