FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第8部

    蒼天剣・狐狩録 6

     ←蒼天剣・狐狩録 5 →クルマのドット絵 その29
    晴奈の話、第503話。
    「鈴林」の存在理由。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「まーた、かよ」
     バートが苦虫を噛み潰したような顔で、柱を蹴る。
    「ループしたりしなかったり、おちょくってんのかっつーの」
    「ホントねぇ」
     小鈴も「鈴林」で、印のついた柱を小突こうと右手を挙げた。
     が――右手に重量が感じられない。
    「……あれ?」
     見てみると、さっきまで握っていたはずの「鈴林」が、どこにもない。
    「……え、あれ? 『鈴林』、ドコやっちゃった?」
    「え?」
    「持ってたじゃねーか、さっきまで」
    「そ、そうなんだけどさ、いつの間にか無くなったって言うか、……ドコ?」
     家宝の魔杖が手元から消え、小鈴は狼狽している。
     と――シャラ、と鈴の音が鳴る。小鈴は音のした方を振り返った。
    「……レイリン、なの?」
    「そっ」
     そこには、かつてクラフトランドでアランと戦った際、瀕死の小鈴たちを助けてくれた「杖の精」、レイリンがいた。
    「小鈴、ホントにアタシのコト、大事に思ってくれてるんだねっ。……嬉しいよっ」
    「そ、そりゃ、まあ。いつも助けてくれるし。……でも何で、突然その姿に?」
     レイリンはどこか寂しそうな笑顔で、小鈴に笑いかけた。
    「小鈴、よく聞いてねっ。アタシの出自と、これからのコト」
    「へ……?」

    「う……く……」
     弾き飛ばされたジーナは倒れたまま、動かない。残ったネロとフェリオは、緊張した面持ちで天狐と対峙していた。
    「さて、と。大人しくしてくれるよな、お前らは。一々全員を相手すんのも、めんどくせーし」
    「……だ、誰がッ!」
     フェリオは散弾銃を構え、立て続けに撃ち込んだ。
    「ヘッ、大人しくしてりゃいいものを」
     天狐は左手をひょい、とかざし、魔術で壁を作る。その半透明の壁に阻まれ、散弾は一つも天狐を傷つけることができなかった。
    「く、……くそッ!」
     フェリオは諦めず、弾を再装填してもう一度、撃ち尽くす。だがこれも、天狐の壁を崩すことはできなかった。
    「無駄、無駄ぁ……! いい加減、諦めろッ!」
     天狐は壁を解き、右手を挙げて電撃を放った。
    「……ッ!」
     フェリオは立ちすくみ、迫り来る電撃を見ているしかなかった。
    「『マジックシールド』!」
     だが、フェリオに直撃するその直前、先程まで天狐が使っていたのと同様の半透明の壁が、フェリオの前に現れた。
    「あ……?」
     突然の妨害に、天狐は舌打ちした。
    「チッ……、しぶといな」
     フェリオを守ったのは、倒れたままのジーナだった。いや、ネロに抱きかかえられる形で、上半身を起こしている。
    「負けやせんぞ……、これしきのことで……」
    「言うじゃねーか、猫女。だったら……」
     天狐は両手をジーナに向け、呪文を唱える。
    「コレを喰らって、まだそんな減らず口が利けるかッ!? 『ナインヘッダーサーペント』!」
     天狐の尻尾が、一斉に毛羽立つ。それと同時に、紫色に輝く九つの稲妻が、ジーナとネロに向かって放たれた。
    「耐え切れ……っ、『マジックシールド』!」
     ジーナはあらん限りの魔力を振り絞り、壁を作った。

    「出自、……って」
     そう言ってみて、小鈴はレイリンの素性をまったく知らないことに気が付いた。
    「小鈴はアタシの――『橘果杖 鈴林』のコト、どのくらい知ってる?」
    「えー、と……、あたしのひいばーちゃんが克に貢献して、その見返りにアンタをもらったってコトくらい、かな」
    「じゃ、聞くけどっ。お師匠の克大火が、何でアタシを杖に込めたと思う?」
    「へ?」
     思ってもいなかったことを聞かれ、小鈴はきょとんとした。
    「あたしが聞いたのは……、いつの間にかアンタが、入ってたって」
    「小鈴、アンタが思ってるより、お師匠は思慮深いよっ。何の考えも無しにアタシを込めたりしないし、ましてや気が付いたら入ってたなんてコトもありえない。
     こーゆー事態のために、アタシは世界中を回って知識と魔力を貯めてたんだよっ。情報屋一家の橘家なら、世界中を旅する人もいるしねっ」
    「こーゆー、事態? モンスターが大量発生した時のために、ってコト?」
    「違う違う、そうじゃないのっ。
     ……お師匠はね、あんまり弟子に恵まれない人だったの。アタシの前に、七人の弟子がいたんだけど、そのほとんどに死なれたり、裏切られたりしてたの。中には、お師匠の命を狙ってくるヤツもいたしっ。
     そのうちの一人が、七番弟子の克天狐。お師匠の持つ魔術の奥義や秘伝を根こそぎ奪おうと、三日三晩に渡ってお師匠と戦った。でもお師匠も、天狐も、そうそう簡単に死ぬ体じゃない。どれだけ傷つけても、お互い死ぬコトは無かった。
     だから結局、ギリギリで勝ったお師匠は、湖の底に天狐を沈め、封印したのよっ。でも、その封印だって永久的なものじゃないし、封印したお師匠本人にトラブルがあれば、解けてしまう可能性も少なくない。
     そして今、お師匠はいない。……ココまで聞いたら、ピンと来たでしょっ?」
    「つまり……、アンタの存在理由は、復活した裏切り者の弟子を?」
    「そっ。……アタシが、封じなきゃならないの。本当なら、もっとずっと後の話になるかも知れなかったけどねっ」
     レイリンはそう言って、ため息をついた。
    「……正直な話、まだ足りない。知識も、魔力も。とてもじゃないけど、封印できそうにない。せめて後100年は、世界を回らなきゃ……」
     そこで、レイリンは言葉を切った。
    「……でも、やらなきゃ。それが、アタシの存在理由だもん」

    「……い、おい?」
    「……!」
     バートに肩を叩かれ、小鈴は我に返った。
    「杖、すぐそこに落ちてたぜ」
    「え? ……あ」
     バートから杖を受け取りながら、小鈴はきょろきょろと辺りを見回した。しかし、どこにもレイリンの姿は無かった。

    蒼天剣・狐狩録 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・狐狩録 5】へ
    • 【クルマのドット絵 その29】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    おほめいただき、嬉しい限りです(*´∀`)
    まだまだ続きますよ。

    NoTitle 

    ポールさんのコメントではないですが。
    私も文字数にすると少ないですからねえ。
    黄輪さんの小説は文字数が多くて背景が浮かびやすいですから、膨大な文字数になりますよね。
    未だに書き続けているからすごいと思います。

    NoTitle 

    以前、試しに「蒼天剣」全話を印刷してみたら、A4用リングファイル7冊分になりました。
    改めて膨大な量だな、とびっくりした記憶があります。

    NoTitle 

    一回ごとの更新、わたしが普通に書いて900~1500字くらいですから、黄輪さん、わたしの倍書いてるんですね。

    それで数百話を。

    頭が下がります。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・狐狩録 5】へ
    • 【クルマのドット絵 その29】へ