FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・騒心録 3

     ←蒼天剣・騒心録 2 →蒼天剣・騒心録 4
    晴奈の話、第493話。
    友人の変貌。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「……気が付かれました?」
     目を開けると、シルビアの心配そうな顔がそこにあった。
    「え……?」
     晴奈は上体を起こし、きょとんとする。
    「あの、先程倒れられて……」
    「倒れた? 私が? ……ああ、そうか」
     晴奈はようやく、自分が乳児室で気を失ったことを思い出した。
    「大丈夫ですか?」
    「ああ……。このところあちこちを飛び回っていたせいで、疲れていたのかも知れぬ」
    「今日は、こちらで休んでいかれた方がいいのでは?」
    「いや、宿があるので」
    「そう思って、さっきフォルナさんが来た時」
     アズサが、水を差し出しながら伝えた。
    「『セイナさん、こっちでぐっすり眠っちゃったから、こっちに泊まらせておくね』って言っといたわ。心配させてもなんだし」
    「……そうか。かたじけない。では、お言葉に甘えて」
     晴奈は頭をかきながら、ぺこりと頭を下げた。

     と、そこへ明るい声が飛び込んできた。
    「あーっ!」
    「な、何だ?」
     驚く晴奈の視界に、派手な色をした頭髪と虎耳が映る。
    「姉やん! こっち戻ってきてたん!?」
     続いて、その派手な虎獣人が飛び込んできた。
    「う、っく」
     半ばタックルと言ってもいいその抱擁に、晴奈は目を白黒させる。
    「お、おい。落ち着け、シリン」
     虎獣人――シリンは、戸惑う晴奈に構わず頬を擦り付ける。
    「おかえり、姉やんっ!」
    「ああ、分かった、分かったから離せ」
    「あ、ごめーん」
     ようやく、シリンは体を離す。
    「どないしたん、教会で横になって。……まさか、死ぬん?」
    「阿呆」
     晴奈は苦笑しつつ、シリンの額をぺちりと叩く。
    「旅の疲れが出ただけだ。……それよりもシリン」
     晴奈は、シリンの体に視線を落とした。
    「どないしたん、はこっちの台詞だ。お主もなかなか、よく驚かせてくれるな」
    「……えっへへー」
     シリンの腹は、ぽっこりと膨らんでいた。
    「相手は、フェリオか?」
    「うん」
    「いつ頃生まれる?」
    「んー。……んー?」
     シリンは腹に手を当て、考え込む。どうやら忘れているらしく、アズサがやれやれといった表情で助け舟を出した。
    「今7ヶ月だから、来年頭くらい。1月半ばには」
    「そうか。幸せなようで何よりだ」
    「うん。……まあ、ちょっと残念なんは」
     シリンははにかみ、肩をすくめた。
    「今年のエリザリーグ、どっちも出られへんかったってコトやな。上半期のんは悪阻ひどーて、下半期もこのお腹やもん」
    「それは仕方あるまい。……ふふっ」
     晴奈は優しく、シリンの腹を撫でた。
    「お前が母になるのか。……想像できぬな」
    「ぷ」「クスっ」
     晴奈の言葉に、周りの子供たちも、シルビアも笑った。

     聞くところによると、シリンはゴールドコーストに戻ってから、フェリオのために花嫁修業をしていたらしい。
     紅虎亭で働きながら料理を学び、教会にも顔を出して家事を学び、手伝っているうちにフェリオとの子供ができ、そのまま結婚。今は幸せに暮らしていると言う。
    「生まれたら、またトレーニングせなな。体、ちょっとなまってきよるし」
    「無理するなよ」
    「あいあい」
     その晩、晴奈とシリンは教会の台所に立ち、シルビアと子供たちと一緒に夕食の準備をしていた。
    「そうよ、シリン。立ちっぱなしも体に悪いし、休んでいた方がいいわ」
    「いや、こんくらい平気やって」
    「ダメよ、意地張らないの。『先輩』の言うことは聞いておきなさい」
    「……えへへ、うん」
     一年先に母親になっているシルビアに諭され、シリンは素直に椅子へ向かった。
     晴奈とシルビアは台所に向いたまま、会話を続ける。
    「それにしても――いずれこうなるとは予想してはいたが――シリンがもう、母親になるとは」
    「いいお母さんになれそうですよ。子供たちも、よくなついてるし」
    「そうだな」
     二人の背後からは、シリンと子供たちの楽しそうな声が聞こえてくる。
    「セイナさんは、まだ結婚しないの?」
    「結婚、か。……考えもしていないな。相手もいないし」
    「あら、そうなんですか。今、おいくつでしたっけ」
    「27になる」
    「もう、そんなにですか。……そうね、ロウと1歳違いでしたものね」
    「ああ……」
     話しながら、晴奈は内心首をかしげていた。
    (何故こうも、恋愛話だの結婚話だのが最近、私の周りで沸くようになったのだ?)
     鍋をにらみつつ、晴奈は考え込む。
    (それに、あの夢。
     私に子供? 考えられぬ。……いや、あの夢の中では私は、十年以上も歳をとっていた。となると30歳後半か、40くらいか。いてもおかしくないとは、言えぬこともない。が、そうなると当然、こう疑問が沸く。
     相手は――あの子供の父親は、誰なのだ? 私の夫となる者とは一体、どこの何者なのだろうか。……まあ、もしかしたらあの子は、養子か何かかも知れぬが)
    「……セイナさーん」
     シルビアが心配そうな声をかけながら、トントンと肩を叩いてきた。
    「お鍋、もういいんじゃないかしら」
    「あ」
     晴奈は慌てて、吹きこぼれる寸前の鍋を上げた。

     夜。
     シリンが家に帰り、子供たちとシルビアが寝静まった頃、晴奈はぽつりとつぶやいた。
    「白猫、今日は来ないのか?」
     問いかけたが、答えは返ってこない。
    (来そうな、気がしたのだが)
     心の中で念じてみても、現れる気配はない。
    (来そうな、と言うよりも)
     もう一度、「白猫」と小さく呼びかけたが、返事はなかった。
    (来てほしいのかも知れぬ。こんなに、心がざわめく夜は)
     結局その夜、白猫は晴奈の夢に現れなかった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・騒心録 2】へ
    • 【蒼天剣・騒心録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    自分も一時期は、高校や大学の同級生たちが結婚したと言う話を続々聞いていたものですが、最近は静かなものです。

    残念ながら自分には、恐らく結婚の機会は無いと思います。
    自分が結婚なるものに、何ら希望を抱いていないので。

    NoTitle 

    ま、30歳ちかくなると周りは結婚の話が多くなりますからね。
    私も周りの結婚のピークは去っていきましたが。
    結婚の時期は人それぞれですからね。
    私はまだ先でしょうが。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・騒心録 2】へ
    • 【蒼天剣・騒心録 4】へ