FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・騒北録 5

     ←蒼天剣・騒北録 4 →クルマのドット絵 その27
    晴奈の話、第470話。
    晴奈、ついに帰郷。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「ほーう」
     話を聞かされた晴奈は、非常に嫌そうな顔をしてトマスに応えた。
    「確かに私は、その二人と親しい。が、ヘレン女史とはそうそう何度も会えるわけではないし、父上に借りを作りたいとも思わぬ」
    「そこを何とかさ……」
    「断る」
     晴奈はぷい、とそっぽを向く。と、ここで小鈴が間に割って入った。
    「そー言わないで、さ。世界平和もかかってるんだし、助けてあげなって」
    「いや、そうは言うが……」
     晴奈はばつが悪そうな顔をし、コリコリと猫耳をしごいている。
    「ま、2年も会ってないお父さんにいきなり『この人を助けてあげて』なんて、言いにくいわよねぇ」
    「いや、そうでは、……うーむ、似たようなものか。確かに国際的な問題となると、いくら私と父上の関係でも、相談はしにくい。
     そもそも、まだ『バニッシャー』も取り戻していないのに、故郷に帰るわけにはいかぬ」
     晴奈の返答を聞き、ネロも話の輪に加わってきた。
    「そう言うことならさ、むしろ帰らないといけないんじゃないかな」
    「何?」
    「中佐が『バニッシャー』を持ったまま、央北に入ってしまったからさ。
     央北への道が完全に閉ざされた今、個人レベルの力じゃ最早、央北に足を踏み入れることすらできない。国際的協力が無ければ、彼を追うことは不可能だよ」
    「だから父上に泣きつけ、と?」
    「そうは言ってない。交渉を行うのはあくまでトマスであり、君はその橋渡し、仲介を行うだけだ。それなら何てことないだろ?」
    「ふむ……、仲介、か。……しかし……」
     晴奈は一瞬うつむき、こう返した。
    「……しばらく、考えさせてくれ」

     晴奈は小鈴を連れて、一旦部屋に戻った。
    「小鈴。……どうすればいい?」
    「どう、って。あたしの意見を率直に言えば、『帰ったらいいじゃん』なんだけど」
    「だろうな。私も同意見だ。……でも」
     晴奈は顔を両掌でこすりながら、ボソボソと話す。
    「何と言うか、どうにも……、な」
    「何ソレ?」
    「確かにネロの言う通り、『バニッシャー』を取り戻すには私一人ではもう、どうしようもない。父上とヘレン女史に会う必要はある。……頭では、納得している。
     でも、……まだ、申し訳が立たないと、そう感じているんだ」
    「申し訳って、誰に?」
     晴奈は顔を上げ、ぽつりと答える。
    「エルスだ。あいつには何かと手助けしてもらったし、今も我が故郷のために尽力してくれている。何より、私の大切な親友だ。
     そんなあいつに、私は何にも持って帰って来られず、あまつさえ『お前の剣を取り戻すため、力を貸してくれ』などと頼むのは、あまりにも情けない。
     私はまだあいつに、何もしていないのだ。その上で頼み込むなど……」
    「……はー」
     腕組みをして聞いていた小鈴は、ひょいと晴奈の額に手を伸ばし、デコピンした。
    「このっ」「あいたっ?」
     突然額を叩かれ、晴奈は困惑する。
    「な、何だ?」
    「あのねー晴奈。ソレ、違うって。親友に対してそんな言い訳ぐちゃぐちゃ続けて結局会わない方が、それこそ申し訳ないでしょーが。
     大体さ、そのエルスさんに黙って旅に出ちゃったんでしょ? ホントに親友なら、ものすごーく心配してるわよ、きっと。
     だからさ、いっぺん帰ってみなって。それともさ、ずーっと心配かけるのが、アンタ流の親友との付き合い方なの?」
    「……む、う」
     小鈴の言葉に、晴奈は短くうなった。
    「……そうだな。もう随分、会っていない。心配もさせているだろうな。小鈴の言う通りだ。
     そろそろ潮時、か」
    「そーよ。戻りましょ、晴奈」
     微笑む小鈴に、晴奈は深々とうなずいた。
    「ああ。戻ろう、我が故郷に」



     双月暦520年8月。
     晴奈の2年に及ぶ、長い旅が終わりを告げた。

    蒼天剣・騒北録 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    旅に出たのが163話、518年の7月。
    307話分、2年1ヶ月間の長旅でした。
    現実の時間でも、163話が掲載されたのが2008年の12月9日
    1年以上をかけた、相当長い旅行記になりました。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.10.23 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・騒北録 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その27】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    時間をどれだけ長く感じるかについては、
    自分は寿命と言うより、経験だと考えています。
    307話分、約60万文字にも及ぶ長旅を、短いと言えるかどうか。

    現実世界の1年、2年も、思い返せばあっと言う間に感じたとしても、
    決して短いものでは無かったと、自分自身の経験ですが感じています。

    NoTitle 

    2年…私にとっては短いようにも思えます。
    その世界の寿命にも寄りますけどね。
    私は10年ぐらい実家と距離を置いていましたからね。
    年月の重みってその人しか分からないですよね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・騒北録 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その27】へ