FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・狐狩録 3

     ←蒼天剣・狐狩録 2 →蒼天剣・狐狩録 4
    晴奈の話、第500話。
    無限ループの網。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     他の3組がモンスターと遭遇していた一方で、晴奈とトマスは依然、それらに出会っていなかった。
    「静か、……だね」
    「ああ」
     晴奈たちの足音と声の他には、何の音も聞こえてこない。
    「みんな、大丈夫かな」
    「分からぬ」
    「一体テンコって、何者なんだろうね」
    「さあな」
     その話し声も、ほぼ一方通行――トマスが問い、晴奈が短く答えるばかりで、弾む様子はまったく無い。
    「それにしても、真っ暗……」「トマス」
     いい加減うんざりし、晴奈が止める。
    「少し黙っていろ」
    「あ、うん。ゴメン」
     二人はそこで立ち止まり、周囲に静寂が訪れた。
     静かになったところで、晴奈はふと、あることに気付く。
    「トマス、地図は持っているか?」
    「地図? えっと……、はい」
     地図を広げ、晴奈は首をかしげた。
    「……ここが、入口だったな。……そこから、私たちはまっすぐ、3分か4分ほど進んでいる」
    「実際は、もっと短いかも知れないよ。暗闇の中では、緊張のせいで普段より早く時間を計測しやすい」
    「そうか。……それを念頭に入れても、この曲がりくねった神殿の通路をずっと、『まっすぐ』歩いていられるのは……」
    「……そう考えると、確かに妙だね」
    「私たちも、どこかに飛ばされているのかも知れぬな」
     そう言って晴奈は地図をたたみ、もう一度トマスの手を握った。
    「えっ」
    「何だ?」
    「あ、何でも」
     モジモジするトマスを見て、晴奈は軽く呆れた。
    「あのな、トマス。もし私から離されたら、お主はどうやって自分の身を守る?」
    「それは……」
    「もう一度言うが、私の側から離れるなよ」
    「……う、うん」
     晴奈の一言にトマスは顔を真っ赤にしたが、晴奈はそれに構わず、歩を進めた。



     分断されてからしばらく経ち、晴奈以外の組も、神殿の構造と自分たちの進むルートとに明らかなズレ、差異があることに気付いていた。
    「おかしいなぁ」
     地図を眺めていたネロが、短くうなった。
    「どうした?」
    「最低限迷わないよう、僕らは壁に沿って進んでいた。10分もすれば、この辺りの階段に到着するはずなんだけど……」
     ネロが指し示した地図を見て、フェリオも首をかしげた。
    「……この部屋辺りから出発、したつもりっスよね」
    「うん。最初に2、3曲がった角から、この辺りから出発したと見当を付けたんだけど、……いや、そもそも今まで通ったルートを省みると、どう考えてもこの地図と合わないんだ。あちこちでちょくちょく、飛ばされているのかも知れない」
    「となると、壁に沿って歩く方法は無意味じゃな」
    「そうなるね」
     ネロとジーナは身を寄せ合って相談している。
     それを眺めていたフェリオはふと思いたち、こんな質問をしてみた。
    「お二人って」
    「次の案としては、自分たちでマッピングしつつ柱や壁に印を……、ん、何かな?」
    「付き合い、長いんスか?」
    「うん、出会ってから、……そうだな、5年くらいは経つんじゃないかな」
    「そうじゃな」
     それを聞いて、フェリオはニヤッと笑う。
    「じゃあ、結婚とかはされないんスか?」
    「なっ、なにを」
     慌てるジーナに対し、ネロは平然と返す。
    「ああ、付き合いって言っても、仕事上でだよ。恋愛関係のそれじゃない」
    「あ、そうなんスか。失礼しました」
     フェリオは早合点したと思い、ぺこりと頭を下げた。
     が――。
    「……」
     ジーナがネロの背後でむくれていることに気付き、フェリオは取り繕おうとする。
    「え、あー、と、……あのー」「そう言えば」
     しかしネロは、まったく気付いていないらしい。
    「指輪してるってことはフェリオさん、既婚者かな」
    「え、ええ、へへ、そうなんスよ。今年の初めに」
    「じゃ、新婚なんだね」
    「ええ、まあ、……ええ」
     ネロはにっこり笑っており、背後でにらむジーナには依然、気付く素振りは無い。
    (な、何なんだよネロさん? こんだけ鋭いのに、ジーナさんのコト、全然気付いてないのか?
     うう……。この人マジで気付いてねーのか、気付いてねー振りして焦らしてんのか、さっぱり分かんねえ。言うに言えねぇよ……)
     もやもやとした思いを胸中に漂わせつつも、結局、フェリオは何も言えなかった。

    「おかしいねぇ」
     エルスたちの組も、地図を眺めて首をかしげていた。
    「一向に、階段が見つからない。と言うか、同じ所ばかり歩かされてるみたいだ」
    「え?」
     そう言われて、明奈とフォルナは辺りを見回す。
    「さっきトゲ虎を倒した時に、その血をちょっと拝借したんだ。それでそっと、印を付けてたんだけどね」
     エルスは近くにあった柱に近寄り、根元を足で示す。
    「さっき、柱の一つに印を付けてみたんだけど……」
     そこで言葉を切り、エルスはしゃがみ込む。
    「ほら、ここ。拭いた跡があるけど、まだほんの少し残ってる」
    「え……」
     明奈とフォルナも、その柱に近寄って確認する。
    「……確かに、赤い筋がうっすら残ってますね」
    「と言うことはエルスさん、わたくしたちは同じ所をずっと歩かされていたと、そう言うことですの?」
    「そうなるね。……しかも、拭いたってことは」
     そこでまた、エルスが言葉を切る。
    「誰かが、わたくしたちの」
    「すぐ、側にいると?」
    「……そうなる」
     エルスは腰に提げていた旋棍を取り出し、構えた。
    「教えてもらってもいいかな、テンコさん。何で、僕たちを分断したの?」
     虚空に投げかけられたはずのその言葉に、何者かが応えた。
    「簡単なこった。小分けにした方が、喰いやすいからさ」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ついに500話。
    一日辺り、1600~2400字程度で進めているので、
    単純計算で100万文字書いてきたことになります。
    wordファイルにして、およそ8MB。
    未掲載分やスピンオフを合わせると130万文字、10MBを超えます。
    数字にすると、とんでもないことをしている気がしてきますね。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.11.20 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・狐狩録 2】へ
    • 【蒼天剣・狐狩録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    後の物語で結構、死亡フラグが回収されてしまうこともありますが、
    少なくともこのご夫婦に湿っぽい話は似合わない。
    この2人は不幸なことにはならない、と断言します。

    NoTitle 

    新婚で戦闘に参加するのは死亡フラグが多いですが。。
    まあ、黄輪様の作品はそういうのは少ないですからね。
    その辺は安心して見れますね。
    ・・・と言ってもどうなるかは読んでからのお楽しみですが。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・狐狩録 2】へ
    • 【蒼天剣・狐狩録 4】へ