FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・狐騒録 3

     ←蒼天剣・狐騒録 2 →蒼天剣・狐騒録 4
    晴奈の話、第487話。
    金火公安チーム出動。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     ラルフの入院から以後、ミッドランドでは奇怪な現象が頻発した。

    「ねぇねぇ、次はあっちのお店見よーよぉ」
    「おう。それじゃ、……う……っ」
    「どしたの? ……ね、ねぇ? ねえってば!?」
     突然、人が倒れるのだ。場所、人種、性別を問わず、バタバタと人が倒れていく。その数は1週間で、50人にも上った。
     それも不思議なことに、数分前まで健康だった者が、急に顔を青ざめさせて倒れてしまう。倒れた者は例外なく、極度の衰弱状態で病院に運ばれた。

    「声が、声が聞こえるんだ……」
    「……きつね……」
     続いて、住民から「不気味な声がどこからか聞こえ、ラーガ邸に向かうよう指示してくる」と言う相談が多数寄せられた。
     中には精神的に参ってしまう者もおり、それも病院行きとなった。

     極めつけは――。
    「な、何だあれは!?」
    「逃げろ、逃げろーッ!」
     湖とその周辺に、神話の時代に滅びてしまったと思われていた異形の獣――モンスターが現れ、人を襲い始めたのだ。
     安全そのものだったはずの湖上の航行ルート、そして湖周辺で軒並み襲撃され、ミッドランド周辺における観光資源と貿易網は、著しく打撃を受けた。



    「……そんなワケで、ちょっと原因を調べてきてほしいんですわ」
     金火狐財団の総帥、ヘレン女史はラーガ家からの救援要請を受け、彼女直属の調査チーム、すなわちジュリアたちを派遣することにした。
    「私もその話は聞いています。今やミッドランドの経済は、壊滅的だとか」
    「そうなんですわ。このまんま放っとったら、ウチにも影響出ますからな」
     狼と狐と言う関係とは言え、ラーガ家とゴールドマン家は遠い親戚に当たり、何よりお互いに大口の取引相手でもある。水仙狼が金火狐を頼ってくるのは、当然の流れとも言える。
    「しかし調査と言っても、モンスターなんて一体何をどうすれば……」
     相変わらず頼りなさげなエランを、フォルナが後ろから小突く。
    「ここ数週間で突然、ミッドランド周辺にだけモンスターが現れたと言うのなら、ここ数週間に何らかの事件なり変化なりが、その街にあったはずですわ。
     それを突き止めれば、解決の糸口になると思いますわ」
    「ええ、その通りね。……それでは早速、調査に向かいます」

     ヘレンの指令により、ジュリアたちのチームはミッドランドへと向かった。
     途中、モンスターに襲われたりもしたものの、そこは修羅場をくぐった面々である。その都度撃退し、全員無事にミッドランドの土を踏むことができた。
    「……ひっでぇなぁ」
     昏倒騒ぎとモンスター襲来により、一大観光地・交易地であったミッドランドはすっかり静まり返り、閑散としていた。
    「ものの見事に、人っ子一人いないっスね」
    「もっとにぎわっている時に、来てみたかったわね」
     公安チームはまず、ラーガ邸を訪れることにした。
     と――。
    「……?」
     エランがきょろ、と辺りを見回した。
    「どうした?」
    「今、何か言いませんでした?」
    「いや?」
    「……気のせいかな」
     エランはもう一度辺りを見回したが、やはり何も見当たらない。
    「ボケっとすんな。置いてくぞ」
    「あ、すみません」
     既に歩き出していたバートたちに気付き、エランは慌てて駆け出した。

    「本当に、困り果ててしまいまして」
     公安チームを出迎えた水仙狼の当主、トラム・ナルキステイル・ラーガ氏は、丁寧に現在の状況を説明してくれた。どうやら彼なりに、この異変を解決しようと四苦八苦していたらしい。
    「人が倒れ始めたのは、およそ2ヶ月前です。それからいくつかの異変が起こり、皆さん逃げるように、……いえ、本当に逃げられてしまったわけですが。ともかく島民以外の方は軒並み島を離れまして、現在のところ、旅行者及び交易関係者は、入院中の者を除くと0人です。
     今のところ市街地及び住宅地、そしてこの屋敷には、元々からこの島に住んでいる者しかいません」
    「なるほど。入院中の非島民は、何名ほどですか?」
    「およそ80名近くに上っています。昏倒された方が51名と神経が衰弱された方11名、それに湖上で襲われた方が14名ですね。幸い、今のところ死者はいません」
    「ここ数ヶ月で、現在の異変に関連すると思われる変化はありましたか? 例えば、モンスターが集まってくるようなものが運び込まれたとか」
    「いえ……。交易品と旅行者の持ち物は原則、島に入った時点で登記・管理していますが、それらしいものは、特には」
    「ふむ……」
     ジュリアとトラムが原因を突き止めようと相談している間、エランは窓の方にずっと目をやっていた。
    (何かございますの?)
    (あ、いえ)
    (それなら、ちゃんと話をお聞きなさい)
     フォルナにたしなめられ、エランはジュリアたちの方に視線を戻した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・狐騒録 2】へ
    • 【蒼天剣・狐騒録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    陰陽師のみならず、異変を調査し、化け物や妖を調伏してくれる人が求められるでしょうね。

    NoTitle 

    ここまでくるとそれこそ陰陽師の出番になってきますね。
    なんだか、陰陽師の価値が分かってきそうな回ですね。
    魔法の概念があれば余計に。
    まあ、今回は違いますが。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・狐騒録 2】へ
    • 【蒼天剣・狐騒録 4】へ