FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・帰郷録 5

     ←蒼天剣・帰郷録 4 →クルマのドット絵 その28
    晴奈の話、第475話。
    真っ黒な手紙。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    ――クク……、いいとも。剣豪、黄晴奈の代名詞になるような逸品を約束しよう――
     2年前、518年のワルラス卿暗殺の直後。大火は確かに、晴奈へ刀を贈ると約束した。
    (そう言えば、どうなった……?)
     克大火は「契約の悪魔」とも呼ばれている。彼はどんなことがあろうと、一度交わした契約・約束を自分から破ることは無いからだ。
    (とは言え黒炎殿は、日上との戦いで討たれたと聞いている。流石の悪魔も、死んでしまってはその約束を、果たせはしないのではないか……?)
     晴奈は無意識に、手紙の山から覗いていた黒い封筒に手を伸ばしていた。
     その手紙に差出人の名前は無く、消印も押されていなかった。だがそのことが逆に、これを出したのが誰なのか、晴奈に理解させた。



    「刀が完成し、届けに向かったのだが、旅に出ていると伝え聞き、持ち帰った。
     俺も現在何かと立て込んだ身なので、二度も足を運ぶ暇は無い。だから、お前の方から取りに来い。
     同梱してある魔法陣を使い、納めてある場所に行け」



     晴奈は震える手で、明奈に魔法陣の描かれた便箋を差し出す。
    「頼めるか……?」
    「え、ええ。……」
     明奈は便箋を受け取り、呪文を唱え始める。が――。
    「……ぜー、ぜー」
    「ちょ、息切れって」
     呪文があまりにも長く、明奈がばてた。見かねた小鈴が便箋を受け取り、眺めてみる。
    「……ながっ」
    「ぜー、これ、ぜー、一体どこ、ぜー、なんでしょうか?」
    「普通のテレポートじゃないわね……。あたしも前にソレ系の魔法陣見たコトあったけど、相当ヘンテコなトコに飛ばす気ね、コレ。全部唱えようと思ったら、相当魔力がいるわよ。
     そりゃ、明奈ちゃんもバテちゃうって」
    「以前に黒炎殿と共に飛んだ際は、一瞬だったのだが」
    「そりゃ、克だし。……あたしが手伝っても、まだ足りないわよ」
    「……どうしたものか」
     晴奈はチラ、とリストの長い耳を見る。
    「無理無理、魔術分かんないし」
    「うーむ」
    「……ちと、いいかの?」
     ジーナがそっと手を挙げる。
    「わしもそれなりに魔術の心得はある。三人なら何とかなるか、と」
    「でもジーナ、この呪文見える?」
    「ちと、貸してくれ」
     ジーナは小鈴から便箋を受け取ろうと、手を伸ばす。が、見当違いの方向に手が伸び、晴奈の体をつかむ。
    「む?」
    「それは私の肩だ」
    「んふふ、はい、コレ……」
     小鈴が苦笑しながら、晴奈につかまったままのジーナに便箋を渡した。
     その瞬間――。

    「……ん? 空気が……、変わった?」
    「え……っ」
     晴奈とジーナは、見たことの無い場所に飛ばされていた。
    「どうしたんじゃ、セイナ?」
    「ど、どこだ……、ここは?」
     そこは霧の深い、どこかの湿原だった。背後には岩山がそびえ、容易に乗り越えることはできそうにない。
    「せ、セイナ?」
     ジーナが晴奈の服を強くつかみ、怯えた声を出す。
    「一体、どうなったんじゃ?」
    「どうも、あの魔法陣のせいらしい。どこか別の場所に飛ばされたようだ」
     深い霧のせいで、足元もぼやけて見える。
     晴奈はジーナの手をしっかりとつかみ、トントンと軽く肩を叩いた。
    「視界はひどく悪い。ともかく、どこかに落ち着ける場所を探そう。しっかりつかまっていろ」
    「う、うむ」
     と――遠くの方から、どん……、どん……、と、鈍く重々しい音が響いてくる。
    「……何だ?」
     音は次第に近付いてくる。晴奈は危険を察知し、ジーナの手を引いて走り出す。
    「ジーナ! 逃げるぞ!」
    「えっ? えっ?」
     突然飛び出した晴奈に引っ張られる形で、ジーナはヨタヨタと走り出した。

     その直後――晴奈とジーナが立っていた場所に、地響きを立てて巨大な岩の塊が飛び込んできた。
    「……侵入者……」
     続いてもう一個、いや、もう一体、岩の塊が飛んでくる。
    「……侵入者……形跡あり……」
     さらにもう一体。
    「……『F5』……防衛……」
    「……侵入者……排除……」
     岩の塊たちは、ゴトゴトと音を立ててその場を離れていった。

    蒼天剣・帰郷録 終

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.10.30 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・帰郷録 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その28】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    「蒼天剣」はなるべく、ファンタジーと冒険モノの基本に徹しようと書いた作品です。
    「まさに王道」と言っていただけると、非常に嬉しく思います。

    自分も某少年誌、いずれもここ数年読んでませんね。
    以前に一度目を通したことがありましたが、
    「笑いのツボがなんか違う……」と落胆してしまった記憶があります。
    僕が大人になったのか、雑誌の質が落ちたのか……。

    NoTitle 

    お、この辺は王道ですね。素晴らしいです。
    私じゃ書けない発想なので、
    そういえば、某少年誌のマンガを最近読んでないですね。。。
    今読むと、また違った面白い味を感じるんでしょうね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・帰郷録 4】へ
    • 【クルマのドット絵 その28】へ