FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・騒北録 1

     ←クルマのドット絵 その26 →蒼天剣・騒北録 2
    晴奈の話、第466話。
    ネロの調べものと、ジーナの買い物。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦520年6月上旬、世界が克大火の死と言う一大ニュースに騒然としていた頃。
    「ねえ、トマス」
    「ん?」
     ネロが不意に、こんな頼みごとをしてきた。
    「軍の資料室に連れて行ってほしいんだ。街の図書館には、いい資料が無くって」
    「いいけど……、何を調べたいの?」
    「ああ、うん。ちょっと、ね」
    「……?」
     言葉を濁すネロを不審に思いながらも、トマスはその頼みを承諾した。

     資料室に着くなり、ネロは机の上にドサドサと資料を積み上げ始めた。
    「手伝おうか? 何を持ってくればいいかな?」
    「あ、いいよ。一人で調べたいことがあるから」
    「そう? これ全部読むの、かなり手間じゃ……」
    「いや、大丈夫。悪いけれど、夕方まで一人でいさせてほしいんだ」
     やんわりと断られ、トマスは仕方なくネロを残し、資料室を出た。
    (夕方まで、か。……あんまり本部でブラブラしてると、またお偉いさんに声をかけられそうだしなぁ)
     状況が騒然としている今、声をかけられれば確実に面倒ごとに巻き込まれる。
     トマスはそそくさと本部を後にし、街へと出て行った。



     半月以上の入院を経て、ジーナの体調はすっかり回復した。
    「おっと、と」
     しかし結局、視力は十分には回復せず、ジーナは晴奈の手を頼りに歩いている。
    「大丈夫か?」
    「うむ、小石に足を引っ掛けたようじゃが、異常はない」
    「そうか。……杖でも買っていくか?」
    「そうじゃな、必要になる。見繕ってくれぬか?」
    「私の見立てで良ければ」
     晴奈とジーナは病院を出た足で、街へ向かった。

     街に着き、晴奈はジーナの手を引いて店に入った。
    「ふむ、杖と言っても色々あるな」
     店の棚には、色とりどりの杖が並んでいる。と、ジーナが晴奈の横顔をぺたぺた触ってくる。
    「な、何だ?」
    「すまぬ、ちと……」
     ジーナの手が晴奈のあごから頬、もみあげと上がり、猫耳へと行き着く。そこでジーナが顔を寄せ、耳打ちしてきた。
    「できれば、あまり老人然としたものでないのが良いのじゃが」
    「ああ……」
     そこに、二人の様子を見ていたらしい店員が近寄ってきた。
    「大丈夫ですよ。若い身障者さん向けのも、置いてありますから」
    「そ、そうか? では……」
     ジーナは声を頼りに店員の方を向き、おずおずと注文した。
    「可愛らしくて、青い色の杖は、ありますかの?」
    「え? ええ、ありますよ。……お客さん、お若く見えますけど、おいくつですか?」
     店員はきょとんとした顔で、ジーナを眺めてきた。
    「ん、……ああ、えっと、25、じゃ」
    「どこにお住まいだったんですか? 何かすごく、落ち着いた話し方を……」
    「ああ、うむ、その……」
     返答に詰まるジーナを見かね、晴奈が助け舟を出した。
    「彼女は事故で記憶と視力を失ってしまってな。自分の名前などは覚えているのだが、出身地など細かいことは、覚えていないそうだ」
    「あ、そうでしたか。すみません、お客さん」
     ぺこりと頭を下げられ、ジーナはパタパタと手を振る。
    「あ、いや、そうかしこまらず」
    「えっと、それじゃ、……青くて可愛い杖、でしたよね。これなんかどうでしょう?」
     店員が棚から杖を一本取り出し、ジーナに渡す。
    「ふむ……、セイナ、どうじゃろ?」
    「ああ、可愛いと思うよ」
    「そうか。ではこれを、……と」
     ジーナはまた困った顔をしたが、晴奈にはその理由がすぐ分かったし、これにも助け舟を出してやった。
    「ああ、私が立て替えておこう」
    「すまぬ、セイナ」
    「いい、いい。気にするな」

     店を出た晴奈とジーナは、杖の使い心地を確かめるためにブラブラと歩いてみた。
    「ふむ……、やはり杖があると違うのう。さっきよりは安心して歩ける」
    「それは何より。……だが、まだやはり危なっかしい感じはある。一人で歩けるようになるのは、難しいかも知れぬな」
    「うむ……。まあ、それでも構わぬ。こうして手をつないでおると……」
     ジーナは晴奈の手を強く、しかし優しげに握り、にっこりと笑った。
    「『自分は一人ではない』と言うことを、ひしひしと感じられるからの。
     人の温かみは、まことに心地良い。このような寒い土地では特に、のう」
    「はは、そうか。そうだな、確かに温かい」
     晴奈も優しく握り返し、手で笑顔を示した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【クルマのドット絵 その26】へ
    • 【蒼天剣・騒北録 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【クルマのドット絵 その26】へ
    • 【蒼天剣・騒北録 2】へ