FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・狐騒録 1

     ←蒼天剣目次(第8部;天国と地獄編 前編) →蒼天剣・狐騒録 2
    晴奈の話、第485話。
    ミッドランドに眠る怪物。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    《……ん……》
     暗く、静かな底。
    《誰だ……オレを呼ぶのは……》
    「何か」がうっすらと、目を覚ました。
    《その声は……》
     どこからか、波紋のように声が響いてくる。
    《久しぶりだな》
    《……おや……っ……お前、は……!》
     その「何か」は突然、猛る声でまくしたてた。
    《テメエぇぇ……! よくもまあ、オレに気安く声をかけられるな!?》
    《落ち着け》
    《落ち着いてられっか! テメーのせいで、オレはこの『結界』に閉じ込められたんだ!》
     時間が経つにつれ、その「何か」は闇の中から具体的な形を帯び始めた。
    《封じ返してやる……! いつかオレが、この『結界』から出たその時には……ッ!》
    《できると思うのか? 俺が施した、物理的にも魔術的にも分厚いその『システム』をお前如きが破ることなど、ましてや俺を封じるほど巨大なものを構築するなど、到底不可能だ。
     それよりも、天狐》
     やがて闇の中にうっすらと、黒い袴装束姿の、半透明の「狐」が浮かび上がった。
     しかしあからさまに、普通の、そこいらにいるような狐獣人ではない――ふかふかとした毛並みのいい狐の尻尾が、九つもあるからだ。
    《少しばかり力を返してもらうぞ。不本意だが、な》
    《何だと……?》
    《ある事情により、魔力を使い切ってしまった。自力での復活は困難だ。勿論、それなりの代償は払おう》
    《契約は公平にして対等の理なり、だな。お懐かしいことで。
     ……それで、何を払ってくれる?》
    《結界を緩めよう。肉体は動かせないままだが、こうして魂は動かせるようにした。……その結界内に限るが、な》
    《なるほど……。まあ、そりゃ、うん……》
     天狐と呼ばれた狐獣人は先程の剣幕を潜め、ニヤリと口の端を歪ませた。
    《……分かった。どれぐらいほしいんだ?》
    《そうだな……、その尻尾一房、と言うところか。それだけあれば十分だ。先に廃棄したものと併せて、それで何とか、残りの『システム』復旧の目処は立つ》
    《持ってけ》
     天狐がそう言った次の瞬間、背後の尻尾が一つ消えた。



     時間は大分さかのぼって――。

     まだ晴奈が央中を旅していた頃、518年中秋。
    「まったく、最近の若者は……! 崇高なる学術研究を何だと思っているのだろうか!」
     不法侵入により、ラーガ邸の警備員室でこってり絞られたラルフ・ホーランド名誉教授は、日が暮れる頃になってようやく釈放された。
     ラルフはブツブツと文句を吐きながら、丘を下っていく。
    「よりにもよって私を盗っ人扱いするとは! これでも知星勲章を賜った高名な学者だぞ、私は!
     しかも詰問の間ずっと、茶しか出さんとは! 年長者を敬うと言うことを知らんのか、最近の若者は!」
     散々愚痴ったところで、ようやく気が落ち着いてくる。
    「……っとと、私としたことが少々熱くなってしまった。いかんいかん、学者たる者、冷静にならねば。
     ……ふむ、この時間になるとなかなか、街の灯りが美しい」
     丘からは街全体が見渡せる。既に二つの月が空に上り、やんわりと照らしている。それに対抗するかのように、街の灯は煌々と街道を赤く染めている。
     その灯の並びはまるで――。
    「まるで、魔法陣のような……」
     ラルフはそうつぶやいて、ある仮説を閃いた。
    「……! まさか、それなのか!?」
     その閃きが正しいか証明するため、ラルフは丘を滑るように駆け下り、宿へと急いだ。

     宿へ戻るなり、ラルフは持って来た資料を片っ端から漁り始めた。
    「……ふむ、……いや、……そうか、なるほど……!
     ニコル3世は、『それ』をこの街に、あの丘の中に隠したのか! そしてあの魔法陣は、その何かを封印するための……!
     そうか……、金は既に使いきった後だったのか! 恐らくはあの丘を作る際、中の施設を造るための、莫大な造成費だろうな。であれば、逆算して……、恐らくは天帝廟や黒鳥宮以上の、壮大な神殿だろうな。
     ……ふふっ、ふふふ、これは素晴らしいっ!」
     ラルフは己の発見に感極まり、ベッドの上に立ってうなる。
    「おおおう……! これは世紀の大発見だ! これで私はあのエドムントと同じ、『知多星』と称されるかも知れん! いや、それよりももっと素晴らしいことになるだろう! 私の名が歴史に残る大チャンスだ!
     ああっ、神よ……! この私に未曾有の大発見をさせてくださったこと、感謝いたします……!」
     さらに感極まり、ラルフはベッドの上でひざまずき、祈りを捧げた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.11.20 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣目次(第8部;天国と地獄編 前編)】へ
    • 【蒼天剣・狐騒録 2】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    お金の契約でも、履行できないと危ない時は危ない。
    社会的に抹殺されたり、体で払わされたりしますからね。
    すべからく「契約」は堅い約束であり、
    決して破ってはいけないものだと思っています。

    NoTitle 

    魔術の契約はかなり深いものをかんじさせますよね。
    ・・・ということを読んでいて思います。
    お金の契約はともかく、
    それ以外だと命や生命・寿命との等価交換など深いものになってきますからね。
    魔術だと殊更そういうことを感じさせます。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣目次(第8部;天国と地獄編 前編)】へ
    • 【蒼天剣・狐騒録 2】へ