FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・黒隠録 4

     ←蒼天剣・黒隠録 3 →蒼天剣・黒隠録 5
    晴奈の話、第464話。
    旅の始まりと終わり、の兆し。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     日上軍閥制圧案が出された翌日、晴奈はジーナを見舞いに来ていた。
    「具合はどうだ?」
    「ああ、良くなっておるよ」
     古臭く、しかし楽しげに話すジーナを見て、晴奈はクスッと笑う。
    「どうした?」
    「ああ、いや。ネロも奇妙な男だが、ジーナもなかなか不思議だな、と。
     何故そのような、老人のような話し方を?」
    「老人、とな? いや、わしは平常通りに話しているつもりじゃが」
    「それが古臭い。私の言葉遣いも堅いと良く言われているが、お主の話し方はそれを上回る」
    「そうかの……」
     ジーナは戸惑ったような顔をして、うつむいてしまう。
    (あ、まずかったか?)
     晴奈は悪いことを言ってしまったかと反省し、付け加える。
    「いや、おかしいことは無い。良く言えば、個性的と言える」
    「そうか……。いや、わしも少なからず、周りと言葉が合わぬとは思うておった。じゃがの、わしは20年以上もこの話し方をしとったもんでな。
     時代が変わったからと言って話し方もガラリと変えるのは、難しいもんじゃて」
    「時代?」
     奇妙な言い回しに、晴奈は首をかしげる。
    「あ、いや。何でもない。……まあ、その。良ければセイナ、今風の言葉遣いを教えてほしいんじゃが」
     そう頼まれて、晴奈はうなる。
    「私に、か? うーむ……」
    「ダメかの」
    「いや、私は央南人だからな。北方や央北で使われている言葉は、あまり得意ではないのだ」
    「うむー……」
    「だが、同じ央南人でも小鈴なら語学に長けている。小鈴なら分かりやすく教えてくれるだろう」
    「ふむ。コスズは、何でも知っておるのじゃな」
     感心するジーナに、晴奈も同意する。
    「ああ。政治経済から風土史、魔術、料理、裁縫と、あの人は何にでも通じている。私の師匠と同じくらい、尊敬している人だよ」
    「ほう……」
     そうして取り留めも無く会話していると、うわさをしていた張本人――小鈴がやってきた。
    「どもー」
    「ああ、小鈴」
    「今日はこっちにいたのね、晴奈。……っと、ジーナ。あの話、考えてみてくれた?」
    「あの話?」
     晴奈が尋ねると、小鈴はニヤニヤしながら説明してくれた。
    「あたしたちと一緒に、旅しないかってコト」
    「ほう、それは……」
     晴奈は一瞬、それもいいなと思いかけた。
     しかし同時に、自分が今北方にいる理由を思い出し、返事に詰まった。
    「どしたの?」
    「……いや。もしかしたら、私の方が、旅を終わりにするかも知れぬ」
    「えっ?」
     小鈴は意外そうな顔で、晴奈を見つめた。
    「……あー、そっか。アンタの旅って元々、日上を追いかけてたんだもんね。一杯、寄り道しちゃったけど」
    「そうだ。そして北方、奴の本拠地に到着したのだ。もう旅は、終わりを迎えようとしている」
    「そっか、そーよね。……そっかー」
     その時、小鈴はひどく寂しそうな表情を見せた。
     晴奈も、同じ気持ちだった。
    「……あれ?」
     と、また小鈴が表情を変える。
    「どうした?」
    「アンタの旅って、厳密に言えば日上の『バニッシャー』が狙いじゃなかった?」
    「そうだが」
    「こないだネロが提案した、克との取引って……」
    「あ」

    「ふーん……」
     晴奈から話を聞いたネロは、短くうなった。
    「問題はないんじゃない?」
    「何故だ?」
    「元々、そのエルスさんが『バニッシャー』を奪ったのだって、北方の戦争回避が目的だったんだし、それならタイカに引き渡すのも戦争の終結につながることだから、エルスさんも納得するだろう」
    「あ、なるほど」
    「トマスが今、軍本部で会議に参加している。恐らく軍閥解体に関しての意見調整、具体策の検討と言ったところだろう。
     人手がいるだろうから、君も参加してみたらどうだろう?」
     ネロの提案に、晴奈は深くうなずいた。
    「ああ。その話が出たら是非、参加させてもらうとしよう」
     と、玄関の扉が開く音がする。少し間を置いて、トマスが居間に入ってきた。なぜか、その顔は意気消沈したように暗い雰囲気を帯びている。
    「ただいま……」
    「おかえり。……どうした?」
    「遅かったよ……。ヒノカミ軍閥は既に、王国と袂を分かった。
     もうとっくに、北方にはいなかったんだ」
    「なん……、だって?」
     思いも寄らないその話に、晴奈もネロも愕然とした。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.10.23 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・黒隠録 3】へ
    • 【蒼天剣・黒隠録 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    そうなりそうですね。

    おかえりなさい。
    こちらこそよろしくです。

    NoTitle 

    国破れて山河あり。
    ・・・まるでそんな展開になりそうですね。


    帰りました。
    またよろしくお願いします。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・黒隠録 3】へ
    • 【蒼天剣・黒隠録 5】へ