FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・狐狩録 4

     ←蒼天剣・狐狩録 3 →蒼天剣・狐狩録 5
    晴奈の話、第501話。
    克の名を持つ狐。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「あれ?」
     他の3組と同じく、同じ所をグルグルと回らされていた小鈴たちは、周囲の景色の変化に気が付いた。
    「ここ……、新しい道ね?」
    「そう、だな。散々付けたマークが、無くなった」
     ジュリアの問いかけにうなずきながら、バートが柱を調べる。
    「……間違いない。ループを抜けたぜ」
    「何なのかしらね」
     小鈴は柱を「鈴林」でつつきながら、口をとがらせている。
    「散々ぐるぐる回らせといて、いきなり?」
    「不可解ね、本当に」
     十数歩歩くごとに周囲に印を付けていくが、依然ワープさせられる気配は無い。
    「もしかしてさ……」
     ふと、バートがこんなことを言った。
    「敵さんのテンコだか何だかが、他の飛ばされた奴らと戦ってるとか」
    「ソレとコレが、どー関係すんの?」
    「戦ってる最中で、俺たちに構ってらんない、……てのはどーよ」
    「ないわー」
     小鈴がプルプルと首を振り、否定する。
    「いくら何でも、ソコまでヒマ人じゃないでしょ。飛ばしたあたしらとか他のみんなの後、一々つけてたりすんの?」
    「そーだよなー……」
     と、次に印を付けようとした柱を見て、三人はがっかりした。
    「印が付いてるわね」
    「……まーた、ループかよ」



    「はっ……、はっ……」
     エルスが左肩を押さえ、息を荒くしている。
    「なかなか……、手強いなぁ……」
     押さえている左肩からは、ボタボタと血がこぼれていた。
    「やっぱり見込んだ通りだな、ケケ……。そーとー魔力が強いな、お前は」
     エルスから少し離れた場所に立っている、フサフサとした尻尾を九つ生やした異形の狐獣人は、見下したようにニヤニヤと笑っている。
    「……それに、しても」
     ようやく息が整ってきたエルスが、不敵に笑う。
    「まさかこんな可愛い女の子とは、思ってもみなかった。こんな、湖の底に封じられているような、ものが」
     可愛いと言われ、その狐獣人は元から吊り上がった目を、さらに尖らせる。
    「あ……? オレを何だと思ってやがる!?」
     狐獣人は声を荒げ、右手を挙げる。
    「この克天狐サマを……」
     挙げた右手から、バチバチと紫に光る電撃がほとばしった。
    「なめてんじゃねーぞッ! 『スパークウィップ』!」
     狐獣人――天狐の右手から放たれた幾筋もの電撃が、エルスを狙って飛んでいく。
    「……っ」
     エルスは持っていた旋棍を、その電撃に向かって投げつける。金属製の旋棍に引っ張られる形で電撃が軌道を曲げ、エルスから逸れた。
    「お……っ?」
     それを見た天狐が、驚いたような声を上げる。
    「このままやられるわけには、行かないからね」
     エルスは天狐の前から姿を消した。
     いや、厳密に言えば、まだエルスはその場にいる。天狐の視界に入らないよう、彼女の視線を読んで移動しているのだ。
    (雰囲気はどことなく幽霊みたいな感じだけど、多分攻撃は通る。物理的な存在じゃなきゃ、柱のマークをわざわざ『拭く』なんて行為はしないし、できない。足音も聞こえてたし。
     虚を突いて、通打かなんかの急所攻撃が最善かな)
     エルスの動きは傍で見守っていたフォルナにも、明奈にも捉えられない。
    「エルスさん、一体どちらへ……?」
     天狐もきょろきょろと、周囲に鋭い目を向けている。
    「あのテンコと言う子も、見失っているのかしら……」
     と、天狐は動きを止め、やや前屈みになって立ち止まる。前傾姿勢になったことで、天狐の九つある尻尾が一斉に上を向いた。
    「ケ、ケケッ。かくれんぼでもするつもりか? オレの目をごまかそうなんて甘ぇぜ、銀髪野郎ッ」
     呪文を唱えた途端、天狐の尻尾は一房残らずにピンと毛羽立ち、赤い瞳がギラリと輝いた。
    「『ナインアイドチャーミング』、……そこかッ!」
     天狐はぐるりと振り向き、電撃を放った。
    「ぐあ……ッ」
     いつの間にかそこに立っていたエルスに、図太い稲妻が直撃した。

     ブスブスと煙を上げて倒れ伏すエルスに、天狐がニヤニヤしながら近付いてきた。
    「ケケケ……。逃がしゃしねーぜ? お前はこのオレの、獲物なんだからな」
    「……カツミ・テンコ、……だっけ」
     うつ伏せになったまま、エルスは力無く尋ねた。
    「カツミ姓って、ことは……、君は、タイカ・カツミと、何か関係が……?」
    「大火あああぁ?」
     その名を聞いて、天狐はまた目を吊り上がらせた。
    「聞きたくもねぇ……! オレの前で、その名を口にすんじゃねえぇぇッ!」
     天狐は鬼のような形相で、エルスを踏みつけた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2016.11.20 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・狐狩録 3】へ
    • 【蒼天剣・狐狩録 5】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    「克」と言うのは普通の苗字ではなく、「魔術師一派の『号』」です。
    落語で言う、「桂」とか「笑福亭」と言った亭号みたいなもの。
    克天狐も「『克一門』の一員である天狐」です。

    NoTitle 

    。。。ん。
    タイカ様に血縁者がいるのですかね。
    それはそれで驚きですが。
    あまりそういう臭いを感じさせないキャラクターでしたからね。
    タイカ様は悪役だけど、
    そういう雰囲気がないのが好きでしたが。
    まあ、私のところの魔王が節操なしすぎるのか。。。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・狐狩録 3】へ
    • 【蒼天剣・狐狩録 5】へ